高松港で素敵すぎる古民家に泊まる「瀬戸内ステイ北浜住吉」

| 香川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

高松港で素敵すぎる古民家に泊まる「瀬戸内ステイ北浜住吉」

高松港で素敵すぎる古民家に泊まる「瀬戸内ステイ北浜住吉」

更新日:2015/04/06 10:05

凜風 杏花のプロフィール写真 凜風 杏花 ライター

高松港に面した路地裏の倉庫街「北浜alley(アリー)」。その一角に築100年の町屋を再生したとても素敵な宿泊施設が誕生しています! 一日一組だけの貸切、鍵を受け取った後は我が家のように自由な空間。高松駅も高松港も近くなのに、ここだけが少し時をさかのぼっているような古民家「瀬戸内ステイ北浜住吉」で、風情ある瀬戸内時間をお過ごしください!

潮の香りがする港町の古民家を一棟貸でステイする♪

潮の香りがする港町の古民家を一棟貸でステイする♪

提供元:瀬戸内ステイ北浜住吉

http://www.kitahama-sumiyoshi.com/地図を見る

潮の香りがする風情ある場所に、築100年の町家を再生した「瀬戸内ステイ北浜住吉(きたはますみよし)」は、上質な和の雰囲気をあたりに漂わせて、静かにたたずんでいます。

プロデュースしたのは設計室の一級建築士の方。古民家の良さを残しながら、キッチンやトイレ等の設備はおしゃれで機能的に作り直され、照明や家具などのこだわりのすべてに「さすが」とため息! 古民家の一棟貸というと宿泊料もさぞや高いと思われるかもしれませんが、ここは手頃な価格で貸し切ることができるんですよ。

玄関先にも下足箱にもこだわりが

玄関先にも下足箱にもこだわりが

写真:凜風 杏花

地図を見る

御影石を用いた昔風の玄関には広さと落ち着きがあり、こだわりのある古い家具を使用した下足箱が重厚さを感じさせます。左右には小間の付いた和室が続くゆとりのある配置。

家具や照明がおしゃれなので、小さな子供達の宿泊はどうなのかが気になるところですが、「旅館のように隣の宿泊客に気をつかわずに済むので、気兼ねなく、むしろぜひぜひご家族でゆっくり泊まってほしい」とのオーナーさんの言葉がうれしい^^

家族や友人で和気あいあいくつろげる空間

家族や友人で和気あいあいくつろげる空間

写真:凜風 杏花

地図を見る

こちらは和室八畳と四畳小間の続き部屋。中には正座するのが難しい方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方のためにと3人掛けのソファもひとつ用意され、他にも快適に過ごすための細かい気配りがあちこちに見られます^^

隣の部屋の宿泊者に気を使わずにのんびり宿泊したいという方、家族や仲間で和気あいあい楽しみたいという方、駅や港などに近い便利なところがいいという方…「瀬戸内ステイ北浜住吉」は、どの条件も満たしている贅沢な宿泊場所なんですよ♪

和の良さがあちこちに

和の良さがあちこちに

写真:凜風 杏花

地図を見る

8畳と6畳の和室のそれぞれに続いている4畳の小間です。部屋が広々と使えるうえに、落ち着いた雰囲気も得られ、のんびり座ってお茶してみるのもよさそうですね。

快適に過ごせるようにと禁煙。簡単な調理に使用できる清潔なキッチン。また、お風呂ではなく杉板と竹床のおしゃれなシャワー室。どれも使いやすく機能的だけど安らぎのある空間に、できるだけ長く泊まりたいと思う人も多いはず!

旅館でもホテルでもない一棟貸の「瀬戸内ステイ」

旅館でもホテルでもない一棟貸の「瀬戸内ステイ」

提供元:瀬戸内ステイ北浜住吉

http://www.kitahama-sumiyoshi.com/地図を見る

その土地で暮らすように泊まる「ステイ」という形は、これからの新しいブームかもしれません。JR、船、バス、電車、いずれにもアクセス抜群の場所なので、ここから四国の他県や島々に出かけていくというのはとても贅沢な旅でもありますね。

滞在中、できるだけくつろげるようにと、あえて食事やサービスの提供はなく、写真のような素敵な坪庭も含めてゆっくりした時間を過ごすことができます。「瀬戸内ステイ北浜住吉」がある北浜alley(アリー)には、倉庫を改装した、カフェ、レストラン、バー、雑貨屋、ヘアサロンなどがありますので、お散歩気分でそちらを利用するのもおススメです♪

いまなら間に合う、急いで予約!

「瀬戸内ステイ北浜住吉」は2014年秋にオープンして以来、知る人ぞ知るという宿でしたが、今回ホームページを開設しました。予約でいっぱいになる前に、さあ、急いで出かけましょう! 瀬戸内の旅を楽しむにはベストなステイですよ(^^)v

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -