154種類の梅が咲き誇る!岐阜県「安八百梅園」へ行こう!

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

154種類の梅が咲き誇る!岐阜県「安八百梅園」へ行こう!

154種類の梅が咲き誇る!岐阜県「安八百梅園」へ行こう!

更新日:2015/02/09 15:03

岐阜県安八郡安八町にある「安八百梅園(あんぱちひゃくばいえん)」は梅の人気名所。梅の種類は、154種で岐阜県内で一番種類が多い梅園です。早咲きの梅は1月下旬から咲き始め、3月下旬には遅咲きの梅を楽しむことができます。そのため、長い期間で梅を楽しめますよ。更に、毎年梅まつりが開催されています。2015年は2月22日(日)から3月22日(日)の期間に開催されます。今回は、この安八百梅園をご紹介します。

安八百梅園へ行こう!

安八百梅園へ行こう!
地図を見る

「安八百梅園」は、岐阜県安八郡安八町にあります。アクセスは、車が便利。名神高速道路・岐阜羽島ICから県道18号線を走り約15分。駐車場は無料で、約300台分あります。
公共交通機関の場合は、JR大垣駅南口で名阪近鉄バス「岐阜羽島駅」行きに乗り約20分、バス停「青刈」で下車して徒歩20分で到着です。時刻表の確認をお忘れなく!

安八百梅園は、入園料が無料!更に休園日がありませんので、いつでも梅を楽しめますよ。せっかくですから、天気がいい日を狙って行くのもいいですね♪

岐阜県内で種類が一番多い!154種類の梅が楽しめる!

岐阜県内で種類が一番多い!154種類の梅が楽しめる!
地図を見る

安八百梅園は、開園して2015年で17年目。安八百梅園の名前は「100種類以上の梅の香りと美しさを眺める園」という意味があります。

多くの方々から梅の木が寄付され、3.9ヘクタールの敷地内には154種類もの梅の木があり、岐阜県内では1番の数。寄付された梅の木には、名前の札が付いているため、みんなで作った梅園だと思うと温かみがありますね。たくさんの梅の木があるので、色や花の形が様々で見ていて楽しいですよ♪

早咲きの寒紅梅(カンコウバイ)は1月下旬に。遅咲きのモモの花に似ている淋子梅(リンシバイ)などは、3月下旬から4月上旬まで見ることができます。そのため、冬の終わりから春まで、長期間で梅を楽しめます。

梅まつりでは、バザーや撮影会が開催!

梅まつりでは、バザーや撮影会が開催!
地図を見る

2015年の梅まつりは、2月22日(日)から3月22日(日)に開催されます。期間中は、ぜんざい・うどん・みたらし団子などのバザーや屋台が出ています。梅を見るだけでなく、お腹も満たすことができて嬉しいですね!

更に、2015年3月1日(日)には「安八園遊会」という振袖姿の新成人をモデルにした写真撮影会のイベントがあります。興味がある方は参加してみてはいかがでしょうか。他にも俳句コンテストもあり、イベントが多いですよ!

おわりに

毎年多くの方が訪れている安八百梅園。入園料や駐車場が無料のため、気軽に行くことができますよ。梅の開花は、天気や気温等によって変化してしまうのでご注意ください。ぜひ今年の春は、たくさんの種類の梅を見に、安八百梅園に足を運んでみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ