ギネスのタンクローリーも!?アイルランドでギネス三昧しよう♪

| アイルランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ギネスのタンクローリーも!?アイルランドでギネス三昧しよう♪

ギネスのタンクローリーも!?アイルランドでギネス三昧しよう♪

更新日:2015/02/09 16:42

HIRATA ERIKOのプロフィール写真 HIRATA ERIKO 格安子連れトラベラー、名古屋フカボリライター、レゴランド・ジャパン愛好家

世界一有名な黒ビール、ギネス。
世界中で飲むことができますが、アイルランド産は一味違うと言われています。
その秘密がわかる「ギネス・ストアハウス」というテーマパークのような場所もありますので、ギネスファンなら一度は本場に行ってみたいものですね。

アイルランドで飲む樽詰めギネスは、特別においしい!

アイルランドで飲む樽詰めギネスは、特別においしい!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

アイルランドの代表的なビールとは言いながらも、世界各国で生産されているギネス。
もちろんどの国の工場も本国の認可を受けて製造されているおいしいギネスなのですが、「アイルランドで飲むギネスは特別においしいらしい」という噂があります。
日本で飲む樽詰めのギネスはアイルランドからの輸入なので鮮度の差はもちろんですが、輸出用に比べて少しアルコール度数が低いなど製造方法に違いもあるようです。

そして本当に違うのか?と言いますと、違います!

ひとことで表現すると「さわやか」。
日本ではアイリッシュパブや2軒目に立ち寄ったバーで飲むイメージですが、この軽やかさならランチやバーベキューなど昼間に飲んでもまったく違和感がなさそうです。

スーパーに行っても、ビールの量がスゴイ!

スーパーに行っても、ビールの量がスゴイ!

写真:HIRATA ERIKO

アイルランド国内でスーパーに立ち寄ると、並んでいるビールの量に圧倒されます。
ギネスだけでなく、同じくアイルランド産ビールのマーフィーズやイギリス産のシードル(リンゴの発泡酒)などが壁一面にずらりと並んでいて、お酒が好きな人なら大興奮は必至。
ポップなどを持ち帰りたい衝動を押さえるのが大変です。
ただ、アイルランドは物価高なので日本と比べてもそれほど安くないのが残念です。

ちなみに、缶で飲み比べしたい方にはキッチン付のバックパッカー宿もおすすめ。
冷蔵庫や食器類も揃っているので便利ですし、宿代の高いアイルランドでは助かります。
バックパッカー宿=相部屋というイメージですが、個室があるところも多いですよ。

街歩きでもギネスに遭遇。ギネスのプ―ルで泳ぎたくなる!?

街歩きでもギネスに遭遇。ギネスのプ―ルで泳ぎたくなる!?

写真:HIRATA ERIKO

アイルランドで街歩きをしていると、ギネス社の車によく遭遇します。
「GUINNESS QUALITY TEAM」と書かれたコンパクトな車もときどき見かけますが、「さすがアイルランド!」と驚いてしまうのがこの大きなタンクローリーです。日本でタンクローリーと言えば石油やガソリンの輸送が主ですが、所変われば品変わるとはまさにこのこと!
ギネス好きなら間違いなくこのタンクのなかで泳ぐ自分の姿を想像することでしょう。

昼も夜も!アイリッシュパブでギネスを飲もう♪

昼も夜も!アイリッシュパブでギネスを飲もう♪

写真:HIRATA ERIKO

繰り返しますが、アイルランドは物価高。特に首都のダブリンは高いです。
そんなアイルランドで、できるだけ安くおいしくギネスと食事を楽しむには「パブランチ」がおすすめ。レストランよりも安価でボリュームがありますし、何より気軽です。

ちなみに夜のパブではおつまみすら提供されないこともありますのでご注意を。
日本でのアイリッシュパブのイメージとは趣の違うパブも多いですが、地元の方々の社交場として定着しているのでぜひ夜のパブへも出かけてみてください。
ギターで弾き語りをしているお客さんがいるかと思えば、杖をついたヨボヨボのおじいさんがギネスのグラスだけはしっかり握りしめてこぼさずに飲んでいたりして、飽きません。
旅行者にも優しく声をかけてくれるので、英語が話せるとより楽しく交流できますよ。

ギネスの大型テーマパーク「ギネス・ストアハウス」は必見!

ギネスの大型テーマパーク「ギネス・ストアハウス」は必見!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

ファンとして外せないのが、ギネスのテーマパークとも言える「ギネス・ストアハウス」。
歴史ある建物と現代風のスタイリッシュな展示がうまく溶け合った魅力的な施設。
見学の締めには、地上46メートルに位置するにあるグラビティバーでダブリン市街を一望しながらギネスを飲むことができます。また、グッズが充実したお土産コーナーも必見です。

【施設名称】
Guinness Storehouse
【住所】
St.James Gate,James Street,The Liberties,8
【予約】
不要ですが、オンラインでチケットを購入すると10%オフ。

一生に一度は、ギネスの聖地へ!

日本でも飲めるし…と思ってしまうギネスですが、ご紹介してきたように本場はやはり違います。イギリス旅行ついでに足を延ばすにはちょっとエネルギーが要りますが、ギネス好きならぜひ思い切って旅行計画を立ててみてください。
アイルランドでしか味わえないのさわやかでおいしいギネスを、ぜひどうぞ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2007/09/14−2007/09/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ