バンコクの夜景ならココ!地上247m天空のバー「シロッコ」

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

バンコクの夜景ならココ!地上247m天空のバー「シロッコ」

バンコクの夜景ならココ!地上247m天空のバー「シロッコ」

更新日:2017/07/02 21:55

まつり はるこのプロフィール写真 まつり はるこ 編集者

東南アジア有数の大都市・バンコクは、夜景が美しいことでも知られています。雰囲気のいい場所で思う存分バンコクの夜景を楽しみたいという方にオススメなのが、高層ホテルのルーフトップバー。高層階かつオープンエアというシチュエーションは、日本では絶対に経験できないものです。その中でもオススメしたいのが「シロッコ」。地上247m、眼下に夜景が煌めく“天空のバー”で、至福のひと時を過ごしてみませんか?

映画『ハングオーバー2』のロケ地にも!

映画『ハングオーバー2』のロケ地にも!

写真:まつり はるこ

地図を見る

「シロッコ」があるのは、高級ホテルが建ち並ぶバンコクのリバーサイドエリア。チャオプラヤー川沿いに建つホテル「ルブア」の63階です。
ルブアのある「ステート タワー」は、写真のような印象的な外観。特に屋上に光り輝く黄金のドームは、高層ビル群の中でも一際目を引きます。映画『ハングオーバー2』に登場したことでも有名です。

空中にせり出すように作られた「スカイバー」

空中にせり出すように作られた「スカイバー」

提供元:lebua HOTELS&RESORTS

http://www.lebua.com/地図を見る

ホテルのエレベーターで64階まで昇り、外に出ると一気に開ける視界。果てしなく続く光の粒……誰もが思わず声を挙げてしまう瞬間です。
屋外の階段を降りて63階のシロッコに向かいますが、階段には手すりなどがないので、景色に見とれて転倒しないようご注意を。
(階段上などは撮影禁止となっています)

シロッコは、世界一番高いところにあるオープンエアのレストラン&バー。本格的なイタリアンを、地上247mから見下ろす絶景の中でいただくことができます。今回特にご紹介したいのが、空中にせり出すように作られた「スカイバー」。お料理はかなり高級ですが、こちらのバーの方はスタンディング&キャッシュオンなので、比較的気軽に楽しめますよ。バーのみの利用ももちろん可能です。

じっくり腰を据えて飲みたいなら、64階のソファーシート

じっくり腰を据えて飲みたいなら、64階のソファーシート

写真:まつり はるこ

地図を見る

店内はそれほど広くないので、常に混み合います。また、20時を過ぎたあたりからは、ホテル1階にエレベーター待ちの行列ができることも。混雑を避け、18時のオープン直後に着くように行くのがオススメです。お酒だけでなくお料理も絶対食べたいという方は事前に予約しましょう。

64階にはソファーシートがあるので、食後にじっくりお酒を楽しむのにもいいでしょう。背後には写真のように細い柵があるだけ。開放感抜群です。チャオプラヤー川を進む観光船のネオン、バンコク名物・渋滞のテールランプなど、眼下にはバンコクらしい夜景が広がります。

2012年にオープンした複合ショッピングセンター「アジアティーク ザ リバーフロント」の観覧車もすぐ近くに。ぜひ見つけてみてください。

さらにじっくり飲みたいなら・・・

さらにじっくり飲みたいなら・・・

提供元:lebua HOTELS&RESORTS

http://www.lebua.com/地図を見る

シロッコがあまりにも混雑しているときは、同じ建物の52階にあるルーフトップバー「ブリーズ」に行ってみましょう。高さこそシロッコには負けますが、雰囲気のよさはブリーズも負けていません。シロッコほど混雑せず、ゆっくりと時間を楽しむことができます。

日本ではできない経験をぜひ!

今回ご紹介したシロッコのスカイバーは地上63階、ブリーズは53階。この高さでオープンエアというのは、日本では考えられないことです。そんな場所でじっくりお酒を飲みつつ夜景を楽しむ――バンコクの夜の楽しみ方は、これで決まりです!

※シロッコ、ブリーズともドレスコードあり(スマートカジュアル)。また、7歳未満のお子さんは入場できません。

「タワー クラブ アット ルブア」については別の記事に詳しくまとめますので、本文下のMEMOよりご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ