ハワイ・ヒルトン隣のお勧めホテル『アクア・パームズ・ワイキキ』

| ハワイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ハワイ・ヒルトン隣のお勧めホテル『アクア・パームズ・ワイキキ』

ハワイ・ヒルトン隣のお勧めホテル『アクア・パームズ・ワイキキ』

更新日:2015/01/26 18:41

高橋 樂のプロフィール写真 高橋 樂 旅行ブロガー

ハワイ・ヒルトンハワイアンビレッジ近くのお勧めホテルは、大通りを挟んで向いにある『アクア・パームズ・ワイキキ』。こちらは清潔、親切、安全、良設備、好立地にしてリーズナブルなカジュアルなタイプのホテルです。女子一人旅や、個人マイレージ旅でヒルトンに宿泊する友達と現地合流する方にも最適です。ヒルトンを通り抜けるとデューク・カハナモクビーチもすぐ。朝食は1階『IHOP』でパンケーキはいかが?

全てに丁度いいホテル

全てに丁度いいホテル

写真:高橋 樂

地図を見る

個人旅行の場合、ホテル選びは旅行の醍醐味であると同時に、悩ましくもあるもの。交通の便、立地、清潔さ、水回りなどの設備、安全、親切、wifi、周辺の充実度、そして価格。どれもそこそこ良いところがいいですよね。

ハワイ・オアフ島、アラモアナ地区でその条件にピッタリ当てはまるのは『アクア・パームズ・ワイキキ(Aqua Palms & Spa)』。ヒルトン・ハワイアンビレッジをアラモアナ大通りを挟んで向いにあり、カジュアルで気取らない雰囲気の3つ星ホテルです。各ホテル予約サイトの評判も上々ですよ。

特に、マイレージ旅の方で、別ツアーのヒルトン・ハワイアンビレッジ宿泊の友人達と現地合流する、なんていう方にはピッタリですね。真隣なのですぐに合流できますよ。また、清潔・安全な雰囲気なので女子一人旅にもお勧めです。

また、アラモアナ・ショッピングセンターへの無料シャトルサービスがあったり、無料トロリーバス乗り場もすぐそばで交通の便はかなり良いです。ハワイ・コンベンションセンターへは徒歩約15分の近さ。近くにはハワイのコンビニ、ABCストアもいくつかあり、ちょっとした買い物にも便利です。

ただこちらは、日本人宿泊客が少なめで日本語は通じません。でも、物は考え様!その分、海外気分を存分に味わえます。

自分の部屋のように居心地の良いお部屋

自分の部屋のように居心地の良いお部屋

写真:高橋 樂

地図を見る

ホテルは古めで、床が傾いている部屋もありますが、リノベーションが行き届いているのであまり気になりません。清潔感があり居心地のよいお部屋です。

ミニ冷蔵庫、電子レンジ(上部戸棚の中)地元産コーヒー付きコーヒーメーカーも備え付けられているので、近所のABCストアやスーパーで買った食材を朝食や夜食として美味しく頂けます。ハワイの水道水は飲めるのでコーヒーに使っても問題ありませんが、気になる人はミネラルウォーターを買ってきましょう。無料WIFIも快適に繋がります。

ダブルベッドも部屋によっては、広々キングサイズです。スプリングも問題なく快適です。エアコンの室温調整も行き届いています。
他の調度品は大き目ソファ、テーブル椅子、引出箪笥、壁に備え付けの大型テレビです。カジュアルな雰囲気で統一されているので、自分の部屋のように落ち着けます。

バスルームは広くて清潔。タオルやシャンプー・コンディショナー・ボディーソープはもちろん完備。シャワーは固定式で、少々洗いづらい面もありますが、お湯の温度や出る量には全く問題ありません。

ホテルスタッフも、フロント、ベルボーイ、ルームメイキングの方に至るまで皆フレンドリーで、目が合うと笑顔で挨拶してくれます。そういったところも居心地が良さの1つですね。
また、フロントスタッフは、日本語は通じませんが、こちらが少々たどたどしい英語でも熱心に聞いてくれて、わかるまで教えてくれます。

エレベーターには、随時ホテルやオアフ島のイベント情報が掲示されているので要チェックです。思いがけず良い思い出ができるチャンスがあるかも!

お勧めはダイヤモンドヘッドビューのお部屋

お勧めはダイヤモンドヘッドビューのお部屋

写真:高橋 樂

地図を見る

こちらのホテルは、2階・3階は駐車場で4階以上が客室です。お部屋の種類は、部分的に海が見えるパーシャルオーシャンビュー、ダイヤモンドヘッドビュー、シティビューの3種類です。料金もこの順です。

この中でお勧めは、ダイヤモンドヘッドビューのお部屋。特に上層階でラナイ(バルコニー)付きのお部屋は素敵です。
朝、ラナイで清々しい朝日を浴び、ダイヤモンドヘッドを眺めながら朝食を頂くのはとても気持ちいいですよ。部屋によってはラナイからビルの合間に海が見えます。ダイヤモンドヘッドビューの部屋なのに、パーシャルオーシャンビューもできてしまうのはお得ですよね。

予約の際、是非「できれば上層階、ラナイ付き、眺めの良い部屋希望」というリクエストをしてみましょう。希望が叶えばラッキーです。

朝食はホテル1階パンケーキのお店『IHOP』はいかが?

朝食はホテル1階パンケーキのお店『IHOP』はいかが?

写真:高橋 樂

地図を見る

ホテルには朝食はついていませんので、朝食は近所のABCストアなどのコンビニで調達するか、食べに出なければいけません。
そこで、一度は行って頂きたいのが、ホテル1階にあるアイホップ(IHOP)というお店です。

店名は、「I (インターナショナル) H (ハウス) O (オブ) P (パンケーキ)」という意味で、基本的にはパンケーキのお店です。
そのため、テーブル設置のシロップは、定番のメイプル・シロップからストロベリー、ブルーベリー、バターピーカンと4種類もあります。色々な味を楽しめるのがいいですね。
パンケーキもプレーンなものからフルーツやチョコにナッツ、クリーム一杯のものまで様々、メニューは迷うほど多いですよ。
パンケーキの外には、クレープも美味しいです。他は、卵にベーコン、ソーセージ、ハッシュドポテト等とおかず系の料理も沢山あり、朝食にランチに幅広く利用して頂けます。

店は広々していて大家族の方も利用しやすいです。店員は手際よく注文を聞きに来てくれますからあまり待つことはありません。
こちらはJCBカードの割引クーポンなど、色んな情報媒体でクーポンが発行されています。お持ちの方は是非ご利用ください。

他は、値段は少々張りますが、景色抜群で豪華なヒルトンのビュッフェ朝食もお勧め。レインボーラナイなど数か所あります。ワンランク上の味が楽しめますよ。

最寄ビーチはヒルトン前、2014全米1位獲得『デューク・カハナモクビーチ』

最寄ビーチはヒルトン前、2014全米1位獲得『デューク・カハナモクビーチ』

写真:高橋 樂

地図を見る

こちらのホテルは屋上にプールがありますが、隣のヒルトンを通り抜けると、2014年全米ベストビーチに輝いた『デューク・カハナモクビーチ※』がありますので、是非そちらを訪れてみてください。ゆっくり歩いても約15分で到着できます。

ビーチに行くのにお勧めの時間帯は、静かな早朝と夜です。
早朝に行かれる方は是非水着でどうぞ!人もまばらで、水の冷たさをちょっぴり我慢すれば、つかの間、ビーチ独り占めの贅沢な時間を楽しめます。ダイヤモンドヘッドから昇る太陽を浴びれば体の奥から癒され、元気が湧いてきますよ。日の出時間のチェックは忘れずに!
夜は、波の音しか聞こえない静寂が広がります。ビーチ沿いのホテル群の灯りが何ともロマンチック、カップルの方にはお勧めです。

また、ヒルトンハワイアンビレッジは、多数のお店やレストランがあり、宿泊客ではなくてもいつでも自由に出入りできて楽しい場所ですので、お気軽に出かけてみてください。

※このビーチの詳細は、下記MEMOたびねす記事「全米ベストビーチ1位!ワイキキ『デューク・カハナモクビーチ』」に詳しくご紹介しています。ご参考ください。

まとめとその他

『アクア・パームズ・ワイキキ』は、オアフ島アラモアナ地区、ヒルトン・ハワイアンビレッジの真横にあるカジュアルタイプのホテルです。交通の便、立地、清潔、安全、設備、料金全てにおいて丁度いいホテル。女子一人旅や個人マイレージ旅でヒルトンに宿泊する他の友人と現地合流する方などに特にお勧めです。
朝食は1階のパンケーキ店『IHOP』がお勧め、ヒルトン前、2014年全米ベストビーチに輝いた『デューク・カハナモクビーチ』へは、徒歩約15分です。

■『Aqua Palms Waikiki』基本情報
住所: 1850 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96815 アメリカ
電話: +1 808-954-7424

■その他
・事前にホテルへ荷物を送付するなら、到着日まで預かってくれます。
・メールはすぐに丁寧な返事があるので安心です。
・フロントには、レモン水、ウェルカムフルーツの無料サービスがあり美味しいですよ。有料のコーヒーメーカーもあります。
・毎週水曜夜には、ロビーにて支配人主催カクテル&ハワイアンミュージックのレセプションが開催されます。
・近くにABCストア、ファミレスもあります。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/07−2014/03/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ