空港から10分!インドネシアの世界遺産「プランバナン寺院群」

| インドネシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

空港から10分!インドネシアの世界遺産「プランバナン寺院群」

空港から10分!インドネシアの世界遺産「プランバナン寺院群」

更新日:2014/12/24 10:01

遠藤 まさみのプロフィール写真 遠藤 まさみ 世界遺産探検家、ホテルマニア、クラフトビア愛好家

インドネシアのジャワ島中部、ジョグジャカルタに位置する世界遺産「プランバナン寺院群」は、ジョグジャカルタ空港と鉄道駅から出発する市内バスのトランスジョグジャで、約10分という好立地にあります。

バリ島で今も息づくヒンドゥー教に見られるように「プランバナン寺院群」もまた、アジア大陸とは異なる独特の雰囲気を持っています。平原にそびえ立つ美しきヒンドゥー寺院「プランバナン寺院群」を訪ねましょう。

ヒンドゥー・ジャワ建築の最高傑作「プランバナン寺院」

ヒンドゥー・ジャワ建築の最高傑作「プランバナン寺院」

提供元:遠藤隆尚

地図を見る

世界遺産「プランバナン寺院群」は、プランバナン歴史公園内に建つプランバナン寺院(Candi Prambanan)と、セウ寺院(Candi Sewu)、そして歴史公園近郊にあるカラサン寺院(Candi Kalasan)、サンビサリ寺院(Candi Sambisari)、プラオサン・ロウ寺院(Candi Plaosan Lor)など、合わせて240の仏教寺院・ヒンドゥー教寺院からなる複合体です。その中でも特に美しく代表的な「プランバナン寺院」と「セウ寺院」をご紹介します。

9世紀のマタラム王国時代に建立されたプランバナン寺院は、中央にそびえる高さ47メートルの尖塔(せんとう・中央が先細る上部構造)を持つ「シバ聖堂」と、その左右にブラフマー神とヴィシュヌ神を祭った、高さ23メートルの堂が特徴的です。インドより仏教・ヒンドゥー教がジャワ島へ伝えられると、古くから伝わる文化や芸術と融合していきました。特にその建築様式は「ヒンドゥー・ジャワ建築」と呼ばれ、アジア大陸とはまた違った装丁を魅せてくれます。内にはシバ神の像や、彼の乗り物であるナンディンと呼ばれる牛などが安置されています。

■ジョグジャカルタ市内より
バス:市内バス・トランスジョグジャのNo.1Aに乗り、プランバナン下車。バス停から「プランバナン歴史公園」まで徒歩約15分。

シバ聖堂の躍動感のあるレリーフに注目

シバ聖堂の躍動感のあるレリーフに注目

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

寺院や欄干部分には隙間なく彫刻が施されており、数多くの彫刻が今でも鮮明に残されています。特にシバ聖堂外側の回廊には、ラーマ王と彼の妻シーターの物語を伝える古代インド叙情詩「ラーマーヤナ」を描写した62のレリーフがあります。

これらのレリーフは、石に彫刻したとは思えないほど柔らかな表情で躍動感があり、今に残るヒンドゥー教遺跡のなかでも傑作といえるでしょう。

自転車をレンタルして効率よく見学しよう

自転車をレンタルして効率よく見学しよう

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

プランバナン寺院を見学した後は自転車をレンタルし、残る3つの寺院と博物館を回ってみましょう。猛暑の中、自転車で風を切って走ればいくぶんか暑さも和らぎます。

特に一番遠い位置にある「セウ寺院」は、規模が大きく見応えのある有名な仏教寺院ですので、忘れずに見学しましょう。

数々の仏像が安置されている博物館はお見逃しなく

数々の仏像が安置されている博物館はお見逃しなく

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

自転車のレンタル施設と公園内を回る巡回電動バスのバス停そばに、博物館があります。博物館には、プランバナン寺院群で発掘された出土品やヒンドゥー教にまつわる数々の神像が安置され、私たちの目を楽しませてくれます。

休憩できる椅子や飲物なども販売されているので、観光で疲れた体を休めるのにも最適です。博物館は無料なので、ぜひ抑えておきましょう。

仏教寺院「セウ寺院」の見事な正十字にインドが見える

仏教寺院「セウ寺院」の見事な正十字にインドが見える

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

セウ寺院は、プランバナン寺院から1キロメートルほど離れた位置にあります。プランバナン歴史公園では唯一となる仏教寺院で、インドネシアではボロブドゥール寺院に次いで2番目に大きい仏教寺院でもあります。セウ寺院は、ジャワ語で「1,000の寺院」を意味します。現在確認されているのは253の建造物のみですが、一説にはプランバナン寺院にまつわるロロ・ジョングランの伝説がこの名の由来といわれています。

セウ寺院は上から見ると正十字の形をしており、これは東南アジアでは非常に珍しく、遠くインドやバングラデシュでよく見られる様式です。インドの巡礼者が、仏教やヒンドゥー教をインドネシアのジャワ島に伝えたといわれていますが、正に文化が渡ってきた道のりをこの遺跡からうかがい知れます。

■ロロ・ジョングランの伝説
マタラム王国の姫ロロ・ジョングランとの結婚を望んだバンドン王子ですが、彼に父である王を殺害されたロロ・ジョングランは結婚を拒否します。しかし、バンドン王子は諦めず懇願したため「1晩で1,000の寺院を建立できたら結婚する」という条件を出しました。バンドン王子は精霊を集め、夜明け前には999の寺院を完成させます。これを見たロロ・ジョングランは、すべての召し使いに火を放つように命じます。火はやがて大火となり、これを夜明けと勘違いしたニワトリが一斉に鳴き始め、精霊はその鳴き声を聞いて帰ってしまいます。最後の寺院が未完成のままとなり、結婚がかなわないと知ったバンドン王子は、ロロ・ジョングランを石に変えてしまいます。

また、プランバナン寺院は別名を「ロロ・ジョングラン」と呼ばれています。もしかしたら、石に変えられた姫が、ブランパナン寺院のどこかに眠っているのかもしれませんね。

世界遺産が3つもあるジョグジャカルタ。効率よく回ろう

いかがでしょうか。
世界遺産「プランバナン寺院群」の主要な寺院を見るとなると、1日では難しいかもしれません。ジョグジャカルタ周辺の世界遺産は、このほかに「ボロブドゥールの仏教寺院群」、ジャワ原人の化石が発掘された「サンギラン初期人類遺跡」があります。

「プランバナン寺院群」をじっくり見て回るもよし、ポイントを押さえてジョグジャカルタから行ける3つの世界遺産を見て回るもよし、中部ジャワの世界遺産の旅を満喫してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -