河津桜が絶景すぎる!「河津桜まつり」おすすめ撮影ポイント4選〜伊豆・河津町〜

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

河津桜が絶景すぎる!「河津桜まつり」おすすめ撮影ポイント4選〜伊豆・河津町〜

河津桜が絶景すぎる!「河津桜まつり」おすすめ撮影ポイント4選〜伊豆・河津町〜

更新日:2017/02/14 17:37

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

河津桜まつり(静岡県河津町)は、伊豆の春を代表する観光スポット。河津桜は開花が早く、見頃や満開の期間も長いのが特徴の、早咲き桜です。
名木と呼ばれる一本桜「かじやの桜」や、夜桜ライトアップなど、おすすめ撮影ポイントを厳選して紹介。記念写真や風景写真の、撮影時の考慮点も解説します。河津町の「河津桜まつり」は本場だけあり、人気が高く混雑しますが、桜祭りらしい賑わいも魅力です!

一本桜(名木)の「かじやの桜」は必見!河津桜まつりの撮影ポイント1

一本桜(名木)の「かじやの桜」は必見!河津桜まつりの撮影ポイント1

写真:藤田 聡

地図を見る

「かじやの桜」は河津桜まつりでは穴場ですが、感動的な絶景です。河津町では著名な一本桜を名木と呼び、中でも「河津桜原木」が有名ですが、近年剪定された事もあり、かつての花の勢いはありません。代わりに是非見て頂きたいのが、かじやの桜です。大駐車場がある観光交流館前という、大勢の観光客が訪れる極めて便利な場所にあります。詳細な場所は写真右下の「地図を見る」をクリックすると、撮影地の地図が表示されます。

「かじやの桜」で一本桜の素晴らしさに気付いたら、河津町の名木をめぐって見るのもおすすめ。ライトアップも実施しているので、夜でも楽しめます。別記事で、特におすすめの一本桜を一挙に紹介しましたので、是非ご覧ください。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります)

橋の上から絶景を一望!河津桜まつりの撮影ポイント2

橋の上から絶景を一望!河津桜まつりの撮影ポイント2

写真:藤田 聡

地図を見る

河津桜まつりは人気で混雑も激しいのですが、橋の上から一望すると、大勢の観光客も付近の建築物も桜並木に隠れます。川と桜並木と菜の花と青空と山々だけの「河津桜まつり」らしい写真が撮れます。

河津川沿いの桜並木には柵があって、特定の場所以外は遊歩道から川に降りる事が出来ません。結果的に桜並木を一望出来る唯一の場所が橋の上で、記念撮影場所としても、おすすめ。意外な程撮影している人が少なく、場所取りも容易です。

桜と菜の花がコラボする穴場も!河津桜まつりの撮影ポイント3

桜と菜の花がコラボする穴場も!河津桜まつりの撮影ポイント3

写真:藤田 聡

地図を見る

河津桜まつりでは、菜の花が植えられた場所も多くあります。中でも遊歩道沿いに植えられた場所は、河津桜と菜の花のコラボを撮影出来る穴場なので、積極的に活用しましょう。菜の花は背丈が低く花も小さいので、ローアングルで接近して撮影しないと、写真に菜の花らしい存在感が出ないので、意識して撮影して下さい。

夜桜ライトアップもおすすめ!河津桜まつりの撮影ポイント4

夜桜ライトアップもおすすめ!河津桜まつりの撮影ポイント4

写真:藤田 聡

地図を見る

河津桜まつりの夜桜ライトアップ会場は、河津川の河口付近の遊歩道と、峰温泉の踊り子温泉会館裏(写真)の河津川沿いです。ライトアップは七色のカクテル光線なので、その華やかさを川面に写して強調するのが定番のアングルです。

このほか、名木と呼ばれる代表的な一本桜(11本)もライトアップされているので、是非巡ってみましょう!一本桜の場所は分かり難いので、出来れば昼間の内に下見しておくのがおすすめです。

開花状況を十分に確認し、河津桜まつりを見頃の時期に撮影しよう!

河津桜まつりの見頃は例年2月下旬ですが、今後の天候の影響も受けますので、記事最後の「この記事の関連MEMO」中の、「2017年河津桜・開花状況」を参照の上、お出かけ下さい。

南伊豆町の「みなみの桜と菜の花まつり」も河津桜で、地域的にも近いので見頃や最盛期も同時期です。「河津桜まつり」に行く際には、南伊豆町の「みなみの桜と菜の花まつり」も忘れずに行きましょう。訪問の順序は混雑する河津町に先に行き、南伊豆町に移動するのがおすすめ。夜桜ライトアップは南伊豆町を先に見て移動すれば、河津町の終了時間21時30分に間に合い、一晩で両方楽しめます!

南伊豆町「みなみの桜と菜の花まつり」については、別記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります)

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ