人生の勝負時には、大阪・勝尾寺で勝運を授かろう!

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

人生の勝負時には、大阪・勝尾寺で勝運を授かろう!

人生の勝負時には、大阪・勝尾寺で勝運を授かろう!

更新日:2015/01/07 13:31

Chiharuのプロフィール写真 Chiharu ライター、熊野リトリート主宰

大阪・北摂、箕面の標高400メートルの山に、あらゆる局面に勝運をもたらすという勝尾寺が鎮座しています。かつて、時代の名だたる将軍や武将が戦の勝利を祈願したという、古くから勝運信仰が脈々と続く勝尾寺。あなたもいざという勝負時の前に必勝祈願を行って、人生に勝利の風をもたらしましょう!

1300年の歴史をもつ、勝運みなぎるパワースポットの寺

1300年の歴史をもつ、勝運みなぎるパワースポットの寺

写真:Chiharu

地図を見る

勝尾寺は高野山真言宗の寺院で、御本尊は十一面千手観世音菩薩を祀ります。

勝尾寺の勝運信仰は有名ですが、きっかけとなったのはかつて、六代座主・行巡の祈祷で清和天皇の病が平癒したことから始まります。清和帝が祈祷の効果を称え、「ここはまさに王に勝った寺、勝王寺である」と命名されたことが勝尾寺の由来(王の文字は控え尾に)となりました。以降、勝運の寺として平安時代から現在に至るまで崇められています。

参拝で訪れたら祈祷を受ける方も多く、毎日行われています。予約は不要ですので、急に思い立っても祈祷時間までに申し出れば受け付けてくれます。いざという局面を迎えることがあったら、お願いしてみてはいかがでしょうか。境内を歩いていると、祈祷の力強い読経がしばしば聞こえてきます。

数々の勝利を納めた証がギッシリの勝ちダルマ!

数々の勝利を納めた証がギッシリの勝ちダルマ!

写真:Chiharu

地図を見る

本堂へ向かう階段を上りきると、目の前に勝ちダルマ奉納棚が現れます。鮮やかな赤いダルマがズラリと並んだ棚はインパクト大です!受験、スポーツ競技、選挙、勝負事、芸事、商売など様々な場面で打ち勝って、願いが成就した参拝者たちのダルマが数多く納められています。その光景を見ていると、縁起のいい勝利のパワーが伝わってくるかのように感じます。

必勝祈願をしたい方は、このダルマを買って帰るのもいいでしょう。ダルマは転んでも起き上がることから、「己に打ち勝つ!」ということも込められています。まずはダルマの片目を書き入れて、最終的に見ごと勝利を収めましたらもう一方の目を描いて完了!御礼参りを兼ねてダルマを奉納しましょう。

日本で最初の荒神を祀る「厄ばらい三宝荒神社」

日本で最初の荒神を祀る「厄ばらい三宝荒神社」

写真:Chiharu

地図を見る

勝尾寺の境内には、厄ばらい三宝荒神社があります。日本初の荒神を祀っており霊験あらたかといわれ、厄除・方位い・八方除けなどへのご利益があります。三宝荒神は不浄や災難を取り除いてくれる神様なので、厄年の方やついていないと思われる方は、お参りしてみてはいかがでしょうか。勝利を願う方も通り過ぎず、手を合わせてお参りすることをおススメします。

また「厄除の鐘」もあり、誰でも自由につくことができますのでお忘れなく。人気があるので行列になっていることもありますが、慌てず鐘の音の余韻まで聴くのがポイントです。

ダルマおみくじをひいて、境内にダルマを安置!

ダルマおみくじをひいて、境内にダルマを安置!

写真:Chiharu

地図を見る

本堂で仏様に祈ったら、ダルマおみくじをひいてみましょう。手作りで描かれたダルマの表情は一つ一つ微妙に異なります。ダルマの底におみくじが入っていますので、取り出して読んでみましょう。おみくじは、あなたの祈りに対してのメッセージです。

境内を歩いていると、小さなダルマが随所に置かれているのに気づかれることでしょう。これは、ダルマおみくじのダルマで、境内の好きな場所へ置いていく参拝者が多く、生垣や樹木の枝、お堂の周り、塀の上など、あちらこちらにダルマが並べられて勝尾寺ならではの風景を作っています。

ダルマは持って帰るのももちろんOKですが、せっかくなら、あなたのダルマを勝尾寺境内へ安置していきませんか?お好きな場所を見つけてください。

春秋のシーズンは、桜・シャクナゲ・紫陽花・紅葉の名所!

春秋のシーズンは、桜・シャクナゲ・紫陽花・紅葉の名所!

写真:Chiharu

地図を見る

季節の花が咲く頃に訪れたら、美しい光景を楽しめます。4月中旬〜5月上旬には桜、4月下旬〜5月末にはシャクナゲ、6月上旬〜7月中旬には紫陽花が目を楽しませてくれます。11月10日頃〜11月末には見事な紅葉が彩りますのでチェックください。11月に行われる期間限定の特別ライトアップも見逃せません。

山門をくぐると、立派な錦鯉が泳ぐ弁天池が広がり、8万坪にもなる境内をお参りしながら散策しましょう。まるで絵のように美しく手入れされた境内は、全体が一つの庭園のようです。季節の花が咲く頃は、カメラが好きな方の撮影スポットにも最適です!

おわりに

勝尾寺は、他にも諸堂が多く、四国八十八カ所お砂踏みの「大師堂」や「水掛け観音堂」などお参りポイントがたくさんあります。ぐるりと参拝すれば、今後のさらなるパワーをいただくこと間違いないでしょう。あなたも人生の勝負時に差し迫ったら、勝運を授かるべく「人生のあらゆる場面に勝つ寺」へお参りしてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ