スイス最古のチョコレートメーカー「カイエ」の工場見学へ

| スイス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

スイス最古のチョコレートメーカー「カイエ」の工場見学へ

スイス最古のチョコレートメーカー「カイエ」の工場見学へ

更新日:2015/01/11 11:31

ネプフリン 由香のプロフィール写真 ネプフリン 由香 旅行ライター

スイスは1人当たりのチョコレート年間消費量が世界No. 1のチョコ好きの国です。そのため、チョコレートの需要も高く、高級品から庶民的なものまで様々なチョコレートが生産されています。中でもスイス国民に最も愛される3大チョコレートブランドはスーパーなどでも気軽に買える「リンツ」「フレイ」「カイエ」です。今回は、その「カイエ」の工場メゾン・カイエ(Maison Cailler)を紹介したいと思います。

カイエ(Cailler)ってどんなチョコレート?

カイエ(Cailler)ってどんなチョコレート?

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

カイエはスイスはフランス語圏ヴヴェイ(Vevey) でフランソワ・ルイ・カイエによって1819 年に創立されたスイスで最も古いチョコレートブランドです。現在は、日本でも馴染み深いスイスの大手食品メーカー「ネスレ」の傘下のチョコレートブランドとして、チーズで有名なグリュエールの近郊ブロ(Broc) にある工場メゾン・カイエで美味しいチョコレートが生産し続けられています。

長蛇の列ができる大人気の工場見学ツアーに参加しよう

長蛇の列ができる大人気の工場見学ツアーに参加しよう

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

カイエの工場の見物はツアーでのみ可能です。この見学ツアーは大変人気が高く、2時間待ちなども頻繁にあるようです。英語、仏語、独語、伊語、西語(スペイン語)、中国語の6つから選べます。

ツアーは、仕切られた部屋を、カカオ豆の歴史に始まり、元祖チョコレート、スイスチョコレートの歴史、工場での制作過程等を順を追って映像や音声ガイダンスとともに進んで行きます。創立当初の工場の再現部屋などもあり、子どもでも十分楽しめる内容になっています。

制作過程の最後にはその制作しているチョコレートを試食できるようになっているのが嬉しいところ!

営業時間
11月-3月、10時〜17時(チケット販売は16時まで)
4月-10月、10時〜18時(チケット販売は17時まで)
*20名以上の団体のみチケットの事前予約が可能です。

大人も子供も興奮!最後には試食し放題の部屋が!

大人も子供も興奮!最後には試食し放題の部屋が!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

チョコレート制作過程での試食だけかと思いきや!更に順路を進んでいくと、カーテンで仕切られたチョコレートの試食部屋が用意されています。「よっ!太っ腹カイエ!!!!」カウンターにずらりと並んだカイエの看板商品を好きなだけ試食できるんです。大人も子供も我を忘れて笑顔で食べる食べる。でも!食べ放題だからといってくれぐれも食べすぎてお腹を壊さないように注意してくださいね。

ツワーが終わったらショップでお土産を買おう!

ツワーが終わったらショップでお土産を買おう!

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

見学ツアーが終わると、工場内に備え付けられた広い空間のモダンなショップに出るようになっています。板チョコからプラリネ、スーパーなどでもなかなか買えないレトロで可愛いパッケージやスイス伝統工芸である切り絵をモチーフにしたパッケージ商品などがずらりと並んでいます。そのほかにも、昔のポスターやTシャツなど、カイエのオリジナルグッズも揃っています。友人や、ご家族、同僚、ご自身へのお土産にピッタリでしょう。

おわりに・・・

いかがでしたか?チョコレート大国・スイスならではの観光アトラクションですよね?!スイスチョコレートファンにはもちろん、そうでなくても是非訪れて頂きたい観光スポットです。カカオの甘い香ばしい香りに包まれながら「知覚」「臭覚」「味覚」を沢山刺激してもらえる甘い魅惑の時を過ごせますよ!皆さんも是非行ってみてください!!

*上述した通り、大変人気があるので長蛇の列を避けるために早めに行かれることをお勧めします。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ