お寺のカフェで写経体験!高崎白衣大観音「一路堂 CAFE」

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

お寺のカフェで写経体験!高崎白衣大観音「一路堂 CAFE」

お寺のカフェで写経体験!高崎白衣大観音「一路堂 CAFE」

更新日:2015/02/09 16:04

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

高崎のシンボル・白衣大観音。そんな観音様と同じ境内にある、素敵なカフェをご紹介します。今回ご紹介する「一路堂 CAFE」は、なんと写経体験ができるカフェ。静かな空間で一筆一筆に集中する時間は格別なもの。心が静かに整ってゆく、特別な時間をお過ごしください。
もちろん、カフェ利用だけでもOKです。お抹茶や珈琲、スイーツをいただきながら、「お寺ならでは」の心穏やかな時間を過ごしてみませんか。

高崎のシンボル「高崎白衣大観音」

高崎のシンボル「高崎白衣大観音」

写真:下川 尚子

地図を見る

「一路堂 CAFE」があるのは、高崎観音山丘陵に位置する「慈眼院」の境内。ここには、今回ご紹介する一路堂(いちろどう)のほか、本堂(高崎千体観音堂)、大師堂、光音堂、そして大観音像があります。高さ41.8mの大きな観音様は、街のあちこちから仰ぐことのできる存在。高崎の観光名所であり、シンボルといえます。

観光で訪れる方も多い高崎白衣大観音ですが、その境内にカフェがあることは意外に知られていません。本堂の脇に「一路堂」の扁額がかかった門がありますので、そこを通ってしばらく階段を下りると、一路堂が見えてきます。

自然の中、静かにたたずむ一路堂

自然の中、静かにたたずむ一路堂

写真:下川 尚子

地図を見る

一路堂が建てられたのは40年ほど前のこと。以前は慈眼院の行事などで使用されていましたが、現在はカフェとして利用されています。

周辺は森で、木々に囲まれて建つ一路堂は趣のあるたたずまい。鳥の声を聞き、自然の風を感じながら一路堂へ向かうだけで、非日常へ誘われるよう。ちょっとした「隠れ家」のような風情です。

穏やかな時間を過ごせる店内

穏やかな時間を過ごせる店内

写真:下川 尚子

地図を見る

店内には、テーブル席とお座敷風の席が30席ほど。窓が広く取られており、静かな空間ながら開放感も感じられます。窓からは四季折々の自然の姿が見られ、冬は雪景色が美しく、桜や紅葉などの季節も見ごたえがあります。

和と洋がほどよくミックスされた、心地よい空間。肩の力を抜き、しばし日々の喧噪を忘れてリラックスしましょう。

季節の和菓子を楽しむ時間

季節の和菓子を楽しむ時間

写真:下川 尚子

地図を見る

写真は、お抹茶と季節の和菓子セット。上品な甘さの和菓子を楽しみながら、お抹茶を一服いただく時間は格別です。お茶や和菓子だけでなく、メニューには珈琲や洋風のスイーツも。和の器を使った美しい盛り付けは、このカフェの「和モダン」な空気にぴったり。こちらも、ぜひお試しください。

ランチは週替わりで提供されています。「精進」をベースに野菜中心で作られており、優しい味が特徴。ランチはなくなり次第終了となりますので、事前の予約をオススメとのこと。慈眼院で行われるイベントや季節に合わせて、限定メニューが出ることもありますので、ぜひチェックしておきたいですね。最新のメニューについては、お店のfacebookをご確認ください。

カフェで体験する写経とは?

カフェで体験する写経とは?

写真:下川 尚子

地図を見る

このカフェには「写経専用」のお部屋が設けられており、ここで写経体験ができます。

トライできるのは3種類で、目安の時間は約15分、30分、1時間。お時間に合わせて選ぶことができます。写真は、「延命十句観音経」というもので、目安は15分。静かな写経部屋で背筋を伸ばし、一字一字に集中すると、不思議と心が静かになっていくのを感じるのではないでしょうか。

15分のものは、比較的気軽に取り組むことができます。もし「思いっきり写経したい!」という方は、ぜひ1時間の般若心経にチャレンジを。

どの種類を選んでも、体験料は500円。道具などはすべて用意されており、持参は必要ありません。ただ、ランチ時間に当たる11時半〜14時には写経体験はできませんので、それ以外の時間に訪れるようにしましょう。

リセット&リラックスしたい時間に

皆さんは、どんなときにカフェに行きますか?友達とおしゃべりしたいとき、おいしいスイーツを食べたいとき、そしてリラックスしたいとき。目的は、そのときによって違いますよね。

「一路堂 CAFE」は、気持ちをリセットしたいとき、心からリラックスしたいときにおすすめの場所。自然に囲まれたカフェで穏やかに過ごすと、それだけで心が落ち着く方は多いのではないでしょうか。

また、気軽に写経にトライできる場所はなかなかありませんので、「やってみたい!」という方は、ぜひお試しを。店員さんに声をかければ、写経部屋へ案内してくれます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ