滋賀県「三井寺」の桜は琵琶湖と琵琶湖疏水とともに楽しもう!

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

滋賀県「三井寺」の桜は琵琶湖と琵琶湖疏水とともに楽しもう!

滋賀県「三井寺」の桜は琵琶湖と琵琶湖疏水とともに楽しもう!

更新日:2015/02/16 19:03

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー

国宝建築や三井の梵鐘、弁慶の引き釣り鐘などが有名な滋賀県屈指の名刹・三井寺は、桜の頃は国宝建築や穴太積みの石垣と桜のコラボレーションがご覧いただけます。
また、境内から桜とともに琵琶湖を眼下に眺める素晴らしい展望所もあり、さらに門前では、琵琶湖疏水の桜も楽しんでいただきたいと思います!
うさぎのモチーフが可愛い鎮守社「三尾神社」も紹介させていただきます!

三井寺駅を降りればすぐ疎水

三井寺駅を降りればすぐ疎水

写真:古都の U助

地図を見る

京阪・石山坂本線の三井寺駅は、琵琶湖疏水のすぐほとりにあります。琵琶湖疏水は京都側の哲学の道も屈指の桜名所といわれていますが、滋賀県側も三井寺駅から琵琶湖疏水第一トンネルにかけて素晴らしい桜の名所となっており、例年夜間のライトアップも行われています。

琵琶湖疏水は滋賀県大津市美保ヶ崎で取水され、京都の蹴上へと流れる明治時代に作られた人口の水路です。
三井寺駅から三井寺の間の疎水には北国橋と鹿関橋がかかり、とくに鹿関橋からは長さ2436メートルの「第1疏水第1トンネル」入り口もよく見え、おすすめのポイントです。

ウサギがお茶目な三尾神社

ウサギがお茶目な三尾神社

写真:古都の U助

地図を見る

琵琶湖疏水をトンネルに突き当たるまで進むと右手に三尾神社(みおじんじゃ)があります。
明治維新までの神仏習合においては各寺々は守護神社を祀り、逆に神社では神宮寺が設けられていました。三井寺でも出雲系、伊勢系、異国に起源を持つ神々などが祀られていましたが、三尾神社もその一つです。

その昔長等山の地主神として降り立った伊弉諾尊(イザナギノミコト)は、いつも赤、白、黒の三本の帯を腰から垂らしていたそうです。その帯が三本の尾のように見えたというのが社名の由来になったと伝わります。
腰帯の本神、赤尾神は、卯の年卯の月卯の日卯の方角から、卯の刻に現れたため、ウサギが神様のお使いとされています。
写真のめおとうさぎも、御神紋の真向きの兎もなんとも可愛らしく、他にも彫刻や絵馬等たくさんのうさぎのモチーフがあるのでいくつ探せるか挑戦してみてるのも楽しいと思います。

国宝・三井寺金堂

国宝・三井寺金堂

写真:古都の U助

地図を見る

三尾神社からさらに進み、重要文化財の大門(仁王門)をくぐりまっすぐ行くと、春は桜に包まれる三井寺の金堂(国宝)があります。
滋賀県屈指の名刹である三井寺は、正しくは長等山園城寺(ながらさんおんじょうじ)という天台寺門宗の総本山です。
三井寺の金堂は1599年、豊臣秀吉の意思を受け正室の北政所によって再建されたもので、ご本尊は弥勒菩薩像が安置されています。

そして金堂の西側には同時期再建された「閼伽井屋」があり、内部には冷泉が湧いています。なんでも天智、天武、持統の三帝はこの水を産湯にしたということで、通称である三井寺の名の由来と伝わります。
また、金堂の南側には「天狗杉」という樹齢約千年とされる高さ20メートルほどの古木があり、見所の1つとなっています。

桜と石垣のコラボレーション

桜と石垣のコラボレーション

写真:古都の U助

地図を見る

三井寺には多くの塔頭があり、それらは白漆喰の壁や穴太積み(穴太衆積みとも)の石垣で囲まれています。滋賀県といえば安土桃山時代から活躍した石工、穴太衆の本拠地で、特に比叡山の滋賀県側の麓、坂本地区では穴太積みの石垣が多く見られます。

ここ三井寺は、別名不死鳥の寺といわれるほど歴史に翻弄されながらも幾度となく復興をくりかえしてきた寺院で、お寺でありながら城郭風の石垣が見られるのはその名残です。
かつては一千名の僧兵が詰めていたといわれています。

琵琶湖を眼下に桜をめでる

琵琶湖を眼下に桜をめでる

写真:古都の U助

地図を見る

三井寺は西国33箇所の霊場のうち、第14番の札所としても有名です。その札所となる観音堂は長等山の中腹にあるため眺めがよく、近くには展望所や舞台造りの観月堂もあり、天気が良い日は抜群の眺望が楽しめます。
左手側(西)の学校校舎の奥には皇子山公園、中央奥には琵琶湖大橋、右手側(東)には琵琶湖に浮かぶ沖島や対岸の長命寺山、八幡山なども確認できます。

琵琶湖周辺

広い境内の至る所で桜が楽しめる三井寺への参拝は、大人一日500円の「湖都古都おおつ1dayきっぷ」のご利用がおすすめです。
沿線には石山寺や、坂本地区、浜大津や旧大津宿周辺など1日ではとても回り切れないほどの見所がありますよ。


掲載内容は執筆時点のものです。 2012/04/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ