ご長寿のパワースポット!山梨県、身延山ロープウェイ

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ご長寿のパワースポット!山梨県、身延山ロープウェイ

ご長寿のパワースポット!山梨県、身延山ロープウェイ

更新日:2015/01/19 15:41

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

「長寿」と聞くと、ご年配の方だと思いがちですが、生きている以上「いつまでも元気で長生きしたい」と、誰もがきっと願うはず。山梨県の身延山にある、日蓮宗の宗祖「日蓮」がお手植えした樹齢750年以上の杉が、近年、長寿のパワースポットとして注目されています。
そんなスポットへ向かう「身延山ロープウェイ」からの絶景と、山頂でしか味わえないグルメまでご紹介します。

爽快!7分間の空中散歩

爽快!7分間の空中散歩

写真:sachie

地図を見る

ご紹介するパワースポットは、日蓮宗総本山として信仰されている標高1153mの身延山の山頂にあります。

山頂へは、山頂の「奥之院駅」と、山麓の「久遠寺駅」を結んでいる「身延山ロープウェイ」で簡単に行くことができ、全長は1665m。山麓と山頂の高低差は763mと、かなりの勾配があるので、スリルも味わえます。

ロープウェイのゴンドラは、白色が美しく、観光寝台列車で知られる「ななつ星」を手掛けた有名デザイナーによる、お洒落なデザインになっています。
ゴンドラに乗ると、徐々に視界が開け、蛇行する富士川の様子や、米粒のように見える街並みなど、まるでジオラマの様な景色が楽しめます。

山頂に近づくにつれて、山の上から顔を出す富士山は特に見事です。こんな景色を見逃したくない人は、ゴンドラの右後ろ側の席が特に良く見えるので、そちらに乗るのがお勧め。
こちらは、初冬の景色ですが、春には桜、初夏には新緑、秋には紅葉、冬は雪など、季節によって違った景色が楽しめますよ。

久遠寺駅は、国道52号線から車で来るとある「山門」を右手に見ながら、川沿いの道を走っていくと「せいしん駐車場」(有料)があり、その駐車場から、斜行エレベーターで登った左側に乗り場があります。

壮大なパノラマ

壮大なパノラマ

写真:sachie

地図を見る

こちらは山頂の「南側展望台」からの眺め。
山頂駅に着くと、多くの人は景色を見ようと駅に近い「東側展望台」へ向かいます。混雑して景色が見えない時は、反対方向にある「南側展望台」から景色を見るのがお勧め。「奥之院思親閣」の門をくぐった右側方向にあって、奥まった場所にあるせいか展望台は空いています。

東側展望台と同じような景色が眺められ、こんな素晴らしい景色が独り占めできますよ。
「くねくね」とした富士川が、まるで天から降りてくる龍のように見えて、とても幻想的! ストレスも消えてしまいそうなくらいダイナミックな眺めで、晴れの日は、左側に富士山も見られますよ。

展望台は他にも「北側展望台」・「七面山展望台」もあって、七面山展望台からは、日本で2番目の高さがある北岳や、南アルプス・八ヶ岳蓮峰など、3000m級の山並みが見られます。先程の展望台とは、また一味違った景色が見られるので是非、お見逃しなく。七面山展望台は、東側展望台を背を向けて歩くとあって、看板があるので迷わず行くことができます。

溢れるパワー!!

溢れるパワー!!

写真:sachie

地図を見る

こちらは、奥之院思親閣へ向かう参道です。
参道の階段を挟んで、2本ある大きな杉(写真中央)が、日蓮が植えたとされる「お手植え杉」で、樹齢は750年以上。

木に「御母妙蓮尊尼菩提」・「立正安国祈念」など、1本1本祈りを込めながら植えられた霊樹で、最近では、スピリチュアルスポットになっています。お手植え杉は、全部で4本あって、人の背丈を何倍も超える見事な木から、エネルギーが頂けるようですよ。
ここを訪れた際は、長寿を象徴する杉に、願いを込めてみてはいかがでしょうか?

聖域ならではの凛とした空気

聖域ならではの凛とした空気

写真:sachie

地図を見る

身延山山頂には「日蓮上人が身延山の山頂へ登って、房州に向かって両親を偲んだ」という古事に因んでお堂が建てられています。この門にある「思親閣」とは、親を思うお堂の意味。

幼くして両親から離れた日蓮は、片時も両親のことを忘れなかったそうで「親孝行は全ての善行の基本」と考えていたそうです。
そんなことも踏まえて、参拝してみても良いかもしれませんね。

福を招く食べ物

福を招く食べ物

写真:sachie

地図を見る

山頂駅の1階は売店。2階は食堂になっています。食堂のメニューは「身延ゆば丼」・「身延ゆばカレー丼」など、身延山特産の「湯葉」を使ったメニューが目立ちます。湯葉は、ここ久遠寺で修行中だった日蓮の体を弟子が気遣って、栄養源のため供したのが始まりとされ、ここを訪れたら是非、食べておきたいもの。

そこで、お勧めしたいのがこちらの「ゆば団子」。売店で販売されていて、他にも、竹炭団子・よもぎ団子の味があります。ここで売られる串団子は「開運くし切団子」と呼ばれ、串(苦死)を切って幸運を願う縁起の良い団子です。

食べてみると、甘辛い味噌だれと団子が絶妙でたまらなく、湯葉が練りこまれているせいか、とっても柔らかい食感です。ゆば団子は、全国でもここだけでしか味わえない逸品なので、食べてみて下さいね!

おわりに

東京から車で、中央自動車道「甲府南IC」から国道52号経由で50分・新東名高速「新清水IC」から国道52号線経由で40分の場所にあります。

身延山ロープウェイでは、春と秋の数日「ダイヤモンド富士観賞会」など、様々な鑑賞会もしていますよ。詳しい内容は下記のMEMO【身延山ロープウェイ】より、ご覧下さい。

身延山を訪れて、聖地で思いっきり元気をチャージして、活動力をつけてみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ