嵐電嵐山駅には観光案内をするクロネコヤマトの宅急便がある!

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

嵐電嵐山駅には観光案内をするクロネコヤマトの宅急便がある!

嵐電嵐山駅には観光案内をするクロネコヤマトの宅急便がある!

更新日:2015/03/27 12:57

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

京都の人気観光スポット嵐山。その嵐山と京都市内中心部とを結ぶ「嵐電」の嵐山駅の中にはとても珍しいものが!それは日本に数軒しかないという”観光案内をするヤマト運輸の営業所”。荷物の発送だけでなく、観光すらもナビゲートしてくれる駅ナカヤマトの宅急便!そして嵐山観光をスムーズにできる裏ワザもご紹介します。

嵐山観光の拠点、嵐電・嵐山駅

嵐山観光の拠点、嵐電・嵐山駅

写真:bow

地図を見る

京都の代表的な観光地・嵐山。その中心であり、拠点でもあるのが嵐電こと京福電車の嵐山駅。嵐電は市内中心とのアクセスが良く、またどこまで乗っても均一の低運賃も魅力です。

そんな嵐電の嵐山駅は単なる駅ではなく、「はんなりほっこりスクエア」という名の憩いの場として様々な店舗や京友禅を使った『キモノフォレスト』などで観光客を迎えています。

改札口を廃したこの駅はホーム内にも数軒店舗が出店。電車を利用しない人でも自由に駅構内を利用することができます。

駅ナカにあるヤマト運輸は観光案内所!?

駅ナカにあるヤマト運輸は観光案内所!?

写真:bow

地図を見る

自由に出入りできるホーム内には飲食店やお土産品店舗と並んで、ヤマト運輸の営業所があります。そんなに駅の中から観光客が荷物発送するのかと疑問に思われる方もいるかと思いますが、実は嵐電嵐山駅のヤマト運輸は日本でも数える程しかない”観光案内所機能”を持たせた店舗なのです。

荷物の発送はもちろん、手荷物の一時預かりも行い、英語・中国語による観光案内も行い、増加する外国人観光客にも対応しています。

このような観光案内所機能を持たせたヤマト運輸の店舗は、大阪難波OCATや金沢の香林坊など、観光の起点になるような地区の店舗にあるものの、全国的にもみても非常に珍しい店舗なのです。

手ぶらで観光しよう!

手ぶらで観光しよう!

写真:bow

地図を見る

店内には観光に役立つ資料が豊富に置かれていますので、何も調べずに現地まで来てしまった人には心強い味方になってくれます。自動販売機も置かれていますので一息つきながら作戦会議をするのもアリ!当然、スタッフの方にも色々と情報を聞くのもおすすめです。

また、魅力的なお土産店がひしめく嵐山。ついついお土産買い過ぎた!ということもあるでしょう。八ッ橋やお漬物などは意外に重さがある為、持って帰るのは一苦労です。そんな時は大人しくここから送ってしまうのも一つの手。旅行は荷物を減らしてスマートにしたいところですね。

知っておきたい裏ワザ!当日にホテルに荷物が届く!

知っておきたい裏ワザ!当日にホテルに荷物が届く!

提供元:京福電鉄株式会社

http://randen.keifuku.co.jp/

また、荷物を携えて嵐山に来てしまった人にぜひ覚えておいてほしい裏技!それは、この嵐山駅のヤマト運輸から発送する荷物が京都市内の右京区・上京区・中京区・下京区・東山区のエリアには発送当日に荷物が届くということ。

つまり、手持ちの荷物をその日のうちに宿泊するホテルに送ってしまうことが出来るのです!平日は午後4時までに発送すれば配達可能!土日祝日は12時までに発送すればOKです。

どうしても嵐山・嵯峨野は観光客の多いエリア。嵯峨野の竹林などは人の写っていない写真を撮るのは至難の技ですし、せっかくのお寺巡りも静かな朝のうちにしてみたい、などという悩みはつきもの。そこで、朝イチに嵐山へ入り重たい荷物はホテルへ直送してしまうという手があるのです。キャリーバッグを転がしながら観光するのは大変ですし、コインロッカーに預けるくらいなら送ったほうがお得です!

上手く使って観光上手!

京都でも珍しい、駅ナカにあるヤマト運輸。嵐山という一大観光地をじっくり楽しむためにも存分に活用してみてください。特に荷物の当日配達は非常に便利なので、京都到着と同時に嵐山へ入り、荷物をホテルへ送って手ぶらで散策するというスタイルがおすすめ!旅行中に自分の荷物を宿に送るという発想はなかなか無かったかもしれませんが、ちょっとスマートな嵐山観光に利用してみてはどうでしょうか!?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ