水鳥に襲われる!?潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

水鳥に襲われる!?潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」

水鳥に襲われる!?潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」

更新日:2015/11/03 12:09

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

茨城県潮来市の北浦湖岸「白鳥の里」は、白鳥や鴨やユリカモメなど水鳥との触れ合いが楽しい無料の観光スポット。米やパンの餌を持参して行くと、水鳥が興奮して至近距離で催促する様子が「鳥に襲われる」ように見え、ヒッチコックの恐怖映画「鳥」を連想する程。一風変わった絶景に驚かされます。

実際、餌をあげると水鳥に囲まれ怖いので、餌をあげる様子を見る方がお勧め。週末なら餌をあげる人も多く、頻繁に楽しめます。

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」は白鳥飛来地

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」は白鳥飛来地

写真:藤田 聡

地図を見る

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」は白鳥飛来地の一つで、2015年も100羽弱のオオハクチョウの飛来が確認されています。しかし、渡り鳥のオオハクチョウは日の出とともに行動開始し、餌を求めて飛び立ってしまいます。

渡りをしないコブハクチョウも住み着いているので、昼間行ってもコブハクチョウは居て、「白鳥の里」と呼ぶに相応しい景観が広がります。なお、クチバシが黄色いのがオオハクチョウで、クチバシがオレンジ色で人間で言えば鼻がある場所にコブがあるのが、コブハクチョウです。

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」は上陸可能

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」は上陸可能

写真:藤田 聡

地図を見る

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」は遠浅で上陸可能になっており、白鳥や鴨が上陸して来ます。しかし、上陸するか否かは白鳥や鴨の気分次第なので、上陸していない場合もあります。

もう一箇所、北浦に向かって右手にもスポットがあり、一枚目の写真はそこで撮影したものです。白鳥は気分次第で、こちら側に居る時もありますが、水深が深く子供には危険なので、子供連れの方は遠浅の方に白鳥が来るまで気長に待って下さい。

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」で水鳥に襲われる!?

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」で水鳥に襲われる!?

写真:藤田 聡

地図を見る

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」は無料の観光スポットで売店等は無く、トイレも仮設があるだけです。餌は米かパンですが、付近にコンビニも無いので、事前に購入して持参する必要があります。

餌を持っている事が分かると、水鳥が大興奮して近寄ってきて催促し、取り囲まれます。その様子は、水鳥に襲われているように見える程で、実際餌をあげる人も恐怖で体を後ろに引いたり、鳥を避ける様子も見られます。なお今回掲載した写真は、当然ですが、合成等は一切しておりません。本当に、このように水鳥と触れ合えるのですから、まさに圧巻です!

美しい容姿とは裏腹なユリカモメの本性

美しい容姿とは裏腹なユリカモメの本性

写真:藤田 聡

地図を見る

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」では、白鳥が主役のはずですが、特に印象に残るのはユリカモメです。容姿が美しく華やかなので、空にユリカモメが舞っている写真が一枚撮れると、それ以降、空にユリカモメが居ない写真を写しても失敗作にしか見えない程。よって今回の写真も、全て空にユリカモメが舞っている写真を掲載しました。

美しい容姿とは裏腹にユリカモメの本性は凶悪で、鴨や白鳥から餌を横取りする様子を頻繁に目にします。餌を持っている人に襲い掛かるように催促するのもユリカモメです。見た目と違って、カラスのようにずる賢い事が分かります。

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」での注意点

潮来市・北浦湖岸「白鳥の里」では、水鳥と至近距離で触れ合えますが、実際には鳥に触れないよう注意しましょう。鳥インフルエンザは人間には感染しませんが、新型が発生した場合には感染する恐れもあるので、用心に越したことはありません。

また駐車スペースが狭く、とても縦に停められないように見えるのですが、一台でも多く停められるよう縦に白線が引いてあるので、白線に沿って駐車して下さい。住み着いているコブハクチョウも居るので通年楽しめますが、オオハクチョウに会える可能性もあるので、冬が断然お勧めの季節です。

なお渡り鳥のコハクチョウが1000羽以上飛来する、関東を代表する千葉県印西市の飛来地については、別記事「【たびねす】白鳥飛来数1000羽以上!千葉県印西市・本埜『白鳥の郷』」(記事最後の「MEMO欄」にリンクあり)で詳細に紹介しましたので、是非ご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ