桜の花筏が感動的!「弘前さくらまつり」絶景撮影ポイント4選

| 青森県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

桜の花筏が感動的!「弘前さくらまつり」絶景撮影ポイント4選

桜の花筏が感動的!「弘前さくらまつり」絶景撮影ポイント4選

更新日:2017/04/19 14:09

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

弘前さくらまつり(青森県弘前市)が行われる弘前公園の桜は、特産のりんご剪定技術で桜自体が非常に元気。お花見の見応えが圧倒的です!日本三大夜桜のライトアップも素晴らしく、日本三大桜名所とダブル指定。名実ともに、日本一の桜祭りです!

「弘前さくらまつり」の人気スポットや穴場の中から、感動的な絶景ポイントを厳選して紹介。特に外堀の花筏や西濠は、記念写真や風景写真の撮影スポットとして、断然おすすめです!

弘前さくらまつり「外堀の花筏」は日本三大桜名所らしい猛烈な絶景

弘前さくらまつり「外堀の花筏」は日本三大桜名所らしい猛烈な絶景

写真:藤田 聡

地図を見る

「弘前さくらまつり」は青森県弘前市の弘前公園(弘前城)で行われ、観光客が公園に次々入って行きますが、その直前の外堀が最初の絶景ポイント。桜の木の下に花が散って一面のピンク色になっていますが、ここは道路ではありません。外堀の水面に桜の花が浮いて(花筏)覆い尽くされた、信じ難い程の絶景に日本三大桜名所と呼ばれるのも納得です。

弘前の桜は温かい日に一気に咲くので、訪問日を満開時に合せるのが難しいのですが、散り始めだからこそ楽しめる「外堀の花筏」のあまりの素晴らしさを見れば、毎回散り始めに来たいと思う程です。

それにしても、これ程の絶景なのに、足早に通り過ぎる観光客が大多数で驚きます。みなさんも、人の流れのまま弘前公園に入ってしまわずに、外堀に注目して下さい。なお写真をクリックすると、撮影場所の地図が表示されます。

弘前さくらまつり「弘前城天守と桜」ライトアップは日本三大夜桜の絶景

弘前さくらまつり「弘前城天守と桜」ライトアップは日本三大夜桜の絶景

写真:藤田 聡

地図を見る

弘前さくらまつり一番人気の絶景は「弘前城天守と桜」のコラボレーション。夜桜のライトアップは一層絶景で、日本三大夜桜に数えられる程。現存12天守と呼ばれる日本に12ヶ所しか無い、本物の天守と桜の貴重な光景です!

実は、この絶景も2015年春で一旦見納め。弘前城の石垣改修工事の為、天守を移動させるのです。天守が戻るのは6年後の平成33年、工事完了は10年後の予定。2014年秋に天守前の堀の埋め立て工事が始まり、写真のように堀の水に天守が映る様子(水鏡)は2014年春が見納めだったので、当時テレビ番組で盛んに取り上げられました。

「弘前さくらまつり」は弘前城の一部と植物園以外は、昼も夜も入場無料です。臨時大駐車場もシャトルバスも無料で利用出来ますが、昼間のみの営業。夜は有料駐車場に停め直す必要がありますが、時間制コインパーキングも多数あり駐車場には困りません。

弘前さくらまつりの絶景をボートで楽しめる西濠

弘前さくらまつりの絶景をボートで楽しめる西濠

写真:藤田 聡

地図を見る

弘前さくらまつりの絶景をボートで楽しめる西濠は、ワシントンの桜並木に匹敵すると言われる絶景。写真は、春陽橋から見た西濠です。

写真より右手には岩木山を望み、左側の桜並木は「桜のトンネル」とも呼ばれ、桜が遊歩道に覆いかぶさるような並木道になっています。他に西濠とは反対側ですが、岩木山と堀を同時に眺める弘前公園北東の角も、絶景ポイントとして知られています。

弘前さくらまつり穴場の絶景「桜吹雪」

弘前さくらまつり穴場の絶景「桜吹雪」

写真:藤田 聡

地図を見る

弘前さくらまつりは、散り始めでも花が十分残り見応えがあります。実は桜が散る様子「桜吹雪」も名物の一つで、その瞬間を狙うカメラマンが待機している場合もある程。どの桜でも見れますが、桜吹雪の穴場としてお勧めなのが一本桜です。

弘前公園には銘木古木に指定された一本桜も多く、中でも「日本最古のソメイヨシノ」や「日本最大幹周のソメイヨシノ」は必見。写真は日本最大幹周のソメイヨシノの隣の桜で建物の陰にあり、まさに穴場。ビル風が強いため、桜吹雪が発生し易い場所です。

写真では分かり難いと思い最後に紹介しましたが、肉眼で見れば「桜吹雪」とともに「感動の嵐」に襲われる物凄い絶景で、「外堀の花筏」に匹敵する素晴らしさです。

弘前さくらまつりの見頃時期は?

弘前さくらまつりの見頃(満開)は、例年ゴールデンウイーク前半ですが、気象条件により前後します。2017年の開花状況は、弘前さくらまつり公式ホームページを参照して下さい。驚く程詳細な開花状況が毎日更新されるので、状況が手に取るように分かります。

弘前の桜はりんごの剪定技術で元気があり、温かい日があると一気に咲くので開花状況の過信は禁物。前日やっと五分咲きになったのに、翌日満開という場合も珍しくありません。角館や北上など東北の桜名所を経由して行くと、弘前に着く頃には散り始めます。しかし、散り始めこそ弘前では見頃である事は、今回紹介した絶景ポイントの様子でお分かり頂けたに違いありません。

付近の桜名所として「世界一の桜並木」や浪岡城址の桜もお勧めです。「世界一の桜並木」は標高の高い岩木山にあるので満開は遅いのですが、弘前公園が散り始める頃に咲き始めるので、間に合う場合も多いのです。「世界一の桜並木」については、別記事で詳細に紹介しましたので、併せてご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります。)

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ