釜山国際映画祭は年に1回お祭り騒ぎ!BIFF広場は毎晩お祭り騒ぎ!

| 韓国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

釜山国際映画祭は年に1回お祭り騒ぎ!BIFF広場は毎晩お祭り騒ぎ!

釜山国際映画祭は年に1回お祭り騒ぎ!BIFF広場は毎晩お祭り騒ぎ!

更新日:2015/08/04 14:59

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

釜山国際映画祭(BIFF:Busan International Film Festival)は毎年10月に開催される国際的な映画祭で、かつては、ここ南浦洞のBIFF広場近辺の映画館や特設会場でイベントが開催されていました。
しかし、2011年にメイン会場が海雲台に移設されて以降、BIFF広場は映画のまちという色合いを残しながらも、若者が集まる屋台街として毎日がお祭り騒ぎのごとく賑わっています。

夕暮れから断然活気づくBIFF広場!

夕暮れから断然活気づくBIFF広場!

写真:やま かづ

地図を見る

昼間の屋台街もさることながら、夕暮れ時にもなるとたくさんの若者が集まり、BIFF広場と呼ばれるこの広場は、屋台フードを中心としたB級グルメのオンパレードとなります。

釜山国際映画祭が始まったころ、このあたりは釜山で唯一、映画館がある通りで、メイン会場として活気づきました。
しかし、現在のBIFF広場は、映画のまちというかつての歴史を背負いつつも、若者の伝統的な食文化を引き継ぎ、また新しい食文化を生み出しています。

BIFF広場は映画の街!これを探す楽しみがあります。

BIFF広場は映画の街!これを探す楽しみがあります。

写真:やま かづ

地図を見る

かつて釜山国際映画祭を訪れた大物ゲストが残したハンドプリントが、今でも通りに埋め込まれたままになっています。
世界的に著名な映画監督のハンドプリントは約20人分。アジア映画好きなら知っている名前もちらほら。往来の雑踏に負けず、じっくりと足元を確認しながら歩いていると見つけることができますよ。

日本からの参加者は、「ええじゃないか」「楢山節考」などの作品を残した今村昌平監督や「世界の北野」こと北野武監督で、彼らのハンドプリントも見つけることができます。このころはまだ「ビートたけし」でサインをしていたことがわかりますね。

屋台B級グルメのオンパレード!

屋台B級グルメのオンパレード!

写真:やま かづ

地図を見る

映画の合間にちょっと小腹を満たすために重宝された屋台が、今となってはその屋台フード目当てにたくさんの人々が集まるようになりました。

屋台フードの代表選手、オデン、キンパッ、天ぷら、トッポッキはもちろんのこと、ワッフル、芋スティック、焼き栗、焼きスルメ、果ては、ニューヨークではやっているというホットドッグまで。あらゆるB級グルメが勢ぞろい、若者食文化をリードしています。

何といっても一番の人気メニュー「ホットッ」

何といっても一番の人気メニュー「ホットッ」

写真:やま かづ

地図を見る

屋台のB級グルメは不動の人気ですが、その中で一番屋台の数が多く、人気のあるのが「ホットッ」です。
「ホットッ」とは、小麦を焼いたほくほくの餅のようなもので、中に黒砂糖やシナモンのあんが入っています。釜山式の「ホットッ」は、さらにナッツ類が入っているのが特徴です。

パリッとした外側ともちっとした内側の食感が楽しく、食べ歩きしやすいようにペーパーカップに入れてサービスされます。
同じ「ホットッ」を販売していても屋台によって人気もまちまちです。ぜひ、人気のある屋台で、長い行列に並んででも焼き立てを食べてくださいね。長い行列を嫌って、つくり置きの「ホットッ」を妥協して買ってしまうと後悔しますよ〜♪

海雲台につくられたBIFFのための「映画の殿堂」

海雲台につくられたBIFFのための「映画の殿堂」

写真:やま かづ

地図を見る

2011年の釜山国際映画祭(BIFF)から、メイン会場が南浦洞から海雲台の「映画の殿堂」に移りました。
建物内には劇場が2つと多目的ホール1つが設置されており、毎年10月に10日間ほど開催される釜山国際映画祭では、映画関係者、来場者で大変な賑わいとなります。

また、長さ163メートル、幅61メートル、高さ32メートル、重さ4000トンの屋根は、世界で一番大きい一枚ものの屋根としてギネスに認定されていますので一見の価値ありです。

ちなみに、「映画の殿堂」では、映画祭開催期間外は一般映画やリバイバル映画などの上映をしています。

「BIFF広場」といっても広場ではない

地下鉄チャガルチ駅7番出口から東へ2ブロック歩いたところにBIFF広場がありますが、広場ではなく歩行者天国の幅の広い1本の通りです。
北側に大きな国際市場(クッチェシジャン)や富平市場(プヒョンシジャン)が広がっていますので、お昼はそれらの市場めぐり、夕方からBIFF広場めぐりをすれば、一緒に見て食べて回ることができるのでおもしろいですね。

*韓国のローマ字表記法の関係で、より現実の発音に近い表記に見直され、釜山=「PUSAN」は「BUSAN」となり「PIFF」は「BIFF」となりました。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/22−2014/12/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ