雨でも大丈夫サー!「雨でも楽しめる」沖縄観光徹底ガイド

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

雨でも大丈夫サー!「雨でも楽しめる」沖縄観光徹底ガイド

雨でも大丈夫サー!「雨でも楽しめる」沖縄観光徹底ガイド

更新日:2015/02/07 14:15

旅人間のプロフィール写真 旅人間 トラベルライター、旅ブロガー

沖縄旅行と言えば美しい海や世界遺産巡りなど観光名所は数多くありますが、もし雨ならどうしますか?「沖縄美ら海水族館」に行けば間違いありませんが、他に選択肢があると便利。
国際通り付近のアーケード商店街で買い物を楽しみ、道の駅で美味しいものを食べ、沖縄工芸も最適ですね。また雨でも意外と楽しめるテーマパークもあります。小さな子供さんも一緒に家族で楽しめる場所をまとめてご紹介します♪

雨の場合は、やっぱり「沖縄美ら海水族館」が一番!

雨の場合は、やっぱり「沖縄美ら海水族館」が一番!

写真:旅人間

地図を見る

沖縄に旅行する時は何処に行きたいですか?美しい海を満喫したり、ドライブして「古宇利島」に行ったり、「首里城公園」「斎場御嶽」「今帰仁城跡」などの世界遺産巡りも最高ですね。しかし残念ながら雨が降ってしまうと、これらを楽しむのは難しくなります。

雨が降っても全く問題ない代表的なスポットと言えば、『沖縄美ら海水族館』。ここは間違いなく楽しめる場所ですね。ただ「もう既に行ったよ!」と言う人も少なくないと思います。しかし雨の日は間違いなくベストな場所の一つ。もし既に行ったことがある場合でも、前回と違った角度で水族館を楽しんでみると言うのは如何でしょうか。

例えば、ジンベエザメが立つ迫力満点の食事シーンの時間に合わせて行ってみるとか、大水槽を水面上から自由に観覧できるプログラムに参加してみるのも良いでしょう。
また事前予約して、無料貸し出しの音声ガイドを聞きながら館内を散策し、魚ツウを目指すって言うのも悪くないですね。

ここは日本が世界に誇る最高の水族館です。きっと何度足を運んでも楽しめ、新たな発見があるはずですよ♪

蝶々が頭の上に寄って来る?黄金に輝くサナギも必見!

蝶々が頭の上に寄って来る?黄金に輝くサナギも必見!

写真:旅人間

地図を見る

小さな子供さんが一緒、花が好き、自然が好き、蝶が好きな場合は「琉宮城蝶々園」がオススメ。ここはドシャ降りの雨の場合は難しいですが、少々の雨なら全く問題なしです。

亜熱帯植物や原色の花々が咲く『蝶々ハウス』は、無数の蝶々のオオゴマダラが心地よさそうに舞う幻想的な楽園。そして所々に蜜を含ませた赤い帽子が置かれ、それを頭にかぶってみると不思議なほど蝶が寄って来るので、記念撮影も大いに盛り上がります。

また、オオゴマダラのサナギは黄金色に輝いているので絶対に見ておきましょうね。運が良ければ孵化する瞬間に立ち会えるかも。まさに生命の神秘を感じさせてくれる場所なのです。

そして売店には、沖縄の「海中でじっくり熟成されたお酒」が販売されています。蝶々とは全く関係ありませんが、これを旅の思い出として買って帰るのも面白いですよ。

ここなら雨でも大丈夫!沖縄の台所「公設市場」を散策♪

ここなら雨でも大丈夫!沖縄の台所「公設市場」を散策♪

写真:旅人間

地図を見る

沖縄に来たら必ず立ち寄っておきたい場所の一つが国際通り。この周辺をブラブラ散策するのも楽しいですね。少々の雨なら問題ありませんが、しっかり雨が降っている場合は、国際通りの「むつみ橋」交差点の南側に位置する『平和通り』『むつみ通り』『市場本通り』のアーケード商店街へ。ここなら雨に濡れる心配はありません。これら商店街をゆっくり散策した後は『公設市場』に向かって行くと良いでしょう。

この「公設市場」は那覇市民の台所として親しまれ、市場の中に入ると日本的と言うよりアジア的な雰囲気がプンプンし、歩いて見ているだけで楽しい場所。1階の市場で好きな食材を買い、2階で調理してもらうことも出来るので、ぜひとも体感してみてください。

雨の日は「道の駅」を巡って、グルメツアーも楽しいぞ!

雨の日は「道の駅」を巡って、グルメツアーも楽しいぞ!

写真:旅人間

地図を見る

旅先で雨になると憂鬱な気分になってしましますね。そんな気分をパァーっと払拭する手段として「食いに走る」のも立派な選択肢の一つ。その場合は、魅力的な沖縄フードが集まっている「道の駅」巡りが言うまでもなくオススメ!特に『道の駅 許田』と『道の駅 なかゆくい市場 おんなの駅』は規模が大きく、時間をかけて過ごせるのが魅力ですよ。

【道の駅、許田】
沖縄自動車道「許田IC」に近く、食べる店だけでなく、お土産の種類が豊富な道の駅。
ここで是非食べておきたい沖縄フードは、中身がライスの「沖縄カマボコ」。沖縄の伝統菓子「サーターアンダギー」のお店で売っている、“幻”と噂されるほど人気の「ドラゴンボール」は売切れ必至。他に「ミルクぜんざい」「レインボーかき氷」にも注目したいところ。また、宝くじが販売されている時に販売される「当選パン」なども面白い!

【道の駅、なかゆくい市場 おんなの駅】
ホテルが多く集まる恩納村にある道の駅で、面白い沖縄飯がズラリと並ぶのが特徴。
例えば真っ黒なおにぎり「イカスミジューシー」、TV番組で紹介され話題になった「モズク肉まん」、また、ここには許田の道の駅にある「ドラゴンボール」に加え「ドラゴンボールZ」もあります。他にはボリューム満点の「アイスマウンテン」、プチプチの食感がたまらないアイス「海ぶどうちゃん」も見逃せない!また甘辛い黒酢タレの「てびちの唐揚げ」も激ウマですよ。
(※画像は沖縄菓子ドラゴンボールZです)

雨でも楽しめるテーマパーク「おきなわワールド」は要チェック!

雨でも楽しめるテーマパーク「おきなわワールド」は要チェック!

写真:旅人間

地図を見る

雨の日の沖縄で観光をおもいっきり楽しみたいなら、テーマパークの『おきなわワールド』は欠かせません。もちろん、ここは晴れている日に行く方が圧倒的に楽しいですが、雨の日でも楽しめるのが、このテーマパークの素晴らしいところ。

かつて沖縄観光といえば「ハブとマングースのショー」で有名でしたが、現在は動物愛護の関係で『ウミヘビとマングースの水泳大会』になっています。これは話のネタとしても是非見ておきたい。また『ハブショー』や『大蛇との記念撮影』も楽しいのでオススメです。

また、東洋で最も美しいと言われる巨大鍾乳洞『玉泉洞』にも行ってみましょう。鍾乳洞の中に入ってしまえば、雨など気にすることはありませんし、地下に広がる世界は広大で、ゆっくり楽しむことが出来ます。とにかく、この鍾乳洞は必見ですよ!

そして、沖縄の伝統工芸などを楽しむのも魅力!旅の思い出作りとして「手作りシーサー」iphoneケース紅型染め」なども面白いですよ。では、ここで体験できる沖縄工芸の一部を以下に紹介しておきます。

【パーク内で楽しめる沖縄工芸】
『琉球ガラス王国工房』:ハイビスカス小皿作り、タルグラス作りなど
『陶器工房』:手作りシーサー素焼きシーサーアクリル絵の具色絵付けなど
『機織工房』:コースター、しおり、キーホルダー作りなど
『紙型工房』:Tシャツ手描き染め、iphoneケース紅型染めなど
『紙すき工房』:手作りハガキ、手すき和紙と万華鏡作りなど
『藍染め工房』:光る泥だんご作り、ウコン染めマイバック作りなど

雨なら完全に開き直って、徹底的にゆっくり過ごすのも悪くないかも

沖縄と言えば、ホテルのサービスが充実している場合が多く、もし雨なら完全に開き直ってホテルでゆったり過ごすのも悪くないと思います。「せっかく来たのに、もったいない」と思うかもしれませんが、普段忙しくしている中で、ゆったり時間を過ごす時間を持てるのも考え方によっては贅沢と言えるでしょう。

また、沖縄には素敵なカフェも多く、そんな場所でゆったり過ごすのも魅力の一つ。「MEMO」に『水族館のカフェ』と『洞窟のケイブカフェ』のリンクがありますので、宜しければこちらも参考にしてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/01/16−2012/01/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ