メキシコ・ティファナのお勧めスポット5選!サンディエゴから日帰りできる国境の街の魅力

| メキシコ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

メキシコ・ティファナのお勧めスポット5選!サンディエゴから日帰りできる国境の街の魅力

メキシコ・ティファナのお勧めスポット5選!サンディエゴから日帰りできる国境の街の魅力

更新日:2017/07/11 18:56

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

アメリカ・サンディエゴのダウンタウンからトローリーに乗って1時間、終着駅の向こうはもうメキシコ・ティファナ。アメリカとは言葉も文化も違うメキシコの街が、サンディエゴから日帰りできる距離にあるんです。
島国育ちの日本人にとって、歩いて国境を渡るなんて未知の世界、わくわくドキドキです。
さあ、日帰りの旅支度を整えて、アメリカとは言葉も文化も違うメキシコのティファナの街をのぞきに行ってみましょう!

ティファナのランドマーク!ウエルカムアーチで記念撮影!?

ティファナのランドマーク!ウエルカムアーチで記念撮影!?

写真:やま かづ

地図を見る

メキシコ入国後、道なりに15分程度歩いていくと、ティファナのダウンタウン、観光の拠点となる目抜き通りであるレボルシオン大通り(Revolicion Avenue)に到着します。

ここには、ティファナのランドマークとしてよく知られているウエルカムアーチがそびえ立っています。いろいろなガイドブックでも写真が載っていますので、印象に残っている人も多いのではないですか。
実際、目の当たりにしてみるとデカイ!観光客がウエルカムアーチと一緒に記念撮影をしようと試みていますが、なかなか難しいようです。人物を入れるとアーチが入らない。アーチを入れると人物がゴマ粒に……。

何はともあれ、信仰の中心「グアダルーペ聖母大聖堂」へ

何はともあれ、信仰の中心「グアダルーペ聖母大聖堂」へ

写真:やま かづ

地図を見る

アーチを超えて右手のバザールを抜けると、セグンダ通り(Segunda Avenue)沿いにティファナに住む人々の信仰の中心、コロニアル建築様式の「グアダルーペ聖母大聖堂(Catedral de Nuestra Señora de Guadalupe)」があります。
たくさんの人がお祈りを捧げるために訪れていますが、雰囲気は至ってオープン。観光客でもちょっとのぞかせてもらうことはできますので、邪魔にならないようにどうぞ。

メルカド(市場)でティファナ市民の日常を発見!

メルカド(市場)でティファナ市民の日常を発見!

写真:やま かづ

地図を見る

メルカド(Mercado)とは市場のこと。大聖堂からセグンダ通りを挟んだ向かいあたりにはそのメルカドがあり、たくさんのお店が軒を連ねています。雑貨、食品、衣料品などなど。ティファナの人たちの日常生活を垣間見ることができます。

メキシコの通貨単位はペソ(Peso)。しかし、ティファナでの表記は“$”となっています。”$13”となっていれば13ペソを意味し、おおよそ1ドル程度の価値です。
ちなみに、ティファナではUSドルが通用しますが、吹っかけられないように買い物時にはレート換算など頭をフル回転させましょう。
また、USドルで払ってもお釣りはペソということもありますので、もし買い物の予定があるのなら、1ドル札をたくさん持っていくことをお勧めします。

シーザーサラダ発祥のレストランで食すはもちろん…

シーザーサラダ発祥のレストランで食すはもちろん…

写真:やま かづ

地図を見る

今やサラダの定番となっているシーザーサラダは、実は、ティファナにある「ホテル シーザー(Hotel Caesars)」併設のレストラン「シーザーズ・レストランバー」から生まれました。

1920年代当時のアメリカは禁酒法が施行されており、アメリカ人がお酒を求めて国境を越えてきました。
そんな折、イタリア系移民のオーナー、シーザー・カルディーニは、大勢のお客さんに対応するために、早くできて、なおかつ、お酒にあう料理としてシーザーサラダを考案しました。その後、そのおいしさはあっという間に評判となり、世界中で愛されるサラダとなりました。

シーザーサラダ発祥のレストランで食すはもちろん…

写真:やま かづ

地図を見る

「シーザーズ・レストランバー」では、シーザーサラダをサービスする際、客席の横にワゴンを運び、目の前で手さばき鮮やかにつくっていきます。そんなパフォーマンスを楽しみながら、おいしくいただくのが元祖シーザーサラダの醍醐味です。

店舗:Caesar’s Restaurante Bar
住所:Revolucion Avenue, 4th and 5th Street,Tijuna
営業:12:00-24:00(開店時間はおくれ気味)
休業日:基本的に毎週水曜日(但し不定休)

買い物するなら、やっぱりココ!スーパーマーケットは外せない!

買い物するなら、やっぱりココ!スーパーマーケットは外せない!

写真:やま かづ

地図を見る

ティファナに住む人々の日常に接するならメルカド(市場)や露天などをのぞいてみるのが一番ですが、いざ買い物するとなるとちょっと抵抗がありますね。
特に食べ物ということになれば、ハエが飛んでいたり、ホコリが舞い上がっていたりと衛生面が気になります。また、吹っかけられてこられないか、USドルでの支払いができるかなど、心配し始めると枚挙にいとまがありません。

そんなときに頼りになるのが現地のスーパーマーケット「カリマックス(Calimax)」です。衛生管理もしっかりしているし、値札販売ですから、吹っかけられる心配はありません。
また、便利なのは支払いにクレジットカードが使えること。メキシコ・ペソの現金が不要なので、USドルしか持っていなくても大丈夫です。それなら面倒な両替をする必要もありませんね。

店舗:Calimax Constitución(カリマックス コンスティトゥシオン店)
住所:Constitución Avenue, Segunda Avenue, Tijuana
営業:無休

行きはよいよい、帰りは???

アメリカからメキシコへ行く場合、出入国にそれほど時間はかかりませんが、メキシコからアメリカへの帰りは覚悟が必要です。
アメリカの入国審査を受けるための列は「GENERAL PUBLIC(一般)」「READY LANE(米国ID所持者)」「SENTRI(簡易通過証所持者)」の3つに分かれていますので、一般旅行者は一番列が延びているであろう「GENERAL PUBLIC」に並ぶことになります。
ラッキーなことに、列が短かければ屋根のあるところから並び始めることができますので、そのあたりからならアメリカ入国まで1時間程度です。しかし、それより後ろなら2時間から4時間は待たなければならないこともあります。

アメリカへの入国には覚悟を決めて、トイレを済ませ、そして天気によっては雨傘、帽子を忘れずに。
気長にやりましょうよ、アミーゴ!!

なお、上記「シーザーズ・レストランバー」の詳細については、下記「MEMO」をご参照ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ