日本最大級のしだれ梅園が無料!名古屋市農業センターへ行こう!

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本最大級のしだれ梅園が無料!名古屋市農業センターへ行こう!

日本最大級のしだれ梅園が無料!名古屋市農業センターへ行こう!

更新日:2016/02/11 18:01

HIRATA ERIKOのプロフィール写真 HIRATA ERIKO 格安子連れトラベラー、名古屋フカボリライター、レゴランド・ジャパン愛好家

ひとあし早いお花見と言えば静岡の河津桜や沖縄の緋寒桜ですが、忘れてはいけないのが梅。
名古屋市農業センターには12品種約700本という、国内有数の規模のしだれ梅園があります。
梅の季節には「しだれ梅まつり」が開催される、注目スポットのご紹介です。
桜前線の北上を待つ間に、まずは梅見に出かけてみませんか。

連日大賑わい、約700本の満開のしだれ梅が圧巻!

連日大賑わい、約700本の満開のしだれ梅が圧巻!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

名古屋市天白区にある、名古屋市農業センター。
普段は近隣の家族連れの癒しスポット的な場所ですが、毎年2月末から3月中旬にかけては他県からも人が訪れ、全国ニュースでも紹介されるほどの大賑わいになります。
来場者の目的は、この時季に満開を迎えるしだれ梅の花。
ピンクの梅だけでなく、白梅やロウ梅など12種類700本が揃って満開になるので圧巻です。

■名古屋市農業センター
 住所:名古屋市天白区天白町平針黒石2872-3
 TEL:052-801-5221
 アクセス:地下鉄鶴舞線平針駅・赤池駅から徒歩20分
 開園:9:00〜16:30
 休園:月曜(しだれ梅まつり期間中無休)
 入場料金:無料
 駐車料金:まつり期間中は500円、その他の時期は無料

■2015年度のしだれ梅まつり
 2月25日(水)〜3月22日(日)
 ※開花状況により変更になる可能性があります。

黄色×ピンク!菜の花とのコントラストにも注目!

黄色×ピンク!菜の花とのコントラストにも注目!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

名古屋市農業センターはしだれ梅以外の植物も豊富で、梅と同時期に満開になるのが菜の花。
菜の花畑はしだれ梅園のエリアではなく牧場付近ですが、この周辺にも梅の木があります。
黄色とピンクのコントラストが美しいので、カメラ好きの方には狙い目のスポットです。

まつり期間は連日イベントも開催!おなかも心も大満足♪

まつり期間は連日イベントも開催!おなかも心も大満足♪

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

梅園だけでも見応え十分ですが、おまつり期間は普段はやっていないイベントもたくさん。

入口付近にはお茶、ハチミツ、五平餅、鬼まんじゅう、飛騨牛串など東海グルメが集結。
地元の大学と共同開発した名古屋コーチンのコロッケやアイスもありますし、車内に本格石窯を積んだナポリピザの移動販売車がやってくることも!
また、陽気な音楽に合わせて大道芸人がパフォーマンスを披露していることも多いので運が良ければバルーンアートがもらえるかもしれません。

そして地味ながら、外せない農業センター名物は焼いも。
1時間以上かけてじっくり焼くため、スイートポテトのようにねっとりして絶品です。
「しだれ梅まつり」の開催期間中は売切れ必至なので、到着したらまず「なごやか市場」前にある焼いも売り場へ行って次の焼き上がり時間をチェックしましょう。

寒くても大丈夫!温室へ避難してほっこり♪

寒くても大丈夫!温室へ避難してほっこり♪

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

梅の花はきれいですが、この季節はまだまだ寒いのが難点。
でもこちらには温室があるので、寒さがこたえるときはそちらに避難しましょう。
中央にはバナナの木がありますし、子どもが喜びそうな大きなかぼちゃが展示されていることも多く、小規模ながらなかなか見応えがあります。
また、正門付近の建物には無料休憩所や授乳室などもありますので、子連れでも安心です。

駐車場は大渋滞!できるだけ公共交通機関を利用しよう。

「しだれ梅まつり」期間のみ駐車料金が有料になりますが、それでも車での来場者は多く、県道56号線「農業センター北」から南へ向かう道路は駐車場待ちの車で渋滞します。
最寄り駅からは徒歩で約20分と少し遠いですが、臨時バスも出ますのでできるかぎり公共交通機関でアクセスするようにしましょう。

2016年は暖冬で開花が早いため、2月11日(木)から3月6日(日)までの開催となっています。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ