ホーチミンからバス旅行!海と砂丘が広がるリゾート「ムイネー」

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ホーチミンからバス旅行!海と砂丘が広がるリゾート「ムイネー」

ホーチミンからバス旅行!海と砂丘が広がるリゾート「ムイネー」

更新日:2015/01/21 19:18

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

ホーチミンからバスで約5時間弱で、港町ムイネーに辿り着きます。ムイネーはホーチミンから近いため、外国人旅行客でも一泊二日から楽しめるリゾート地です。メインストリート沿いにはバンガローやゲストハウス、レストランが建ち並び、その先にはムイネー砂丘が見えます。時間を忘れて、心癒される余暇をエンジョイしてください。

ホーチミンからムイネーまではバスの車窓を楽しむ

ホーチミンからムイネーまではバスの車窓を楽しむ

写真:古川 悠紀

地図を見る

ホーチミン市内からムイネーまでの移動手段はバス。ツアーバスの場合はホーチミン市内最寄のツアーデスクから申し込むことができます。個人で向かう場合は、ミエンドンバスターミナルから乗ることができます。どちらとも寝台バスがあるので、座席タイプが苦痛と感じられる方はこちらがおすすめです。

所要時間は5時間弱で、途中休憩が複数回あります。道中はホーチミンの都会から田園風景、そして海へと変化していく景色を車窓から楽しんでください。

ムイネー最大の名所「イエローサデューン」

ムイネー最大の名所「イエローサデューン」

写真:古川 悠紀

地図を見る

メインストリートの「グエンディンチウ通り(Nguyen Dinh Chieu)」をひたすら進むと見えてくるのがイエローサデューン。黄砂が積もった砂丘で、小高い丘からソリで滑るアクティビティを楽しむことができます。

周辺には食堂やレストランなどが並び、観光スポット化しています。日中はかなり日射しが強いので、なるべく肌の露出は避けましょう。

また、プチ情報としては、さらに数キロ進むと、海に面したホワイトサデューンが見えてきます。砂丘ではありませんが、辺り一帯白砂が広がっていて、現地人のデートスポットとして人気があります。

チャンパ王国の聖域「チャム塔(ポー・ハイ遺跡)」

チャンパ王国の聖域「チャム塔(ポー・ハイ遺跡)」

写真:古川 悠紀

地図を見る

かつて中部地方一帯に勢力を築いていたチャンパ王国。リゾート地として人気のあるニャチャン、そしてムイネーまで勢力を伸ばしていきました。チャム塔はチャンパ王国の聖域として築き上げられ、チャンパの歴史を知る上で数少ない遺産として研究者に重宝されています。

見所はチャム塔はもちろんのこと、そのさらに奥へ進むことによって眺望できるムイネーの市街地と大海原。ちょっとしたトレッキングとなりますので、歩きやすい靴で向かいましょう。

シーフード料理やエステを満喫!ムイネーの夜は眠らない

シーフード料理やエステを満喫!ムイネーの夜は眠らない

写真:古川 悠紀

地図を見る

グエンディンチウ通り(Nguyen Dinh Chieu)沿いには、昼から深夜まで営業しているレストランやマッサージ店、オープンカフェが並んでいます。心地よい夜風に吹かれて、ムイネーの夜をお楽しみ下さい。

レストラン……シーフード料理はもちろんのこと、ロシアン料理も人気があります。ロシア人がいち早く避暑地としてムイネーに目をつけたことから、現在では多くのロシア人が店を出して、本場のロシアン料理を提供しています。

エステ……男性にも人気のフット&ボディマッサージ店が並んでいます。値段も1000円弱とリーズナブルなので、気軽に楽しむことができます。

オープンカフェ……ムイネーには冷房の効いた屋内カフェはございません。オープンエアのカフェでビールジョッキを傾けるのが、ここでの楽しみ方。どこか懐かしいカントリーソングに耳を傾けながら、憩いの夜の時間をお過ごし下さい。

ホテル目前の海でプライベートビーチを満喫!

ホテル目前の海でプライベートビーチを満喫!

写真:古川 悠紀

地図を見る

ムイネーのホテルは海側と山側とに分かれていて、おすすめは断然海側。海水浴はもちろんのこと、砂浜を散策したり、網漁を見学することができます。

また、ホテルはビル型の建物と、バンガロータイプに分かれています。リゾート気分に浸りたいなら後者がおすすめ。小波の音をBGMに、素敵な夜を過ごすことができます。

高級ホテルであれば、プールやレストラン、カフェバーなどが併設されているので、こちらを楽しみたい方は、予約の際に付帯施設をチェックするようにしましょう。

最後に

一昔前までは、ムイネーは一部のロシア人とベトナム人の国内旅行に人気がありました。しかし、現在では多くの外国人旅行者が訪れるリゾートエリアと変化しています。

日本人にはまだ認知度が低いですが、ホーチミンから気軽に向かうことができますので、滞在日程に余裕がある方は、是非おすすめしたいエリアの一つとなります。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/18 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ