カナディアンロッキーの町バンフ、冬のお勧めトレイル5選!

| カナダ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カナディアンロッキーの町バンフ、冬のお勧めトレイル5選!

カナディアンロッキーの町バンフ、冬のお勧めトレイル5選!

更新日:2015/01/19 14:22

世界遺産のバンフ国立公園内にある町、バンフ。この町の周辺には、カナディアンロッキーを存分に楽しめるハイキングコース(トレイル)が多くあることで有名です。春から秋の観光シーズンに多くの観光客を迎え入れるこれらのトレイル。しかし、オフシーズンである冬にも、他の季節にはない魅力的なトレイルがバンフ近郊に出現します。今回は、冬しか味わえない、とっておきのトレイルを、5つ紹介いたします。

まずは、バンフの町中トレイルでお手軽スノーハイクを楽しんで!

まずは、バンフの町中トレイルでお手軽スノーハイクを楽しんで!
地図を見る

バンフの町中には、お手軽で魅力的なトレイルが満載。例えば、手軽なトレイルとして多くの観光ガイドにも紹介されているフェンランドトレイルは、バンフ駅のすぐ裏にあり、2kmと短い周遊型のトレイルながらも、森あり、川ありと、飽きのこない内容。
町の南にあるボウリバートレイルや、スプレイリバートレイルもお勧め。雪化粧した針葉樹林の間から差し込む、朝日や夕日の美しさは、ぜひ一度見ておきたいもの。朝のうちは人気もなく、静かで神秘的な雰囲気に!

凍った湖を歩いてみよう!バーミリオン湖とその周辺

凍った湖を歩いてみよう!バーミリオン湖とその周辺
地図を見る

バンフの冬は大変厳しく、−30度を下回ることも珍しくありません。その寒さの恩恵ともいえるのは、川や湖の氷結。特に、バンフから西へ3つ連なるバーミリオン湖は、冬になれば完全に凍結します。ぜひ、勇気を出して湖に足を踏み入れてください。ふわふわとした不思議な浮遊感のある雪上ハイキングが楽しめるはずです。

バンフの町の真ん中を流れるボウ川は、冬になれば壮大なトレイルに変身!

バンフの町の真ん中を流れるボウ川は、冬になれば壮大なトレイルに変身!
地図を見る

バンフのダウンタウンのすぐ南を流れるボウ川も、冬になれば凍結します。バンフ市民にとって、冬のボウ川は、スノーシューやクロスカントリースキーの格好の遊び場。川の真ん中にはスケートリンクも出現し、多くの家族連れで賑わいます。勿論、ハイキングも可能。北にある町レイクルイーズに向かって、どんどん歩いていくことができ、ちょっとした冒険気分が味わえます。

冬季通行止めになる道路は、深い雪を楽しめる魅力的なトレイル

冬季通行止めになる道路は、深い雪を楽しめる魅力的なトレイル
地図を見る

バンフには、トンネルマウンテン周辺等、町中でも冬季になると通行止めになる道路がいくつかあります。そういった道路は、歩行者天国の魅力的なトレイルに早変わり。除雪されていないので深い雪の中をラッセルしながら進んでいく面白さが味わえます。

冬こそ穴場!サルファー山でお手軽な冬山登山体験

冬こそ穴場!サルファー山でお手軽な冬山登山体験
地図を見る

1年を通して多くの観光客で賑わう山のひとつに、バンフの南にあるサルファー山が挙げられます。ここは麓からゴンドラが通っており、手軽に山頂まで行くことができます。しかし、お勧めなのはそのゴンドラ施設の脇に入口があるハイキングコース。麓から山頂まで約2時間。道は整備されているので、冬でも、手軽に登山を楽しむことができます。苦労して登った後、2,200mの山頂から眺めるカナディアンロッキーの美しさは、また格別です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
バンフの町中のトレイルは、地図や案内板も多く設置されており、安心感をもって歩くことができます。一方で、ボウ川やバーミリオン湖等は、正規に整備されたトレイルではないので、事前にバンフのインフォメーションセンターで情報収集が必要です。自分がどこをどのように歩きたいかを伝えれば、バンフの事情に精通した国立公園のスタッフが大変丁寧に教えてくれるでしょう。
冬しか味わえない極上のハイキング、ぜひ、挑戦してみてください。
(本文下MEMOに冬のバンフのトレイルを紹介した「Winter Trails in the Banff Area」へのリンクがあります)

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/27−2015/01/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -