台湾・礁渓の高級ホテル「長榮鳳凰酒店」で温泉三昧!日帰り利用可!

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

台湾・礁渓の高級ホテル「長榮鳳凰酒店」で温泉三昧!日帰り利用可!

台湾・礁渓の高級ホテル「長榮鳳凰酒店」で温泉三昧!日帰り利用可!

更新日:2015/01/14 09:57

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

宜蘭県の礁渓は温泉が有名だけど、行き方がよく分からず行くのが不安、どこに行ったらよいかわからないという方も多いと思います。今回はそんなお悩みを解決するホテルをご紹介します。台北から無料のシャトルバスで僅か1時間、日帰りも可能な高級ホテル、エバーグリーンリゾートホテル礁渓(長榮鳳凰酒店)です。

高級温泉ホテル

高級温泉ホテル

写真:湯山 千里

地図を見る

面積2352坪と広大な敷地を持つ長榮鳳凰酒店(礁溪)。礁渓温泉公園のすぐ近くにあります。便利なのは台北駅からホテルのシャトルバスがあること。予約が必要で別料金ですが、台北からホテル直通なら迷うこともなし、荷物があっても安心ですよね。ホテルに到着すると、入り口には温泉の噴水があり、期待をかきたてられます。

温泉情緒あふれるお部屋

温泉情緒あふれるお部屋

写真:湯山 千里

地図を見る

お部屋に入ってまず目に付くのは窓側にある温泉情緒あふれる机と座椅子。机にはウエルカムフルーツや宜蘭名物の金柑などが置かれています。ここで一息リラックスするのもいいものです。スリッパもホテルオリジナルで和風のサンダル。サンダルは持ち帰り可。そして、冷蔵庫の飲み物は無料というのも嬉しいところです。浴衣もホテルのオリジナルで、持ち帰りはできませんが、滞在中は浴衣でホテル内を歩いてもいいようになっています。

美人の湯をお部屋でひとり占め!

美人の湯をお部屋でひとり占め!

写真:湯山 千里

地図を見る

お部屋のお風呂も温泉で、礁溪温泉をひとり占めできます!ガラス張りになっていますが、入り口のボタンを押すとスクリーンカーテンが下りてきますので御安心ください。泉質は、無色透明な炭酸水素塩泉。お湯につかるとさらっとしていますが、湯上り後は化粧水がいらないほどしっとり。角質も取り除かれてつるつるの肌に!美人の湯と言われる所以です。

ホテル内の施設には、水着を着て入る広大な温泉ゾーンと露天風呂があり、宿泊客は無料で利用でき、まさに温泉三昧!屋上にある露天風呂は日本と同じ裸で入ります。トルコ石と自然の木などのナチュラルな素材を使った露天風呂は、滞在中に一度は入る価値ありです。

イベントもいろいろ

イベントもいろいろ

写真:湯山 千里

地図を見る

ホテル内では、ランプ作りなどの各種DIYをはじめ、ヨガ教室、雑技のショーなどたくさんのイベントが行われています。参加費が必要なイベントもありますが、ほとんどのイベントは、宿泊客1人は無料で参加できます。とても一泊では物足りない位の数多くのイベントが、細かな時間刻みで開催されています。温泉ももちろんですが、イベントも楽しめてホテルの滞在時間も更に充実。思い出に残りますよ。

日帰り利用は…

日帰り利用は…

写真:湯山 千里

地図を見る

日帰り利用はホテルを入って右奥にあるエレベーターで上へあがります。90分1800元(約6300円)からとちょっと高価ですが、ホテルのような個室のお部屋になっていて、横になることができるベッドもあり、ゆったり滞在できます。また日帰り利用のお部屋にだけ「ナノテクノロジー」を利用したミルキーバスがあります。ボタンを押すとミルキーバスに見える気泡のナノバブルが出てくるんです。温泉の保湿、保温、浸透効果が高まり、美肌効果がより一層高まります!

おわりに

温泉以外にも、長榮鳳凰酒店のビュッフェもおすすめです。宜蘭地元の食材を生かした和洋中のビュッフェ。他にはないここだけのメニューもたくさんあります。そして、ホテル内のショップには、宜蘭名産品や中華風の陶器などもあるので、お土産探しにもいい場所です。

台北からもアクセス便利な礁渓の長榮鳳凰酒店で温泉三昧の休日を楽しんでみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

エバーグリーン リゾート ホテル (礁渓郷)の旅行プランを検索

エバーグリーンリゾートホテルジアオシーの旅行プランを検索

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ