本気で落とせ!「天下の台所」大阪・木津市場〜セリ体験の旅

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

本気で落とせ!「天下の台所」大阪・木津市場〜セリ体験の旅

本気で落とせ!「天下の台所」大阪・木津市場〜セリ体験の旅

更新日:2015/02/06 14:46

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

食い倒れのまち≠フ名に最もふさわしい「木津市場」(大阪木津卸売市場)が大阪にあることをご存じでしょうか?東京の築地市場でも、京都の錦市場でもなく、まさしく天下の台所≠ヘ約300年の歴史を誇る木津市場。ひろ〜い場内には、珍しい魚や新鮮な肉、旬の野菜・くだものがところ狭しと並んでいます。木津市場の最大の魅力は、何といっても素人さんが気軽に参加できるセリ体験!では、さっそく場内をご案内しましょう!

木津市場に出かけるなら、「朝市」がおすすめ!

木津市場に出かけるなら、「朝市」がおすすめ!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

木津市場といえば「木津の朝市」。
毎月第2土曜日と最終土曜日の午前9:00から午後12:00まで開催しているイベントで、木津市場の食材を使った鍋や、「まぐろステーキ」や「花かつお」といった「つまみぐい」を楽しむことができます。
しかし、一番のおすすめは、セリ体験!最高級の黒毛和牛や天然真鯛、まぐろ、魚介類をセリ落としていくのですが、ライブ感があってたまらなくおもしろい。

高級黒毛和牛にセリ参加者の目もキラキラ!【和島精肉店】

高級黒毛和牛にセリ参加者の目もキラキラ!【和島精肉店】

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

セリ(競り)というのは、競売のこと。参加者が自分で買いたい値段を示し、このうち最高価格を申し出た人が商品を手にすることができます。
全国の漁港や市場では、プロの卸売業者の人たちが商品をセリ落とす光景が見られます。しかし、セリの様子を「見学」することができても、木津市場のように観光目的で素人さんがセリに参加できるところは、たいへん珍しい。

写真は、この日、セリ体験1店舗目となる「和島精肉店」さん。恒例のセリ体験では、最高級の黒毛和牛を手にしながらセリを開始!最初は遠慮がちだった参加者たちも、今夜のおかずが目玉価格でゲットできるとあって、たちまち真剣な目つきに!

新鮮な魚に、巧みな話術【蛸仙】

新鮮な魚に、巧みな話術【蛸仙】

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

続いては「蛸仙」さん。新鮮な魚を取りそろえたお店ですが、社長さんがたまらなくおもしろい!のほほんとした巧みな話術に、思わず引き込まれていきます。
初めは恥ずかしそうにしていた奥さま方も雰囲気に飲まれ、「550円!」「600円!」と大声でセリ落としていく姿は圧巻!今夜のおかずがかかっているので、真剣勝負そのもの。

新鮮で珍しいマグロに全員が興味津津!【カネセ商店】

新鮮で珍しいマグロに全員が興味津津!【カネセ商店】

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

次は「カネセ商店」さん。こちらは、マグロやカジキの専門店らしく、スーパーなどでは見かけないマグロの珍しい部位がそろっています。たとえば、写真のマグロのカマ(エラの下の部位)。大きくて立派です。照り焼きにするとおいしいですね。お酒にもあいます。
セリ参加者も興味津津!ちなみに、このカマはなんと1000円という破格の値段でセリ落とされました。

おいしい貝を食べながらセリ体験!【小林商店】

おいしい貝を食べながらセリ体験!【小林商店】

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

最後は「小林商店」さん。魚介類の専門店ですが、珍しい貝が見つかる店で知られています。社長さんは気配りが上手な方で、貝を手にしながら参加者に特徴や食べ方などを説明して下さるのですが、まるで水族館で説明を聞いているような気分。いろいろな発見があっておもしろい。また、試食を楽しみながら、イケメン店員(通称:木津のアイドル)さん進行のセリ体験ができるので、こちらのお店おすすめです。

【大阪木津卸売市場へのアクセス】
■大阪市営地下鉄・御堂筋線/四つ橋線「大国町駅」

おわりに

いかがでしたでしょうか?
最初は遠慮がちに、小声で競り合っていくうち、自分でも気がつかないうちに大声を出して張り合ってしまうところが、セリ体験のおもしろいところ。本気になるほど楽しい!
木津市場のセリ体験に参加し、一味違った大阪の旅を楽しまれてはいかがでしょうか?
セリ体験は、大阪木津卸売市場でも受け付けていますが、地元の人たちでつくる「まち歩き」に参加すると、効率よくセリ体験を楽しむことができるのでおすすめ。ご興味のある方は、[MEMO]のリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -