まるで絵本の世界!ポーランド・ワルシャワの魅力とは?

| ポーランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるで絵本の世界!ポーランド・ワルシャワの魅力とは?

まるで絵本の世界!ポーランド・ワルシャワの魅力とは?

更新日:2014/12/23 15:28

南 ちあきのプロフィール写真 南 ちあき トラベルライター

ヨーロッパのほぼ中央に位置するポーランド。その首都ワルシャワは、まるで絵本の中のような色とりどりの可愛い建物がたくさん見られる「世界遺産」の街です。

しかしその美しい街並みも戦時中はすべて破壊され、その後市民の努力によって忠実に再建されたという歴史を持つことはご存知でしたか?まさに「市民の努力によって、世界遺産に登録された街」。今回はこのワルシャワの魅力をお届けします。

「世界遺産」ワルシャワの街

「世界遺産」ワルシャワの街

写真:南 ちあき

地図を見る

ポーランドの首都ワルシャワは、1980年に「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産に登録されました。しかしこの街は他のヨーロッパの古い街にはない、稀有な歴史をたどっていることはご存知でしょうか?

地理的に大国に囲まれていたポーランドは、歴史上、何度も大国の支配下に置かれます。現在のドイツであるプロイセンや、フランス、ロシアの領土に分割され、地図の上から「ポーランド」という国そのものが消されてしまったこともあります。やっと第一次世界大戦が終結したのちに独立が承認されたポーランドですが、その後さらに壊滅的な状況に陥りました。

それは先の第二次世界大戦。ナチス・ドイツがポーランドの領土に侵攻し、ポーランド政府はパリに亡命。ナチス・ドイツはポーランドに住んでいた多くのユダヤ人を弾圧し、これに民衆が抵抗運動を起こすと、ナチス・ドイツはポーランドの街を破壊しつくしました。

戦後独立を回復したポーランドでしたが、街は壊滅状態。ですがポーランドの人々は諦めませんでした。崩れたがれきを使って、戦前の建物にあった「壁のひび一本に至るまで」を、完全に復元したのです。

何度も国の存亡の危機を経験し、昔からの建物を破壊し尽くされても、決して諦めなかったポーランドの人々。どれだけ自分たちの国や街に誇りと愛着を持っていたのか、と感嘆せずには居られません。その市民の努力があった上での「世界遺産」登録なのです。

王宮の前から歩き始めよう!

王宮の前から歩き始めよう!

写真:南 ちあき

地図を見る

ワルシャワにはかつて王が政治を担い、寝食を過ごした王宮があります。この王宮は1526年に国王ジグムント1世が居城にし、最後の国王スタニスワフ2世により、城の内部に豪華な飾りが施されました。この城も第二次世界大戦時にはナチス・ドイツ軍によって壊滅されましたが、建物のがれきを使って忠実に復元されたものです。世界遺産にも登録されていて、内部の見学も可能です。

王宮の前は、かつてここを中心に国の政治が動いていたことを示すかのように大きな広場があり、いつもたくさんの人で賑わっています。またこの王宮のすぐ前には、観光客が必ず訪れる旧市街の入り口があって大変便利。ワルシャワの街歩きは、ここから始めましょう。

旧市街「マーケットプレイス」で異国情緒を楽しもう!

旧市街「マーケットプレイス」で異国情緒を楽しもう!

写真:南 ちあき

地図を見る

王宮から歩いて約5分ほどで、旧市街の中心地「マーケットプレイス」に到着します。ポーランドの建物の特徴は、なんといっても色とりどりのカラフルな外観!まるで絵本の中の世界のように、メルヘンな光景が広がっていますよ。

また、ポーランドの建物の特徴である「バルバガン」と呼ばれる、大きな丸い見張り台も、ここ旧市街からすぐ。お土産ものもたくさん並んでいるので、旅行中には必ず訪れる場所になるでしょう。

そんな旧市街の一番の中心地となるマーケットプレイスでは、簡単なレストランやパブがありますので、比較的広いワルシャワ市内を歩き回って、疲れた時に一休みするのもいいかもしれません。いつもたくさんのポーランド人でにぎわっている中に混じって、異国情緒を楽しみましょう!

ポーランドで楽しむ、「餃子とビールとスープ」?!

ポーランドで楽しむ、「餃子とビールとスープ」?!

写真:南 ちあき

地図を見る

さて、ポーランドの代表的な料理と言ったら何でしょう?実はポーランドには、ポーランドの餃子と言われている国民食「ピエロギ」があります。

このピエロギは、私たちが普段食べ慣れているものと見た目は少し変わりますが、中身は実にバラエティー豊か。ポーランド名物のおいしいベーコン、チーズ、野菜、ちょっと変わったものならフルーツが入ったもので、どこのレストランや屋台に行っても必ずあるので、頼んでみましょう。色々と試したい方は、お店の方に言うと色んな種類を混ぜてくれますよ。

またポーランドは「ジューレック」と呼ばれるスープも有名。ライ麦を発酵させたものにベーコンの入った温かいスープは、ポーランドの長くて寒い冬には欠かせないものです。初めは酸味で独特の味がしますが、慣れると非常においしいですよ。

また冬限定でぜひ試してほしいのは、「ホットビール」という名の、名前の通りビールを温めて香辛料を入れた独特の飲み物。

ポーランドでちょっと変わった「餃子とビールとスープ」。是非いかがでしょうか?

ワルシャワは夜の散歩も楽しめる!

ワルシャワは夜の散歩も楽しめる!

写真:南 ちあき

地図を見る

夜は寒いから・・・と、街歩きをしないのはもったいない!ワルシャワは夜景も本当にきれいな街なんですよ。街灯があまり多くないため、街全体が薄暗いのですが、それがまた何とも言えないいい雰囲気を出しています。

また冬の時期には街全体が色んなイルミネーションやクリスマスツリーで飾られていて、気分もわくわくと盛り上がります。温かいホットワインを飲みながら夜のお散歩はいかがですか?

最後に

日本からは直行便の出ていないポーランドですが、ヨーロッパの主要都市からは乗り継ぎで約1時間。また鉄道も便利です。

何度も憂き目に遭いながらも、そのたびに不死鳥のように復活してきたポーランド。その首都ワルシャワは歩いているだけで、ポーランドの人々の国や街への誇りや愛情をきっと感じることができるでしょう。

色とりどりの可愛い建物に秘められた歴史の重みを是非感じてみましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/12/22−2013/12/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -