期間限定の絶景!ピンクに染まる奇跡の湖。タイ「クンパワピー」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

期間限定の絶景!ピンクに染まる奇跡の湖。タイ「クンパワピー」

期間限定の絶景!ピンクに染まる奇跡の湖。タイ「クンパワピー」

更新日:2015/01/15 15:15

遠藤 まさみのプロフィール写真 遠藤 まさみ 世界遺産探検家、ホテルマニア、クラフトビア愛好家

タイ東北部、ウドーンターニー(Udon Thani)から45キロメートルに位置する湖「クンパワピー(Kumphawapi)」。普段は地元の人々の漁場として、生活の基板を支える穏やかな湖です。しかし毎年12月から3月になると、その様子が一変します。

その時期にしか見せない絶景を求め、タイの国中から人々が押し寄せにぎわいを見せる「クンパワピー」の奇跡の絶景をご紹介します。

ウドーンターニーから車をチャーターして移動します

ウドーンターニーから車をチャーターして移動します

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

タイ東北部で人気の観光地ウドーンターニー。特に12月から3月にかけては国外のみならずタイ人も多く訪れます。人々の目的は、期間限定の絶景「クンパワピー」の湖面に咲くピンク色の睡蓮の海なのです。

ウドーンターニーからバスなどの公共機関はないので、バイクや車をレンタルするかチャーターして移動しましょう。中心から40分ほどで「クンパワピー」に到着します。駐車場に車を停めたら、湖岸のカウンターで、船券を購入します。人数により小さい船か大きい船を選定されますので、スタッフの指示に従い代金を支払います。

船代など詳細は、MEMOの「タイ国政府観光庁(クンパワピー)」を参照してください。

チケットを購入したら番号をチェック。船の順番を待ちます。

チケットを購入したら番号をチェック。船の順番を待ちます。

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

チケットを購入したら、記載されている番号を確認しましょう。自分の番号が呼ばれるまで、しばらく待ちます。番号はタイ語で読み上げられますので、番号を読み上げるスタッフに、現在の番号と自分の番を時折り確認するとよいでしょう。

小さなボートに乗って目指すは「奇跡の絶景」

小さなボートに乗って目指すは「奇跡の絶景」

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

番号が読み上げられたら、湖岸に待機している船に乗り込みます。チケットを船頭に渡し、ライフジャケットを装着したらいよいよ出発です。

*おおよそ1時間から1時半程度の船旅となりますので、事前に飲物や軽食などを準備しておくのもよいでしょう。

ピンクの睡蓮に囲まれて記念撮影を

ピンクの睡蓮に囲まれて記念撮影を

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

ボート乗り場から見える景色は、至って普通の湖です。5分ほどボートを走らせていると、ぽつぽつとピンク色の睡蓮が見え始め、やがて辺り一面のピンクの花畑へと変貌を遂げます。

睡蓮で埋め尽くされた湖面にできあがった1本道は、その先の絶景ポイントまでの通り道です。360度、見渡す限り広がるピンク色の睡蓮が、空気までもピンク色に染め上げそうな勢いで咲き誇っています。

ピンクに染まる水平線。奇跡の絶景は早朝から午前中まで!

ピンクに染まる水平線。奇跡の絶景は早朝から午前中まで!

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

やがてボートはゆっくりと発進し、睡蓮のそばを通り抜け湖岸へと引き返します。つばめやサギなどの野鳥も飛び交うほど、素晴らしい自然に恵まれた「クンパワピー」の絶景は、早朝から午前中が見頃です。当日は少し早起きをして「クンパワピー」を目指してください!

見所の多い「ウドーンターニー」は、数日滞在するのがお薦めです。

いかがでしょうか。

タイ東北部の街「ウドーンターニー」は、クンパワピーだけではありません。先史時代の貴重な遺跡が発掘された世界遺産「バンチェン遺跡」や、奇岩おりなす不思議な聖地「プー・プラ・バート歴史公園」など、たくさんの魅力に溢れています。また、隣国ラオスの首都ビエンチャンへも、インターナショナルバスで3時間ほどの位置にあります。

バンコクから列車やバス、飛行機でいける「ウドーンターニー」へ、ぜひ足を伸ばしてみてください。ここでしか見られない景色があります。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -