「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」からは洞爺湖も海も楽しめる!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」からは洞爺湖も海も楽しめる!

「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」からは洞爺湖も海も楽しめる!

更新日:2015/03/13 15:07

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター

その特異稀な立地から「警備しやすい」ということで、北海道洞爺湖サミットの会場となったザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ。洞爺湖そばの高台に建ち、洞爺湖の絶景が一望できるということで、宿泊客のみならず観光スポットとしても訪れる人の絶えないホテルです。実はここからは洞爺湖だけではなく、海も一緒に眺められるのです。今回は一度は訪れてみたいザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパをご紹介します。

高台にそびえるリゾートホテル

高台にそびえるリゾートホテル

写真:東郷 カオル

地図を見る

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパは洞爺湖西のポロモイ山の高台にあります。ここからは洞爺湖を一望でき、宿泊者のみならず観光客もひと目ここからの景色を眺めようと立ち寄る場所。パーキングに車を停めて、ホテルに向かうと、重厚な入口にはドアマンが。一瞬、宿泊者以外は入っちゃいけないのかな?と思わせるような敷居の高い感じですが、大丈夫です。そのまま進むとドアマンが「いらっしゃいませ」と扉を開けてくれます。

もちろんホテルの中には、ショップやレストランなど、宿泊客以外が利用できる施設が沢山ありますので、景色と一緒にグルメやショッピングも楽しみましょう。

開放的なロビー

開放的なロビー

写真:東郷 カオル

地図を見る

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパのロビーはほぼ一面のガラス張り。この下が洞爺湖で、ぽっかり浮かぶ中島がよく見られます。この大きなガラスの両端に、外へ出られる扉がありますので是非外からの景色も眺めてみましょう。外へ通じる扉は二重になっています。強風や室内外の気温差が激しいことがうかがえます。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパからの洞爺湖の眺め

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパからの洞爺湖の眺め

写真:東郷 カオル

地図を見る

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの建物の外にでると、洞爺湖を眺めるのにちょうど良い遊歩道があります。
洞爺湖は日本で3番目の大きさのカルデラ湖。カルデラ湖とは火山活動でできた湖で、洞爺湖の真ん中にぽっかり浮かぶ中島は約5万年前の噴火で形成された島です。洞爺湖周辺には、湖を眺めることのできるビュースポットがいくつかありますが、この高さから洞爺湖を見下ろせるのはここだけ。

春と秋の条件が整った時、雲海が発生することがありますので、運よく遭遇したら神秘的な光景が見られます。

ん?洞爺湖…じゃなくて海!!

ん?洞爺湖…じゃなくて海!!

写真:東郷 カオル

地図を見る

遊歩道を歩いていると「ポロモイ山頂」というプレートの掲げられたウッドデッキがあります。この辺りからも洞爺湖がよく見えるのですが、ふと振り返ると後ろにも湖が…。でも少し様子が違います。実はこちらは内浦湾。ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパといえば洞爺湖が一望できるイメージですが、海も見えるのです。それゆえホテルの部屋は湖側と海側があります。普通は海側と山側、とか湖側と街側、といったふうにどちらかは少し残念なビューのホテルが多いのですが、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパはどちら側も「当たり」。レイクビューのお部屋もオーシャンビューのお部屋もあるのです。

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパでグルメを楽しむなら

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパでグルメを楽しむなら

写真:東郷 カオル

地図を見る

グルメを楽しみたい方は11階のレストランフロアか、1階サウスウィングのショッピングモールへ。11階のレストランからはロビーからの景色よりも更に一層高い場所からの洞爺湖を眺めることができます。

写真は1階のブーランジュリー・ウィンザー。北海道の材料はもちろん、世界中から厳選した材料で作るパンは、お腹いっぱいでも取りあえず買って帰っておくべき。ドライブの途中ででも是非その味を楽しんでみて!お店もパン本来の良い香りがしますが、包みを開けた瞬間もその香りに再度癒されます。

観光スポットになりうるホテル

洞爺湖を訪れたら、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパに是非足を運んでみてください。洞爺湖湖畔にある展望台とはまた違った絶景が楽しめます。
宿泊者だけではなく、立ち寄り観光客にも優しいホテル。是非グルメや景色を楽しんでみましょう。
ここからは洞爺湖で打ち上げられる「洞爺湖ロングラン花火大会」を上から見下ろすかたちで鑑賞することができますので、花火の開催期間に合わせて宿泊するのもおすすめです。花火大会の様子は下記MEMO欄でご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -