潮風に吹かれ鎌倉から江ノ島まで!湘南ジョギングスポットへ!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

潮風に吹かれ鎌倉から江ノ島まで!湘南ジョギングスポットへ!

潮風に吹かれ鎌倉から江ノ島まで!湘南ジョギングスポットへ!

更新日:2015/02/24 17:55

菅野 育朗のプロフィール写真 菅野 育朗 ツアープランナー、温泉ライター、週末ランナー

1年を通し全国各地からの人で溢れる湘南。
その海岸沿いを鎌倉から江ノ島まで、海や島を眺めながらのジョギングはシーズンを問わず爽快なひとときを楽しめます。
電車や車で行く方がほとんどですが、せっかくの景色の良い海岸沿い。ジョギングで巡るのもまたオシャレなもの。

鎌倉駅〜鶴岡八幡宮〜由比ガ浜〜七里ガ浜〜江ノ島へと、1時間半ほどをかけて湘南らしいスポットを走る旅へご案内しましょう!

鎌倉駅からスタート!レトロな江ノ電がお出迎え。

鎌倉駅からスタート!レトロな江ノ電がお出迎え。

写真:菅野 育朗

地図を見る

まずはスタートとなる鎌倉駅へ。江ノ電(江ノ島電鉄)で訪れるとレトロでかわいい電車に出会う事もあります。緑とクリームで塗り分けされ江ノ電では一番古い車両で、中に入ると床は板張り。全体的に丸みをおびた趣のある電車で、電車の揺れも心地良く落ち着きます。

まずは荷物を預ける鎌倉駅のコインロッカーですが、江ノ電側には無く、JR鎌倉駅側にのみ設置されています。JR鎌倉駅東口を降りてコインロッカーの標識に従い右へ進むと100個程のコイン式ロッカーが見つかります。小さい荷物用の300円ロッカーから、中型の500円、縦長で大型の700円ロッカーもありますが、人気の観光地だけに空きが少ないので、利用の際には早めの時間に行く方が良いでしょう。利用時間は0時〜24時ですので1日中可能です。

空きの見つからない場合には駅東口の北側のスペースにも300円用コインロッカーが20個程あります。

由緒ある鶴岡八幡宮へ立ち寄り、まずはお参り。

由緒ある鶴岡八幡宮へ立ち寄り、まずはお参り。

写真:菅野 育朗

地図を見る

鎌倉駅前から、いざスタート!

海岸沿いの道へ出る前に、まずは無事を祈って鶴岡八幡宮へお参りへ。創建から約1000年、源氏にゆかりの深い日本三大八幡宮の一つで鎌倉でははずせないスポットです。
1年を通して国内外の方が訪れ非常に混雑するエリアですので、駅近くの小町通りよりは駅から離れた若宮大路を走りましょう。

鎌倉駅入口の交差点を左折し、鶴岡八幡宮へ向かいます。
10分も走ると八幡宮の鳥居前に到着。いったん足を止めて鳥居前で一礼。儀礼にのっとり参道の端を歩いて手水(ちょうず)で手と口を清め、長い石段を上ります。
その左には平成22年3月に台風で倒れたご神木の大イチョウから新たに出てきた若芽が2メートルほどにまで伸びてきています。大自然の生命力を実感。

いよいよ湘南の海へ!夕方には絶景の江ノ島がくっきりと!

いよいよ湘南の海へ!夕方には絶景の江ノ島がくっきりと!

写真:菅野 育朗

地図を見る

お参り後は鳥居前から若宮大路を海へ向かってジョギングを再開。参道沿いを由比ガ浜までの緩やかな坂を上って15分ほどで砂浜が見えてきます。晴れていれば海水に太陽が反射し、顔が火照るほどの眩しさを感じられます。
ここまでで約30分、駅から3km地点です。

海岸が見えたら海沿いの国道134号線を右折し、あとは海岸線の道をひたすら西へ。
由比ガ浜からは大仏で有名な長谷を抜け、稲村ガ崎の坂を越えて下ると日本の渚百選にも選ばれた七里ガ浜。
有名な地名が並ぶこのエリアですが、この七里ガ浜までで6.5km、ゆっくり走ると1時間弱です。

由比ガ浜から七里ガ浜までは国道134号線沿い海側に広い歩道があり、散歩やジョギングの方を度々見かけますが、七里ガ浜から西は車道が海に近づき、山側にしか歩道の無い所が増えてきます。

温泉好きな方は海のそばから坂を上りきった稲村ガ崎に日帰りの天然温泉「稲村ヶ崎温泉」があり、一息つく事も可能です。

<稲村ヶ崎温泉>
入浴料: 1,400円(大人 ※18歳未満入浴不可)
営業時間: 9:00〜21:00(入浴受付20:00迄・年中無休)
     駐車場あり(2時間無料)
アクセス:江ノ電・稲村ヶ崎駅より徒歩3分、国道134号線沿い
住所: 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-16-13
TEL.: 0467-22-7199

湘南を走る時間帯ですが、何と言っても晴れの日の午前中がお勧め。
鎌倉駅のコインロッカーに手荷物を預けて朝早めに出発しいったん江ノ島まで走り、江ノ島で時間を過ごして日が沈む頃に稲村ガ崎や由比ガ浜へ戻るのが効率的です。

天気の良い日、夕焼けに浮かび上がる島影は絶景です!

潮の香りに誘われ、海沿いの道を江ノ島へ…

潮の香りに誘われ、海沿いの道を江ノ島へ…

写真:菅野 育朗

地図を見る

七里ガ浜でしばし休憩後、鎌倉高校前、腰越と過ぎると江ノ島が近づいてきます。
江ノ島の海水浴場で知られる東浜を過ぎ、江ノ島海岸へ向かう橋の専用歩道を渡る途中地点で、鎌倉駅から10キロ、ゆっくり走って1時間20分。
島に入ると急に観光客の方が増え、メイン通りをまっすぐ進むと江島神社の赤い鳥居が目の前に見えてきます。
いよいよ、ゴールです。
鎌倉駅から10.5キロ地点、1時間30分。

ジョギング終了後は江島神社に参拝したり、江ノ島シーキャンドルと呼ばれる展望台に行ったり、地元ならではのしらす丼を食べたり…楽しみはいっぱいです。
江ノ島内も鎌倉同様にどこも1年を通して非常に混雑しますので、時間には余裕を持って出かけましょう。

おつまみとしても喜ばれる、ちょっとかわったお土産も。

おつまみとしても喜ばれる、ちょっとかわったお土産も。

写真:菅野 育朗

地図を見る

江ノ島内のメイン通りの両側はお土産店や食堂で埋めつくされています。湘南で獲れたサザエやしらす等の海産物やお菓子類もたくさんありますが、たこを丸ごとおせんべいにした「たこせん」はインパクトがあります。ヨコ20cmほど×タテ30cmほどの大きさにも関わらず、わずか320円!
イラストがリアルでかわいらしいのですがたこの香りが口に広がり、味は本格的です。
両手を広げた時よりさらに大きいタコの姿焼き。
1人では食べきれないほどの大きさで、割らずに持ち帰れば家族や友達の笑顔を誘うことでしょう。

見どころいっぱいの湘南。エリアはしぼって。

鎌倉〜江ノ島を中心とした湘南はあちこちに有名スポットが点在。ゆっくり見て満喫するには鎌倉や北鎌倉だけでも丸1日、大仏で知られる長谷と由比ガ浜で半日、七里ガ浜〜江ノ島で1日はかかりますので、歴史を知りたい、海が見たいなど、目的をしぼって出かけるのがコツとなります。
天気が良ければ海へ、悪ければ鎌倉のお寺や神社巡りなど、天候によって代案を作っておくのも賢明です。

しっかりと歩道も整備され、シーズンには海水浴場という事もあり、コンビニやトイレ、水飲み場も整備されています。地元の散歩をしているご夫婦やジョギングをする人とも度々すれ違い、挨拶を交わしながらしばしの雑談も…。

アップダウンは由比ガ浜の西側と稲村ヶ崎の周辺の2ヶ所のみ。ゆるやかな上り坂を上りきると眼下にははるか先まで相模湾の波模様が広がります。

綺麗な夕焼けや砂浜を1時間以上ずっと望みながらジョギングが出来る珍しいエリア、湘南。
サーフィンを楽しみ、砂浜を散歩する人の姿は1枚の絵の中の風景のようです。
人も風景もオシャレな湘南の風に吹かれながら、絵の中の風景に入ってみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/06−2015/02/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -