水曜日と土曜日限定!台南の「武聖夜市」を楽しもう

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

水曜日と土曜日限定!台南の「武聖夜市」を楽しもう

水曜日と土曜日限定!台南の「武聖夜市」を楽しもう

更新日:2015/01/10 11:40

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

台湾の観光夜市は毎日営業しているところもありますが、決まっている曜日だけ空き地が夜市に大変身するというところもあるんです。今回ご紹介するのは、水曜日と土曜日だけの限定夜市。古都台南の地元の方がたくさん訪れる「武聖夜市」をご紹介します!

武聖夜市

武聖夜市

写真:湯山 千里

地図を見る

2400坪の敷地に250もの屋台が出る武聖夜市は、台南でも大規模な夜市です。台南出身のメジャーリーガー・王健民氏は幼い頃から、歴史が長く、食べ物だけではなくゲームもある武聖夜市が好きだったそうです。ゲーム以外にも着る物から履く物、日常使うものなどまで様々な屋台がでているのが武聖夜市の特徴です。

そして、一番よいのは、まわりやすいということ。台南にはもう一つ大規模な「花園夜市」という夜市があるのですが、そこと比べてもぎゅうぎゅうづめで身動きがとれない、というようなことはなく、人は多くてもじっくり屋台をまわって楽しむことができるというのが武聖夜市の特徴です。

お土産も

お土産も

写真:湯山 千里

地図を見る

中には写真のように量り売りのお菓子のお店もあり、好きなものや試してみたいものを好きなだけ袋にいれて買うことができます。台湾味の梅キャンディーや台湾コーラキャンディ、ヌガーなどがあり、バラマキお土産にもぴったりです。

このようなお菓子の他にも台湾らしい雑貨などもたくさんあるので、お土産探しにもおすすめです。

おすすめスイーツ♪

おすすめスイーツ♪

写真:湯山 千里

地図を見る

武聖夜市おすすめのスイーツをご紹介します。まずは、写真の「地瓜球(さつま芋ボール)」。「地瓜球」は、台湾スイーツでおなじみのさつま芋をボール状にして揚げたものです。モチモチした食感とさつま芋の甘みが後を引くおいしさです。一口サイズなので、食べながら夜市をぶらぶらできるのもいいところです。写真の「地瓜球」は、一袋20元(70円)とお手頃価格。そして、紫芋ボールも入っているのが特徴です。

並んでもたべたい!

並んでもたべたい!

写真:湯山 千里

地図を見る

次におすすめするのは「鶏蛋糕」。「鶏蛋糕」はベビーカステラのようなたまごで作られたお菓子です。写真の屋台は35年の味を守っていると屋台に書かれています。買うのには、かなり並びますが、並んでも食べたい懐かしくてやさしい味。
特徴的なのは、プレーンの他に小豆、クリーム味があることです。6個で20元。3種ミックスは6個で30元です。

この他にも…

この他にも…

写真:湯山 千里

地図を見る

この他果物の屋台では、日本でなかなか食べられない「芭樂(グアバ)」や「蓮霧(レンブ)」などの台湾フルーツもおすすめします。写真の屋台では、少量の袋入りを買うことができます。しかも切ってあるので、切る手間もいりません。夜市を歩きながら食べることもできますよ。

おわりに

皆さんも台南で色々な屋台が出る武聖夜市を楽しんでみませんか。水曜日と土曜日だけという特にお祭り気分をかきたてられる夜市です。

屋台の出る場所 台南市中西区武聖路69巷42号
屋台の出ている時間 夜6:00〜深夜1:30

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ