雨が降っても大丈夫!鳥取砂丘の5つの遊び方

| 鳥取県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

雨が降っても大丈夫!鳥取砂丘の5つの遊び方

雨が降っても大丈夫!鳥取砂丘の5つの遊び方

更新日:2015/01/26 10:26

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

日本最大規模の鳥取砂丘は鳥取県を代表する観光スポット。真っ青な空と砂丘のコントラストを楽しんだり、どこまでも広がる砂の上を裸足で歩いたり、砂丘の向こうに広がる雄大な日本海を見たりと、晴れていないと観光できないと思っていませんか。
そんなことはありません!くもりや雨の日ならではの風景が見えたり、遊び方ができたりするんです。
いろんな遊び方ができる鳥取砂丘の5つの遊び方を教えましょう!

天気によって変わる砂の形

天気によって変わる砂の形

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

まずは、鳥取砂丘についてのちょっとした豆知識から。
砂丘と砂漠は同じもののように思われがちですが、まったく違います。
砂漠は高温による乾燥で水分が蒸発し、砂になる現象。砂丘は、もともとあった砂が海風や山風により運搬され、堆積してできます。鳥取砂丘は、何十万年もの月日をへて今の形になったと言われています。

鳥取砂丘では、さらさらの砂の上を歩いたり、風で砂が運ばれることによってできる美しい砂のアート、風紋を見るのが楽しみの一つ。しかし、風紋は晴れの日が続かないと見れませんし、風も心地よいくらいに吹いていないと美しい形をみせてくれません。ただ、晴れの日に風紋があるように、雨の日にも雨ならではの砂のアートがあるんです。

その一つが写真の「砂簾(されん)」。雨が降り、砂が湿った後、乾いていくと、砂粒が固まって斜面を滑り落ち、その形が簾(すだれ)のように見えることから名づけられました。砂丘の上のほうを歩いていると、自分の体の重みで砂がすべり、どんどん砂簾が作られていきます。砂のなだれのようなものですね。
さらに、雨が降って海からの強い風が吹くと、「砂柱」と呼ばれる、砂が角状に立っている荒々しい景観を見ることができます。台風が通過した後にいくとよくみられる現象です。
軽い通り雨のあと、強風が吹くと乾いた砂と湿った砂が交互にでき、縞模様のような景色が見られることも。

晴れの日には見られないこういった砂のアートをぜひ堪能してみてください。

ラクダや馬車にのってのんびり観光

ラクダや馬車にのってのんびり観光

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

鳥取砂丘に行くと、目の前に砂の山があり、見ているだけだと簡単に登れてしまいそうな気がしますが、やはりそこは砂。二歩進んで、三歩さがるのは当たり前。かなりの体力を使います。また、雨の日は傘をさしながら歩かなくてはいけないため、以外と大変。

そこで、体力に自信のない方、のんびり楽に砂丘を見たい方におススメなのが馬車です。乗合いの屋根付き馬車は快適そのもの。20分かけて砂丘を一周してくれます。しかも、鳥取砂丘に詳しいベテランガイドさんが、先ほど紹介した、風紋や砂簾が美しく見えるスポットにも案内してくれます。
もうちょっとワイルドに観光したいわという方はラクダにのって観光もできますよ。

●馬車
営業時間:9:00-16:00
料金:1000円

●ラクダ
営業時間は馬車と一緒
料金:1人乗り1800円、2人乗り3000円

鳥取砂丘あれこれが一度にわかる「鳥取砂丘ジオパークセンター」

鳥取砂丘あれこれが一度にわかる「鳥取砂丘ジオパークセンター」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

実は雨でも風紋が見られる場所があるんです。それが鳥取砂丘駐車場そばにある「鳥取砂丘ジオパークセンター」。
鳥取砂丘の成り立ちを標本や映像で見られたり、鳥取砂丘に関する情報や歩き方マップなどを無料配布しています。

砂丘に関するQ&Aを実験しながら見ることができるのが魅力のこの施設。たとえば、風紋発生風洞では、風紋が発生する様子を実際の砂を動かしながら再現。なかなかの見応えです。また、馬の背と呼ばれる鳥取砂丘の山がありますが、この勾配はなんと35度。エジプトのピラミッドが51度で、白馬にあるスキージャンプ台が36度と言われているので、かなりの急勾配なのがわかります。

その他、世界の砂漠の砂との違いや砂丘に生息する植物、珍しい動物の解説もあって鳥取砂丘について学べるものがたくさんあります。

また、センターの前には足洗い場もあるので砂丘観光後の砂落としにとっても便利。
観光前後にぜひ立ち寄りたい施設です。

鳥取砂丘 砂の美術館は圧巻の展示物

鳥取砂丘 砂の美術館は圧巻の展示物

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

雨でも遊べるといったら屋内展示の美術館。
鳥取砂丘には、世界初の砂像展示専門の砂の美術館があります。毎年、テーマを変え、砂で作られた彫刻を壮大なスケールで展示しています。

2009年度からは「砂で世界旅行」をテーマにさまざまな地域の有名な建造物や動物、人などを砂で再現。精巧な作りと圧巻のスケールで目を奪われます。

2015年度は4月18日から「ドイツ編〜中世の面影とおとぎの国を訪ねて〜」が始まるのでお楽しみに!

また、館内には鳥取砂丘の観光案内、地元特産品の販売もしているのでお土産選びにも最適です。

※写真は2013年度の東南アジア編
※1月初めから4月中旬は次回展示作品の制作のため休館

砂丘観光のあとのスイーツは梨ソフトクリーム!

砂丘観光のあとのスイーツは梨ソフトクリーム!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

「鳥取砂丘ジオパークセンター」の駐車場をはさんで向い側にあるのが、お土産やレストランが入っている「鳥取砂丘会館」。

このお店の名物は、鳥取名物「梨」を使った梨ソフトクリーム。梨のさっぱりとした甘さと梨のつぶつぶがシャーベットのような食感にも感じる他にはない味わい。
また、このお店オリジナルの梨ジュースも梨の甘さを感じつつも爽やかな味わいで一気に飲んでしまえるおいしさ。

鳥取県内のさまざまなお土産のほか、9月上旬の梨の旬の時期には、梨の販売もしているので、お土産にどうぞ。

入場時間、入場料はあるの?

鳥取の一大観光地の鳥取砂丘ですが、入場料は無料です。そして、入場時間も特にないので、いつでも入場できます。
朝、昼、夕日と時間帯によって風景が変わる砂丘をじっくり堪能してくださいね。
ただし、夜は照明がなく、真っ暗になるのでご注意ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -