染物が町を埋め尽くす!新宿区「染の小道」で日本の伝統文化を堪能しよう

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

染物が町を埋め尽くす!新宿区「染の小道」で日本の伝統文化を堪能しよう

染物が町を埋め尽くす!新宿区「染の小道」で日本の伝統文化を堪能しよう

更新日:2015/02/09 13:31

すがた もえ子のプロフィール写真 すがた もえ子 妖怪伝承収集家、フリーライター

日本の伝統技術のひとつ、染め物。
その染物の町が、東京都・新宿区にある事をご存知でしょうか?

新宿区の落合・中井は昭和初期〜30年代まで、神田川と妙正寺川の流域に300軒を超える染色関連をなりわいとする人々が集まっていました。現在もその技術を受け継ぎ、新しい染色を提案する職人さんや作家さんが多く集まる場所です。
そんな染物の街で開催される「染の小道」は染の世界を日本や世界へ発信する一大イベントです。

昭和初期〜30年代まで、300軒を超える染色関連業者が軒を並べていた街

昭和初期〜30年代まで、300軒を超える染色関連業者が軒を並べていた街

提供元:染の小道実行委員会

https://www.facebook.com/somenokomichi地図を見る

昭和初期〜30年代、京都・金沢に並んで染の三大産地として知られていた落合・中井界隈。当時は川のあちらこちらで染め物を水洗いをする姿が見られたといいます。

林芙美子や赤塚不二夫など、多くの文化人や芸術家を魅了し引きつけたこの地で毎年開催されているのが、街中を染め物が埋め尽くす「染の小道」というイベントです。

このイベントのシンボル的展示となるのが、妙正寺川の川面に反物を張る「川のギャラリー」。反物のサイズは幅36〜40cm、長さ12〜13mと、川面を埋め尽くし風にたなびく様子はまさに圧巻です。

道のギャラリーは商店街の軒先に並ぶ「のれん」が見もの

道のギャラリーは商店街の軒先に並ぶ「のれん」が見もの

写真:すがた もえ子

地図を見る

商店街の店舗の軒先に、染色作家の方々が製作した「のれん」を展示する「道のギャラリー」もこのイベントの見どころの一つです。
どのお店にどんなのれんが掛けられているのか全て見て周ると、ちょっとしたウォーキングになります。
のれんの展示時間は各店舗の営業時間に準ずるとのことです。

気軽に覗ける展示も魅力

気軽に覗ける展示も魅力

写真:すがた もえ子

地図を見る

路地裏などにある工房やアンティーク系の着物屋さんものれんの展示に協力。
入場料無料で見学できる所がほとんどで、普段は公開されていないような展示もあるので、この機会にぜひ覗いてみる事をおすすめいたします。
各店舗の独自企画がたくさんあります!

工房での染色体験も

工房での染色体験も

写真:すがた もえ子

地図を見る

染色の工房でも様々な企画が行われ、本格的な染色体験なども行われています。
工房の体験は事前に予約が必要な物が多いので、興味がある体験はお早めにお問い合わせを!
事前に時間ごとにどの工房で何が体験できるのかをチェックしておくと、複数のメニューを体験することも可能です。
(写真は型紙を使った型染の体験、製作途中)

2015年は2月27日〜3月1日の3日間開催!

毎年2月に開催される染の小道は、2015年は2月27日〜3月1日の3日間の開催となります。川面をたなびく染物や、軒を連ねるのれん、工房での体験など、一日で周り切れないほどのボリューム感。
スタッフの女の子たちが着物姿だったりと落合・中井の街が華やぐ「染の小道」にぜひ足をお運びください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/02/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -