軽井沢で冬遊び!天然氷の癒しスポット「森のスケートリンク」&ぽかぽかスープの旅

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

軽井沢で冬遊び!天然氷の癒しスポット「森のスケートリンク」&ぽかぽかスープの旅

軽井沢で冬遊び!天然氷の癒しスポット「森のスケートリンク」&ぽかぽかスープの旅

更新日:2015/01/26 11:35

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

軽井沢はスキーよりスケートが盛んな地域。そんな軽井沢に、天然氷のスケートリンクがあるのをご存知でしょうか?
軽井沢の人気観光スポットハルニレテラスから徒歩10分。凍った池を利用して作られたのが「森のスケートリンク」です。小鳥の声や太陽の光に包まれながら滑る天然のスケートリンクは、開放感抜群!また、スケートで冷えた体を温めるのに最適な冬限定イベント“軽井沢 スープの旅”情報も一緒にお届けします♪

冬だけOPEN!自然の恵がもたらす「森のスケートリンク」

冬だけOPEN!自然の恵がもたらす「森のスケートリンク」

写真:安藤 美紀

地図を見る

天然氷の「森のスケートリンク」は、軽井沢 星野エリアにあるトンボの湯から徒歩10分、“野鳥の森”と呼ばれる森のすぐお隣にあります。

「森のスケートリンク」は簡単な整備は行いますが、基本的にはずっと自然のままなんです。屋根は一切ありませんので、天候によってはお休みになることも。太陽の温かな陽射しや小鳥の声を聞きながらスケートをしていると、軽井沢の自然の恵みを感じずにはいられません。

池が凍って自然に作られたという「森のスケートリンク」ですが、気になったのが氷の厚み。
…ここの氷の厚みって、どのくらいあるんですか?
と訪ねてみたところ、1月中旬時点で厚みは20cmくらい。これからどんどん氷の厚みは増していき、1月終わり頃には25cmくらいになるんだとか!

雪が降るごとに、景色も氷の厚みも変化する「森のスケートリンク」。今日はどんな景色に出会えるのか、訪れるたびワクワクできる場所です。

親子で楽しい♪木の椅子を使ったスケート

親子で楽しい♪木の椅子を使ったスケート

写真:安藤 美紀

地図を見る

続いては、「森のスケートリンク」をさらに楽しくしてくれるアイテムをご紹介します。こちら、ローラーも何も付いていない木製の椅子。この椅子を使って滑ると、スケートが苦手な人や小さな子どもでも、椅子がしっかり支えてくれるから上手く滑れるようになります!

お子さんがいる方は、椅子の上に乗せて一緒に滑れば、親子で2倍楽しめるという優れモノ。椅子は無料なので、ぜひ使ってみてくださいね。

天然氷ならでは。氷の中の不思議な世界

天然氷ならでは。氷の中の不思議な世界

写真:安藤 美紀

地図を見る

スケートを満喫したら、足元の氷も覗いてみましょう。
氷の中には、秋頃落ちたと思われる枯れ葉や木の実などが一緒に凍っているんです。すでに終わってしまったはずの季節が、氷の中に見えてくる「森のスケートリンク」。ちょっと不思議な、“もう一つの世界”もお楽しみください♪

<森のスケートリンク>
■期間 開催中〜2015年2月22日まで
■時間 10:30〜16:00
■料金 1人500円

スケートの後にオススメ!冬限定イベント“軽井沢 スープの旅”

スケートの後にオススメ!冬限定イベント“軽井沢 スープの旅”

写真:安藤 美紀

地図を見る

続いては、冷えた体を温めてくれる、とっておきのイベントをご紹介します。
「森のスケートリンク」から徒歩10分、軽井沢のハルニレテラスとハングリースポットで行われている冬のイベントが、“軽井沢 スープの旅”。

このイベントは、軽井沢の冬景色をテーマにした8種類のスープをハルニレテラスやカフェハングリースポットで食べ比べできるというもの。各店舗ごとに個性的なスープが用意されていて、ホッと一息つくのにぴったりです。

写真のスープは、ハルニレテラスのPURE MILK GELATO NAGAI FARMでいただくことができる“永井農場のミルクスープ”。こちらは、 近隣の畑でとれるキャベツ・大豆・クルミなど、野菜がたっぷり入っているから、栄養もバッチリ。野菜不足の方にも嬉しい一品です!

このスープのテーマは“冬眠”。牛乳がベースなので、眠る前に飲んでいただくイメー ジです。スープに使われているキャベツは、なんと雪の下で育ったキャベツなんですよ。眠りから目覚めた甘みたっぷりのキャベツは、格別!ぜひ、お試しください♪

“雪遊び”をイメージした白玉入りぜんざい

“雪遊び”をイメージした白玉入りぜんざい

写真:安藤 美紀

地図を見る

こちらは、カフェハングリースポットでいただくことができる“白玉入りぜんざい”。
軽井沢の冬の情景“雪遊び”をイメージしていて、白玉がまるで雪だるまのよう!さらに、ぜんざいと一緒にスプーンの上に置かれているのは、フワフワの綿菓子。ぜんざいの上に乗せると、まるで本物の雪のようにフワッ〜と溶けていくんです。ちょっと驚く仕掛けの“白玉入りぜんざい”は、目でも楽しめるスイーツですよ♪
※カフェハングリースポットの場所は、星野温泉 トンボの湯のお隣です。

<軽井沢スープの旅>
■期間 開催中〜2015年3月22日まで

遊んで食べて、大満足!冬は、自然豊かな軽井沢へ

新幹線で1時間と、都心から近い軽井沢。冬でも、子どもから大人まで楽しめるイベントがいくつか開催されています。

小鳥たちの声を聞いたり、お日様の心地良い光に包まれたり…。山、森、雪を感じて思いきり滑れるスケートは、気分爽快です!スケートでたっぷり遊んだ後は、軽井沢 スープの旅でほっこりする一時を。
冬の思い出作りに、軽井沢へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -