チェンマイNO.1おしゃれスポットは…「ジンジャー&カフェ」!

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

チェンマイNO.1おしゃれスポットは…「ジンジャー&カフェ」!

チェンマイNO.1おしゃれスポットは…「ジンジャー&カフェ」!

更新日:2015/03/13 13:31

さとう みゃーおのプロフィール写真 さとう みゃーお 元添乗員の旅行ライター

チェンマイ発ブランド「ジンジャー」はタイ国内はもちろん、世界各国のセレクトショップでも取り扱われている人気ブランド。その「ジンジャー」が運営するカフェレストラン&ショップ「ジンジャー&カフェ」は、期待を裏切らない洗練されたインテリア、美味しいタイ料理、可愛い雑貨を一堂に楽しめるお店。今回はちょっとおしゃれにチェンマイを観光したい方にはマストな「ジンジャー&カフェ」をご紹介します。

チェンマイ発の人気ブランド「ジンジャー」

チェンマイ発の人気ブランド「ジンジャー」

写真:さとう みゃーお

地図を見る

「GINGER(ジンジャー)」はデンマーク人のデザイナーによる、北欧とアジアを融合させた色鮮やかでポップなアイテムが人気のブランド。鮮やかな発色や食器、アクセサリー、洋服やバッグなどのファッションアイテムを取りそろえ、タイの露店やマーケット、お土産店で取り扱われている素朴で伝統的な商品とは一線を画する斬新な品々に出会うことができるお店です。

写真は今回ご紹介するチェンマイ旧市街の「ジンジャー&カフェ」に併設するショップの様子。とても鮮やかで個性的。キュートな品々がたくさん詰まっています。

商品のお値段はタイの物価から考えるとお値打ちとは言えませんが、日本でも違和感なく使うことができる雑貨や服飾品は決して無駄にはならない物ばかり。旅先で購入したものが日本では雰囲気になじまず、たんすの肥やしになってしまうということにはならない有意義なお買い物ができるでしょう。

細部までこだわったインテリア

細部までこだわったインテリア

写真:さとう みゃーお

地図を見る

タイ国内にたくさんの支店を持つ「ジンジャー」ですが、チェンマイの旧市街の一軒屋にショップとカフェレストランを併設したこのお店は、他店より更にこだわったお洒落なインテリアが見どころ。

こちらはショップとレストランを繋ぐ通路に何気なく設置されているベンチですが、クッションには「ジンジャー」のクッションが。このクッションは北部タイの少数民族による伝統的なファブリックを用い、デザイナーの感性でアレンジされた「ジンジャー」らしい一品。ショップでも販売されているおすすめアイテムの一つです。

特にインテリアや雑貨好きの方には細部まで見逃せない造りになっていますので、お気に入りのスペースを見つけるまで敷地内を散策してみてください。

洗練されたデザインのカフェスペース

洗練されたデザインのカフェスペース

写真:さとう みゃーお

地図を見る

こちらはカフェスペース。営業時間中は常にお客さんで賑わっています。欧米人のお客さんが多く、ゆったりとお茶や食事を楽しんでいます。

座席は屋内と屋外ありますが、暑い昼間には屋内の冷房の効いた席、夜カフェの利用なら外のテラス席がおすすめです。とはいえ、屋外好きの欧米人のお客さんは昼夜問わず外のテラス席を利用している方が多いです。

こちらも籐のソファやオリジナルファブリックのクッション、テーブルやカトラリーに至るまでジンジャーらしい洗練されたデザインのもので揃えられています。

飲み物のメニューは大変豊富で南国らしいトロピカルフルーツのジュースやスムージー、カクテル類にタイのビールや各国のワインなどのアルコール類など思いつくもの全てを堪能することができます。

「ジンジャー&カフェ」ならではのタイ料理に舌鼓

「ジンジャー&カフェ」ならではのタイ料理に舌鼓

写真:さとう みゃーお

地図を見る

食事のメニューも負けじと豊富。お値打ちなセットメニューもあり、その時の気分に合わせた食事をとることができます。

画像は「ジンジャーカフェの前菜盛り合わせ(約1200円※訪問時レート)」。見てください!この美しい盛り付け!様々な前菜はお酒を飲まない人でも色々な味を楽しめるので本当にお勧めです。画像左上の2本のスティック状のものは「エビの揚げ春巻き」。定番の料理ですが、サクッと歯ざわりが良く、お酒に合うしっかりめの味付け。右下は「ラープ」と呼ばれる、ひき肉のサラダを春巻きの皮で包んで軽く揚げたもの。「ラープ」とはタイ東北部の名物料理で、ひき肉と各種ハーブの風味がたまらない逸品です。

特筆すべきは左下の料理。黄色い丸い物は…なんとパイナップル!パイナップルの上には、甘辛いペーストとハーブが乗り、甘酸っぱ辛い、斬新なタイの味に。
洒落たフィンガーフードをつまみながら、チェンマイの夜風に当たれば、気分は最高!ビールも会話もどんどん進みます。

他にもメニューは豊富で定番のタイカレーやトムヤムクンなどのタイ料理はもちろん、食べやすい西洋料理も取り揃え、全て美味しく満足のいくものばかり。人気のお店ですので、特に週末のディナータイム利用は予約をして出かけると安心です。

チェンマイを代表するおしゃれスポットを訪れて

アクセスはチェンマイ旧市街の中心、ターペー門近くで便利です。万が一道に迷っても心配ありません。人が穏やかなチェンマイですので、周りの人に聞いてみましょう!親切に教えてくれます。主な客層は欧米人観光客ですが、チェンマイでも有名なおしゃれなスポットなので、地元の若者も多数利用しています。

ショップにはこだわりの雑貨が所狭しと並び、カフェの食材にももちろんこだわっており、地元の新鮮なフルーツ、野菜は無農薬の有機野菜を利用していますので、屋台や地元の食堂を利用するのをためらう方も安心して口にして頂けます。

チェンマイは一年で一番暑いとされる4月でも夜は長袖で良い程過ごしやすく、人々は穏やかで、街並みも美しい所です。更に物価も安く、食事も日本人の口に合うものが多いのです。近年はおしゃれなお店が増え、タイに行くならチェンマイがイチオシ!そんな中でも飛び抜けておしゃれなお店が今回ご紹介した「ジンジャー&カフェ」です。ぜひ、訪れてみてください!

〈ジンジャー&カフェ〉
住所 199 Moommuang Rd.Tambon Sriphum, Amphur Muang, Chiangmai 50200
アクセス ターペー門より徒歩5分
電話番号や営業時間などの詳細は、記事下MEMOのリンク「ジンジャー&カフェ」からご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/28 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ