富士山2合目!天然ゲレンデで遊べる「水ヶ塚公園」〜裾野市〜

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

富士山2合目!天然ゲレンデで遊べる「水ヶ塚公園」〜裾野市〜

富士山2合目!天然ゲレンデで遊べる「水ヶ塚公園」〜裾野市〜

更新日:2015/01/07 13:23

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆マニア

寒い冬でも、外で遊びたがる子供達。そんな時は、裾野市にある「水ヶ塚公園」へお出かけしませんか? 標高1500mの場所にあり、富士山の壮大な景色を見ながら天然の雪で遊ぶことができてしまうんです。しかも入園料は無料!
お金をかけずに雪遊びができてしまう、穴場スポットをご紹介します。

手つかずの自然がいっぱい!

手つかずの自然がいっぱい!

写真:sachie

地図を見る

ご紹介する「水ヶ塚公園」は、静岡県裾野市から富士山「新五合目」まで続く「富士山スカイライン」沿い。富士山スカイラインは、最も美しい景観をもつ道路「日本の道100選」に選ばれているほど、眺めが良いです。富士山に近づくにつれて、木々の間から青々と広がる駿河湾や市街地など景色は抜群で、快適なドライブが楽しめます。

夏の登山シーズンに限り、マイカー規制がかかるため、ここから新五合目まで路線バスが運行。登山の中継地点に当たり、多くの登山者で賑わう所です。
東京から車で、東名高速道路「御殿場IC」を降りて、「富士山スカイライン」を経由して約40分。ICを降りてからすぐにスカイラインに乗れ、迷わず来れるのも魅力の一つ。

この上ない「ど」迫力!

この上ない「ど」迫力!

写真:sachie

地図を見る

公園に着いて、まず目に付くのはこの富士山。
ここに来た誰もが、思わず「うお〜っ」と声をあげ、無意識のうちにカメラを向けてしまうほど感動的な光景。

一般的に想像する富士山とは違った眺めで、勇ましく押しせまるような貫禄は、日本一を見せつけられる瞬間。冬は雪が降り積もるので更に力強い山が見られ、山頂の雪が舞い上がる様子も見られるほど真近か!

中央に見える大きな穴は、江戸時代の宝永年間に噴火した跡。美しい姿とは裏腹に、自然の驚異が伝わってくるようです。
そんなダイナミックな富士山を背にしながら遊べてしまうのは、ここならでは。

自然の贈り物

自然の贈り物

写真:sachie

地図を見る

ここは、公園内にある「そり専用ゲレンデ」。ゲレンデを見つけた子供達は待ちきれず「早く行こう!」なんて言いながらゲレンデに向かって一目散!

ゲレンデの雪は自然に降り積もった正真正銘の天然の雪で、温度が低いためか、雪は「さらさら」としています。規模は小さいですが、このようなゲレンデが3ヶ所あります。
有料施設とは違って出入りが自由で、その上無料なのは嬉しいですね。

上から「さぁ〜」と滑り降りてくる子供達は最高の笑顔で、子供の気がすむまで、思う存分遊ばせてあげられますよ。
公園内にある、売店や食堂が入った「スカイポート水ヶ塚」は、冬場は休業していますが、お弁当や飲み物・お菓子など持っていけば大丈夫。トイレは開放されていて、ベビーシートもあります。

ここにも遊び場が!

ここにも遊び場が!

写真:sachie

地図を見る

変わってこちらは「ふれあい広場」。先程のゲレンデの隣にあって、傾斜がなく広々とした広場です。ここでは、降り積もった雪で型抜きをして遊んだり、辺りに電線や木の枝が張出していないので、凧上げなどの遊びが楽しめますよ。

冬は雪遊びが楽しめますが、春から夏にかけては、「フジアザミ」・「アシタカツツジ」など、富士山周辺にしか生えない植物の観察ができます。また、この公園を拠点にしたウォーキングコースなどがあるので、散策も楽しめますよ。一年を通して違った表情の富士山が見られるので、富士山好きにはたまらないスポットです!

おわりに

ご紹介した「水ヶ塚公園」のゲレンデは、小学生までのお子様であれば十分遊ばせてあげることができます。遊ばせる場合は、事故防止のため必ず保護者が同伴して下さい。
ソリの貸し出しは行っていないので、遊ばせる場合はお忘れなく。

山なので天候が変わりやすく、悪天候になる場合があるので、出かける前に路面状況など、下記のMEMO【静岡県 沼津土木雪ライブカメラ映像】から確認して行くことをお勧めします。
路面凍結している場合があるので、運転には十分気を付けて、暖かい格好でお出かけ下さい。

雪は子供たちにとって、格好の遊び道具。雄大な富士山をバックに、冬にしかできない遊びをさせてあげて、思い出を沢山残して下さいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -