レストランにはない味!ベトナムで食べる食堂グルメ5選

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

レストランにはない味!ベトナムで食べる食堂グルメ5選

レストランにはない味!ベトナムで食べる食堂グルメ5選

更新日:2015/01/27 14:03

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

海外旅行に来たら、普段よりも財布の紐を緩めて贅沢な料理を堪能したいと考えるものです。しかし、値段が高ければおいしいわけでもありませんし、観光客で賑わうお店というのは、外国人向けに味付けを変えている場合もあります。一方ローカルな雰囲気が漂う食堂では、昔と変わらずの味を今に保ち、世代を超えて現地人に親しまれています。今回は、ベトナム旅行でこれだけでは食べておきたい食堂料理を5つ、厳選してご紹介します!

ブロークンライスがベトナム流。「コムタム」は最も有名なローカルフード

ブロークンライスがベトナム流。「コムタム」は最も有名なローカルフード

写真:古川 悠紀

地図を見る

ベトナムといえばフォーのような麺料理をイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、ベトナムの主食は日本と同様で白米となります。

こちらの料理は日本名で「砕きご飯」。お米を三分の一程度に砕いたご飯は、ぽろぽろとした食感で食べやすく、また、ベトナム人はご飯の上に惣菜をのせるので、タレがご飯に染み込み、かきこみやすいです。

ベトナム語では「コムタム(Com Tam)」と呼び、食堂の店名にもよく使われているので、見つけるのはさほど困難ではないでしょう。

名称:コムタム77(Com Tam77)
住所:77 Bui Vien St. Dist.1. Ho Chi Minh

ベトナム麺はフォーだけではありません!脂っこいのが好きな方は要チェック!

ベトナム麺はフォーだけではありません!脂っこいのが好きな方は要チェック!

写真:古川 悠紀

地図を見る

ベトナムの三大麺といえば、「フォー」、「ブン」、「フーティウ」を挙げる人がほとんど。その中でもフーティウ(Hu Tiu)は、フォーやブンよりもコシがある麺で、豚骨ベースの甘味のあるスープ。多少脂っぽいのが特徴です。レタスやもやし、ニンニク、骨付き豚肉などを具に入れます。

フーティウは南部の名物とされているため、北部ハノイ方面ではあまり見かけません。ホーチミン観光の際は是非試食してみてください。

名称:ニューイー(Nhu Y)
住所:21 Xuan Hong St. Dist.Tan Binh. Ho Chi Minh

ハノイ料理なら「ブンチャー」がおすすめ。さっぱり味は女性に人気!

ハノイ料理なら「ブンチャー」がおすすめ。さっぱり味は女性に人気!

写真:古川 悠紀

地図を見る

ブン(Bun)はベトナム人にとってはフォーよりも親しまれている麺です。フォーは作るのに手間がかかることから、家庭では作りません。しかし、ブンは生春巻きの具として使ったり、ヌクマムを垂らして食べたりと、バラエティーに富んだ食べ方があるため、家庭料理の食材としても重宝されています。

多彩なブン料理の中でも、今回おすすめするのがブンチャーハノイ。ベトナム風つけ麺です。若干酸味がかかったヌクマムベースのタレに、ブンを浸して食べます。ホーチミンではかき揚げと一緒に食べるのが定番です。
ハノイ食堂の王道ともいえる一品。

名称:ブンチャーホークオム(Bun Cha ho cuom)
住所:135 Vo Van Tan St. Dist.3. Ho Chi Minh

ベトナム人が愛する肉は牛肉?いいえ、「ヤギ肉」です

ベトナム人が愛する肉は牛肉?いいえ、「ヤギ肉」です

写真:古川 悠紀

地図を見る

日本人がよく食べるお肉は牛肉、豚肉、鶏肉かと思います。しかし、ベトナムでは違います。ベトナムで最も親しまれているのは「ヤギ肉」。家庭料理では豚肉や鶏肉、アヒル肉が使われますが、食堂で人気なのはなぜかヤギなんですね。

ヤギ肉(Thit De)は炒めたり、鉄板で炭火で焼くのが一般的。最も人気の部位は「乳房(Vu)」。柔らかく、こりっとした新しい食感です。そのほか、ヤギの脳みそなども食堂のメニューにはありますが、感染症ウイルスの危険があるため避けるのが無難です。

名称:ドックユーン(Duc Duong)
住所:607/2/12 Tan Son St. Dist.Go Vap. Ho Chi Minh

食堂で欠かせない料理が「鍋」!ベトナム人はみんな大好き!!

食堂で欠かせない料理が「鍋」!ベトナム人はみんな大好き!!

写真:古川 悠紀

地図を見る

常夏の国のベトナムで「なぜ鍋?」と思うかもしれませんが、ベトナムでは一人鍋が流行るくらい鍋が人気。昼時はスーパーのフードコートで鍋をつつくビジネスマンもたくさんみられます。

写真のこちらは鶏肉を一匹丸ごと入れた鍋で、値段は約700円。ちなみに日本では締めはご飯を入れて雑炊を作りますが、ベトナムではインスタント麺かたまご麺を入れます。

名称:クワン96 ラウ&ヌン(Quan 96 Lau & Nuong)
住所:117 Vo Van Tan St. Dist.3. Ho Chi Minh

おわりに

今回ご紹介した料理は、主に食堂で食べることができます。一部のレストランでもメニューにはありますが、もともとがローカル及び家庭料理のため、やはり食堂で食べるのが一番おいしい印象です。

もしメニューがベトナム語表記しかない店であれば、他のお客さんが食べている料理を指差して伝えてるのが効果的です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ