徳島県の地鶏「阿波尾鶏」に舌鼓!道の駅「貞光ゆうゆう館」

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

徳島県の地鶏「阿波尾鶏」に舌鼓!道の駅「貞光ゆうゆう館」

徳島県の地鶏「阿波尾鶏」に舌鼓!道の駅「貞光ゆうゆう館」

更新日:2014/12/26 09:47

白うさぎのプロフィール写真 白うさぎ にし阿波ブロガー

徳島県つるぎ町の国道192号沿いにある、道の駅「貞光ゆうゆう館」。日本百名山の一つ「剣山」登山の入り口にもあたり、ドライブの休憩所として多くの方が利用しています。
「貞光ゆうゆう館」には、レストランや産直市があって、地元の食を楽しむことができます。お勧めの地鶏「阿波尾鶏」を使ったメニューをはじめ、施設の魅力を紹介します。

道の駅「貞光ゆうゆう館」で休憩

道の駅「貞光ゆうゆう館」で休憩

写真:白うさぎ

地図を見る

国道192号沿いにある道の駅「貞光ゆうゆう館」は、大きな展望塔が目印です。この塔の上に上がると、標高1955m、西日本で2番目に高い山「剣山」を望むことができます。
施設の中には、案内所の他レストランや産直市があって、休憩以外にも、地元の人が買い物や食事にも訪れ、いつも賑わっています。会議や宴会のできる部屋もあります。
また、展示スペースでは、絵や写真等の展覧会がよく開催されています。立ち寄る度に新たな発見がある場所です。

レストランで地鶏「阿波尾鶏」を食べる

レストランで地鶏「阿波尾鶏」を食べる

写真:白うさぎ

地図を見る

レストランで一番のお勧めが、徳島県の地鶏「阿波尾鶏」を使ったメニューです。徳島県の特産品「阿波尾鶏」は、ゆったりした環境で長い期間をかけて育てられ、適度な歯ごたえと旨味の多い肉質の、とっても美味しい鶏です。
写真は阿波尾鶏鉄板焼きセット。ジュウジュウと鉄板の上で音を立ている熱々の肉をいただきます。絶品ですね。
この他、地域の特産「半田そうめん」のメニューや、ここで作っている豆腐など、地元の食を楽しめます。

「貞光ゆうゆう館」前の河川敷グランドで「花垣」を楽しむ

「貞光ゆうゆう館」前の河川敷グランドで「花垣」を楽しむ

写真:白うさぎ

地図を見る

「貞光ゆうゆう館」の北側には、雄大な吉野川が流れます。河川敷には広い芝生敷きのパークゴルフ場や運動場が整備されています。
パークゴルフ場は誰でも無料、さらにレンタルのクラブやボールまで無料で利用できます。是非プレーしてみてください。
冬の時期には、パークゴルフ場沿いに、長い山茶花の花垣が見られます。花に沿って散歩を楽しむ人をよく見かけます。

夜にはLEDのイルミネーションが輝く

夜にはLEDのイルミネーションが輝く

写真:白うさぎ

「貞光ゆうゆう館」前には、桜の植えられた桜づつみ公園があります。
桜の木にLEDが付けられ、夜になると、桜の木の形にLEDが輝きます。
夜はレストランや物産館は閉まっていますが、LEDを眺めながらの休憩は疲れもとれます。

物産館で新鮮野菜や地元のお土産を購入

物産館で新鮮野菜や地元のお土産を購入

写真:白うさぎ

地図を見る

「貞光ゆうゆう館」の物産館には、産直市があって新鮮な野菜が並んでいます。地元の方も買い物に来る人気スポットで、午後遅くにはほとんど無くなっていることもあります。
また、太くてこしが強いことで知られる「半田そうめん」や、干し柿、柿酢などの特産品や、地酒やお菓子など地域ならではの品々が並んでいます。
自家製の豆腐が好評で、そのおからを使ったドーナツは人気商品ですぐ無くなります。見かけたときは是非購入してみてください。

おわりに

道の駅「貞光ゆうゆう館」は、ドライブの休憩としてだけでなく、地元の人たちの買い物や食事の場所としても人気の場所です。
地元で人気の、本当の地域のならではの食やお土産の数々が手に入ります。
また、県西部の観光情報も充実しています。
近くを訪れた際には、是非とも訪れてみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/01−2014/12/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ