2015年の運試し!幻の氷花“シモバシラ”を見に高尾山へ

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

2015年の運試し!幻の氷花“シモバシラ”を見に高尾山へ

2015年の運試し!幻の氷花“シモバシラ”を見に高尾山へ

更新日:2014/12/26 09:55

鈴本 正宗のプロフィール写真 鈴本 正宗 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

新しい年を迎えるにあたって、気持ちも一区切り。新しいことをはじめようと思う方も多いのではないでしょうか。まだまだ寒さが厳しく、外に出るのがおっくうな時期が続きますが、この時期だからこそ輝く意外な植物がありますので、ご紹介します。
その名も「シモバシラ」!

・・・えっ、知ってるよ「霜柱」でしょ?と思った皆様。説明より実物を見てもらうほうが早いので、ぜひ下の写真をご覧ください!

「霜柱」ではなく「シモバシラ」

「霜柱」ではなく「シモバシラ」

写真:鈴本 正宗

地図を見る

見て下さいこの美しさ!飴細工のような艶、絹糸をかけたかのような繊細さ。触れるとすぐに壊れてしまうはかなくも美しい氷の芸術です。

実はこれ、「シモバシラ」という名前の植物から発生する氷の結晶なんです。シモバシラは初秋に金平糖のような白く小さな花を咲かせる植物ですが、その冬の姿がこれ。花が終わり、地上部が枯れた後にこうして「もう一つの花」を見せてくれるのです。

高尾山では、この氷の花を1月中下旬頃まで楽しむことが出来ます。

多種多様な氷の花を楽しみましょう!

多種多様な氷の花を楽しみましょう!

写真:鈴本 正宗

地図を見る

シモバシラは冬になると葉を落とし、枯れてしまいます。ですが根の部分はまだ生きているので、これまで通り水分を吸い上げていきます。水分は地上部まで上がっていきますが、茎は枯れているため、水分が外にもれ出てしまいます。その時の外気温が氷点下だと、しみでた水分が凍って氷の花を咲かせるのです。植物にとっては何の意味もない現象ですが、その姿形は見るものの心を掴んで離さない魅力があります。

根が吸い上げる水分量や、茎の壊れ具合によって様々な氷の花が出来上がります。高さをかせぐものから、横にのびるもの、丸く複雑な形になるものなど、あれもこれもと時間と寒さを忘れて見とれてしまうことは間違いないでしょう。

「いつでも見られるわけではない」という魅力

「いつでも見られるわけではない」という魅力

写真:鈴本 正宗

地図を見る

高尾山では山麓のケーブルカー清滝駅近くの稲荷山登り口付近や、高尾山山頂から城山方面へ向かう途中のもみじ台(北側巻き道)などでシモバシラを見ることが出来ます。山頂からは、天気が良ければ富士山も望めるでしょう。

もみじ台の近くまで行けば、シモバシラの説明看板が出てくるので場所はすぐに分かるはずです。しかし、シモバシラの面白いところは「その場に行けば必ず見ることができるわけではない」ということです。氷の花は見た目同様、その成立条件も繊細なのです。

・早朝の気温が氷点下まで下がること
・雨や雪が降っていない
・風が穏やか
・あまり乾燥していない

上記の条件がそろった時にようやく見ることが出来るのが、この氷の花の最大の魅力。せっかく高尾山まで来たのに、果たして見られるか見られないのかが分からないという緊張感、意を決して向かった先で実際に氷の花を目の当たりにしたときの感動を是非味わっていただきたいです。

八王子の天気予報を見て、天気が「晴れ」、最低気温が「氷点下」の時に行くと可能性が高いです。午後には溶けてしまうので、早朝にお出かけください。見ることが出来ればラッキー、新しい年の運試しに最適です!

薬王院での参拝もおすすめ

薬王院での参拝もおすすめ

写真:鈴本 正宗

地図を見る

ケーブルカーを利用する場合は、高尾山駅で下車してから1号路を進むと「薬王院」を経由して山頂に向かうことが出来ます。

高尾山と言えば「天狗」が有名ですが、これは薬王院の御本尊様をお護りする随身として、除災開運、招福万来などの利益をもたらす役割をもっています。高尾山はもともと修験道のお山。古来、山伏が山中を駆け回り難行苦行を重ねていました。深山幽谷の霊気や自然を感じながらのハイキングも気持ちがいいものです。

マナーを守って楽しく観察!

シモバシラの氷花は高尾山以外でも、皇居東御苑や昭和記念公園、神代植物公園などでも楽しむことが出来ます。興味の出た方は是非お近くを調べてみてください。

実際にシモバシラの氷の花を見ていると、あまりの魅力につい「どれどれ、どんな触り心地なのだろう」と手にとってみたくなるものですが、そこはぐっと我慢して見るだけにしてください。自分だけではなく皆さんでシモバシラを楽しめるよう、マナーは必ず守って楽しく冬のひと時を過ごしましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ