初心者でも大物ゲット!自然の宝庫「ロタ島」でトローリング

| 北マリアナ諸島

| 旅の専門家がお届けする観光情報

初心者でも大物ゲット!自然の宝庫「ロタ島」でトローリング

初心者でも大物ゲット!自然の宝庫「ロタ島」でトローリング

更新日:2015/06/18 11:05

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師

北マリアナ諸島のひとつであるロタ島は、ロタブルーと呼ばれる真っ青な海に囲まれた、小さくて素朴な島です。グアムやサイパンのように観光地化されていない分、多くの自然が残されています。ダイバーが集まる美しい海で、初心者でもOKなトローリングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ショップからボートに乗って出発!

ショップからボートに乗って出発!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

トローリングは、ルアーなどの擬似餌や生餌をボートで曳きながら、魚がかかるのを待つフィッシングスタイルの一種です。

2015年6月現在、ロタ島には日本人スタッフ常駐のダイビングショップが2件あり、トローリングはそちらで申し込むことができます。ボートはチャーター制なので、親しい仲間同士で楽しめ、時間内の寄港や、早上がりなど自由なのもウレシイ♪

ロタ島では、ショップから港までの距離が近く、すぐに海にでれてしまうのも嬉しいポイントです。西港の目の前にある「ROTA SCUBA CENTER RUBIN(ロタスキューバセンタールビン)」では、ショップからボートに乗り込んで出発します。

風が最高に気持ちいい!

風が最高に気持ちいい!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

トローリングは、魚がかかるまでボートで走り続けます。一度釣竿を海にたらしてしまうと、何もやることがなく退屈なようですが実は違います。ボートがきる風は最高に気持ちよく、真っ青な海と遠くに見えるロタ島を眺めているだけで、晴れ晴れした気分になります。
また、高速で波を越えるときは、ボートと一緒にお尻でジャンプしちゃったりして、とってもスリリング!

初めてだって、この通り!

初めてだって、この通り!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

初めてのフィッシングでも、こんなに大きな魚をゲットすることも可能です!写真の魚はワフー(日本名はサワラ)です。
ロタ島では、マヒマヒやカツオ、バラクーダなど様々な種類の魚を釣ることができます。通常は2kg〜5kgが多いですが、大きいものだと10kgや20kgを超えるものも釣れるのだとか。

釣った魚は刺身やフライなど、現地のレストランで調理してもらえるので、日本では味わえないド新鮮な魚がいただけます。

釣った魚はロタ島の「東京」へ!

釣った魚はロタ島の「東京」へ!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ロタ島で一番人気のレストランでは、トローリングでゲットした魚を刺身やフライにしてもらえる他、おにぎり、ラーメン、丼定食各種、ステーキなど、日本でもお馴染みのメニューがズラーッと並びます。
その名も「東京苑」!
店内のテレビではNHKが流れ、快適なWi-Fi環境もあり、スタッフは日本語が上手でとてもフレンドリー。ロタ島にきてまで日本食!?と思うかもしれませんが、なぜか毎日通いたくなる居心地の良さで、毎日賑わっています。

幼児連れでも、東京苑に行けば食べるものには困りませんよ!

おわりに

ロタ島には、観光地によくあるショッピングモールや、遊具施設などは全くありません。買い物できるところと言えば、スーパーとコンビニをあわせたような小さなマーケットが数軒のみ。近所になんでもそろう日本と違い、決して便利な場所ではありません。しかし、手つかずの自然と、最近の日本人が忘れてしまいつつある、「ご近所づきあい」的な人々の温かさに触れることができる島です。

現在は、訪れる日本人のほとんどがダイビングを目的としています。しかし、ダイビングをしなくても、今回ご紹介したトローリングや、シュノーケリングでロタブルーを味わってみてください。また、ロタリゾート&カントリーホテルでは、貸切状態でのびのびゴルフも可能です。

グアムやサイパンから約30分。
休暇をゆったりのんびり過ごしたい方にロタ島をオススメします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/14−2014/03/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -