シンガポールでお得に買いたい!カラフルなプラナカン食器

| シンガポール

| 旅の専門家がお届けする観光情報

シンガポールでお得に買いたい!カラフルなプラナカン食器

シンガポールでお得に買いたい!カラフルなプラナカン食器

更新日:2015/03/13 15:18

北ノ峰 セイコのプロフィール写真 北ノ峰 セイコ

ベネチアングラス、台湾茶器のように、旅先で思い出とともにぜひ持ち帰りたいと思える食器がありますが、シンガポールにもそんな食器があることをご存知ですか?

「プラナカン食器」と言われる陶器で、おみやげとしても定番品。マグカップ1つで30ドルほどと、気軽にたくさん買えるほどのお値段ではありませんが、シンガポール中心部よりも少しお安くゲットできる場所がありますので、ご紹介いたします。

カラフルな陶器に一目ぼれ!

カラフルな陶器に一目ぼれ!

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

多文化の国・シンガポールらしいものとして挙げられるのが「プラナカン」と呼ばれる文化。貿易の拠点としてさまざまな地域の出身者が集まった結果、中華文化とマレー文化をベースにアジア各地やヨーロッパ文化のエッセンスが融合して、プラナカン文化が生まれました。

中でも独特な色使いの食器は「プラナカン食器」「ニョニャウェア」などと呼ばれ、装飾品としても人気があります。パステル調のカラフルな色使いは華やかで、一点だけでも存在感があります。

※写真はプラナカン博物館内ショップの食器類

1940年代から始まった窯元

1940年代から始まった窯元

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

そんなプラナカン食器を、シンガポールの中心部よりも1〜2割はお安く購入できるのが1940年代から陶器製作を始めた窯元の「陶光(Thow Kwang Pottery Jungle)」。

残念ながら、1980年代に陶器製作は終了し、現在では、陶器の販売や作品作りのワークショップの場を提供するところとなっています。

写真はワークショップで使われるエリア。陶器製のスツールが気分を盛り上げてくれそうです。(ワークショップのスケジュールはフェイスブックで確認できますので、興味のある方はチェックしてみてください)

お気に入りの一点を探そう!

お気に入りの一点を探そう!

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

入口を入るとすぐにあるのがたくさんの陶器が並ぶショップエリア。タイやベトナムの食器、中国本土からの大きな壺などもありますが、やはりシンガポールならではのプラナカン食器のコーナーが充実しています!

カラフルなお皿、ポット、つまようじ入れ、箸置きなどは、置いてあるだけで華やぐ存在感。アウトレットではないのに、どの商品もシンガポール中心部よりも安く購入することができます。絵柄は手描きのため、同じデザインでも少しずつ違いがあるので、じっくり見てお気に入りを探してみてください。

装飾品として楽しむプラナカン食器

装飾品として楽しむプラナカン食器

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

プラナカン食器は、カラフルな色使いゆえ、飾っておくだけでも華やかで素敵。装飾用に額にセットされたものも販売されています。もちろん、このディスプレイを参考にして、自分でアレンジしてみるのもおすすめですよ。

窯元のシンボル、登り窯「龍窯」

窯元のシンボル、登り窯「龍窯」

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

ショッピングのあとに、忘れずに見ておきたいのが、ここのシンボルである「龍窯(Dragon Kiln)」。

傾斜のある細長い形をしていて、煙が斜面を下る様子や火が上って行く様子が龍に似ていることから「龍窯」と呼ばれます。(写真でも奥に向かって窯が少し上の方へのびているのがわかります。)現在では火は入っていないので、近づいて中を覗くこともできます。実際に火をつける日がイベントとしてあることもあるので興味のある方はフェイスブックで確認してみてください。

また、窯の傍らには陶器ができるまでの簡単な説明などもありますので、ちょっとした社会科見学気分も味わえますよ。

アクセスその他

窯があるだけあって、シンガポール中心部からは少し離れたところにあります。中心部から電車とタクシーで30〜40分程度(10ドル強。地下鉄MRTのEastWest LineのBoonlay駅かJurong East駅からタクシーで10分程度)、あるいは直接タクシーで30分程度(20〜25ドル程度)です。

また、周りは緑の多い場所なので、虫よけ対策もお忘れなく!シンガポールは、一年中デング熱に罹る可能性があるので必須です。虫よけグッズは日本から持って行くのを忘れても、現地のドラッグストアやスーパーでも購入できます!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ