ゾウの楽園、ボツワナ・チョベ国立公園へ。野生に囲まれて過ごす休日

| ボツワナ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ゾウの楽園、ボツワナ・チョベ国立公園へ。野生に囲まれて過ごす休日

ゾウの楽園、ボツワナ・チョベ国立公園へ。野生に囲まれて過ごす休日

更新日:2015/02/02 11:30

竹内 あやのプロフィール写真 竹内 あや トラベルライター

チョベ国立公園は、アフリカ諸国のなかでも最も治安のよい国として知られるボツワナの北東部に広がる、世界最大のゾウの密集地。野生動物が生息する大自然にありながら、空港からわずか5〜15分というアクセスのよさも見逃せません。野生動物の姿を求めて、毎日サファリ三昧の日々。ここには、訪れた者を魅了してやまない、驚きと感動が待っています。

ゾウの大群に会いたい!

ゾウの大群に会いたい!

写真:竹内 あや

地図を見る

チョベ国立公園の最大の魅力は、何といっても間近でゾウの大群に出会えること。約1万1000平方キロメートルの公園に、6万頭もが生息する世界最大のゾウの密集地です。四輪駆動車に乗って茂みのなかを進んでいくと、突然目の前にゾウの親子が現れたり、何だか騒々しいと思ったら、やんちゃな小ゾウたちが追いかけっこをしていたり……。

とりわけ夕刻、地平線に沈みゆく真っ赤な太陽に照らされ、大草原にシルエットとなって映し出されるゾウたちの姿は実に感動的で、深く心に刻み込まれます。

“ビッグ5”に出会うチャンスも!

“ビッグ5”に出会うチャンスも!

写真:竹内 あや

地図を見る

チョベ国立公園で出会えるのは、ゾウばかりではありません。ここは、数々の大物が生息する野生動物の宝庫なのです。ゾウと並び、サファリで特に人気の高い“ビッグ5(ファイブ)”と称されるライオンやヒョウ、バファロー、サイに出会うチャンスも! 運がよければ、チーターやハイエナ、ワイルド・ドッグの姿も見られます。

ここでは、多くの珍しい鳥を観察することもできます。チョベ川では、450種類以上もの野鳥が観察されており、優美な外観で人気のフィッシュ・イーグルやシラサギ、コウノトリなどの水鳥の姿も。宿泊施設や観光案内所で動物・鳥類リストを配布しているので、興味のある人は事前にもらっておくといいでしょう。

拠点となるのはカサネという小さな町

拠点となるのはカサネという小さな町

写真:竹内 あや

地図を見る

チョベ国立公園への拠点となるのは、ボツワナの北東部、ジンバブエとの国境に接するカサネという小さな町。空港から公園のゲートまで車で5〜15分という近さで、周囲には極上のサファリロッジのほか、伝統家屋を模したリーズナブルなゲストハウスまで、各種宿泊施設が揃っています。

空港から町の中心地へ向かう途中、道路脇で草を食むゾウの姿を目にすることも! ショップやカフェなどが集まる中心街にゾウが出没することはありませんが、ロッジやゲストハウスの庭でイボイノシシやホロホロチョウ、マングースなどの小型動物や鳥を見かけるのは日常茶飯事。日中は問題ありませんが、暗くなってから出かけるときは、必ず宿のスタッフに同行してもらいましょう。

(写真:チョーブ・ゲーム・ロッジ)

カサネに滞在

カサネに滞在

写真:竹内 あや

地図を見る

サファリを十分に楽しむためには、カサネに滞在するのが一番。というのも、動物たちが活発に行動するのは、夕暮れから早朝にかけて。日中でも多くのゾウを見ることはできますが、ライオンやハイエナなどの捕食動物に出会いたければ、断然この時間帯がおススメ! そして、この時間帯にサファリが楽しめるのも、公園に隣接するカサネに滞在してこその醍醐味といえます。

サファリは、各宿泊施設でアレンジしてもらえます。早朝四輪駆動車でゲームドライブに出かけ、その後ロッジ内でゆったりと朝食。日中は気ままに過ごし、また夕方にゲームドライブに繰り出すというスタイルがほとんどです。

夜は伝統ダンスや料理が体験できる「ボマ・ディナー」を楽しんだり、捕食動物の遠吠えを遠くに聞きながらテラスで星を眺めたり……。日中は、ロッジの屋外プールやスパで、ゆったり過ごすのもいいでしょう。町なかには伝統工芸のバスケットや陶芸の工房もあり、ワークショップに参加することもできます。

アクティビティ

アクティビティ

写真:竹内 あや

地図を見る

チョベ国立公園ならではのサファリの楽しみ方は、これだけではありません。四輪駆動車に乗って茂みのなかを駆け巡るゲームドライブのほかに、ここでは何といってもリバークルーズがおススメ! 

カバやクロコダイルなど、陸からではなかなか見られない動物たちをボートの上からじっくり観察することができます。また、チョベ川のほとりでは、水辺に集まる草食動物を追ってやって来る捕食動物の姿を目撃するチャンスも! 川岸で羽根を休める水鳥を間近で観察できるのも、リバークルーズならではの体験です。

ゾウの楽園で、思う存分サファリを堪能!

チョベ国立公園の魅力は、野生動物との遭遇率の高さ、アクセスのよさ、そして予算によって選べる宿泊施設の多様性にあります。世界遺産のビクトリアの滝へ、日帰りで訪れられるという点も見逃せません。

感動と刺激に満ちたゾウの楽園、チョベ国立公園。大自然に囲まれた極上の地で、夢の休日を実現させてみませんか?

アクセス:日本からアジア、中東経由などでヨハネスブルグ国際空港まで19時間40分〜。
カサネまで国際線で約2時間20分。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/13−2014/01/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -