スイスで温泉!極上スパホテル『グランド リゾート バートラガッツ』

| スイス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

スイスで温泉!極上スパホテル『グランド リゾート バートラガッツ』

スイスで温泉!極上スパホテル『グランド リゾート バートラガッツ』

更新日:2015/02/19 15:00

高橋 樂のプロフィール写真 高橋 樂 旅行ブロガー

スイス屈指の温泉保養地バートラガッツは『アルプスの少女ハイジ』の故郷、マイエンフェルトのすぐ隣。ここにある『グランド リゾート バート ラガッツ』には2軒の5つ星豪華ホテルがあり、高級感あふれるスパ施設が併設されています。スイスの大自然に囲まれての極上スパ体験、記念日や自分へのご褒美にいかがですか?最高の癒しのひと時を過ごせますよ。
スパセンター『タミナテルメ』は、宿泊者以外も利用可能です。

『グランド リゾート バート ラガッツ』の2軒の超豪華5つ星ホテル

『グランド リゾート バート ラガッツ』の2軒の超豪華5つ星ホテル

写真:高橋 樂

地図を見る

バートラガッツの源泉は、13世紀にタミナ峡谷で発見されました。16世紀の医師(錬金術師)パラケルススが書いた温泉の効能の記録が今も残っています。

『グランド リゾート バート ラガッツ』はそこから約6.4キロの地点、パイプラインで温泉を引きスイス屈指の温泉保養地、高級スパ・リゾートとして大変有名です。
ホテルは、高級スパ併設の5つ星豪華ホテル『グランド ホテル クエレンホフ & スパスイート (Grand Hotel Quellenhof & Spa Suites)』と『グランド ホテル ホフ ラガッツ(Grand Hotel Hof Ragaz)』の2棟を有しています。
他には、カジノ、PGAチャンピオンシップのオフィシャルなゴルフ場や各国料理が味わえる8つのレストランなどもあります。

両ホテル、どちらも5つ星で素晴らしく豪華なのですが、『グランド ホテル クエレンホフ & スパスイート (Grand Hotel Quellenhof & Spa Suites)』の方がより洗練された雰囲気で宿泊費も高めです。
『グランド ホテル ホフ ラガッツ(Grand Hotel Hof Ragaz)』の方は、伝統的で落ち着いた雰囲気を持ち、1840年初めて温泉が引かれた場所でもあります。以前は少々古い印象もありましたが、2009年にリノベーションが終わり、新しく生まれ変わりました。こちらには18世紀さながらインペリアルな雰囲気のPalaisと呼ばれるお部屋もあります。

スイス屈指の極上スパ体験はいかが?

スイス屈指の極上スパ体験はいかが?

写真:高橋 樂

地図を見る

『グランド リゾート バート ラガッツ』は、総面積12,800平米、ヨーロッパ最大級のリゾートということもあり、ホテルの部屋もさることながら、スパも超豪華です。屋内外プールの他、サウナとスチームバス、プライベートスパなど沢山の立派な温泉設備を有しています。宿泊客はそれらをほぼ無料で使用することができます。温泉といっても、日本と違いこちらでは水着着用ですのでどうぞお忘れなく。

1872年に創建されたこのスパには、ホテル宿泊客専用のヨーロッパ最大を誇る大理石仕様のインドアプール(ヘレナプール)があります。ローマの浴場を思わせるような超豪華な雰囲気です。ここでひと泳ぎしたら、一気に気分は王侯貴族!?

館内のメディカル、マッサージの諸施設のスタッフは総勢70名。スイスオリンピック委員会のメディカルセンターにも指定されています。このスパ一番のアピールポイントは、水温を体温と同じ36.5度前後に保っていること。母の胎内のような心地良さがあります。また内外の環境や設備に応じて微妙に温度を変えるなど、水温設定にもかなりこだわって運営されています。

また、こちらのスパでは、しっかりした医療ベースにのっとってのトリートメントやマッサージ、リラクゼーションのプログラムが多種多様揃っていますので、お時間のある方はぜひご体験ください。体の芯からほぐれること間違いなしでしょう。また、お時間の無い方は、お手軽にフェイシャルだけというのも可能ですよ。

宿泊者以外も利用可能・スパセンター『タミナテルメ』

宿泊者以外も利用可能・スパセンター『タミナテルメ』

写真:高橋 樂

地図を見る

敷地内には、宿泊者以外も利用可能なスパセンター『タミナテルメ(Tamina Therme)』もあります。宿泊者はバスローブのまま行くことができます。温泉を飲める場所もありますので是非飲んでみましょう!柔らかく飲みやすいミネラルウォーターで胃腸を整える効果が期待できます。

温泉施設は、屋内外の大きなプール、打たせ湯、ジャグジーなど数種のバスが楽しめます。温度も微妙に変えてありますので、好きなバスを見つけてみてください。

こちらの雰囲気は、外来者が多いためザワザワしているかと思いきやそんなことはありません。どちらかというと年齢層も高く、皆、静かにリラクゼーションを楽しむといった落ち着いた風情の温泉です。

特に屋外のプールは気持ちいいですよ。スイスの澄んだ空気や、プールを囲む緑の木々に癒され、日頃の憂さもすべて忘れてリフレッシュできます。

また、こちらで是非お勧めしたいのは、風呂上がりに着せてもらえる温かいバスローブサービスです。これは感動モノの心地良さです。これを着て、リラクゼーションチェアに横になると、もはや夢心地、この世の極楽を味わえますよ。

ホテル周辺の見どころ

ホテル周辺の見どころ

写真:高橋 樂

地図を見る

ホテルの周囲は大きな木が沢山あり森のような雰囲気になっています。空気はとても清々しく、木々の間を散歩するだけでもとてもリフレッシュできますよ。

かなりの大きさに育った木々が、時折風に揺れる様は迫力があります。屋内からガラス越しに見るその姿は、また一味違い、どこか詩的で味わい深いものがあります。

またホテルを出て少し歩けば、グレーに濁った川を見かけます。氷河や氷河湖から流れ出て削られた岩と混じってこの色になっているそうです。
また、「ハイジ気分を存分に味わいたい!」という方は、街中を通る観光用の馬車に乗ってみるのもおススメですよ。

他の主な見どころは、源泉のある郊外のタミナ渓谷や温泉博物館。ポストバス等で行くことができます。

『アルプスの少女ハイジ』のマイエンフェルトはすぐ隣の駅

『アルプスの少女ハイジ』のマイエンフェルトはすぐ隣の駅

写真:高橋 樂

地図を見る

バートラガッツの隣の駅は、『アルプスの少女ハイジ』の舞台となった村、マイエンフェルトです。ちなみに、バートラガッツはハイジの物語の中で、クララの足の治療のため湯治場として描かれていました。物語の中の話とはいえ、歴史を感じますね。

このあたり一帯は、ハイジの物語のような素朴な風景だということで『ハイジランド(Heidiland)』と呼ばれています。

定番コースは、ハイジが過ごした夏のアルムの山小屋、冬の家(ハイジドルフ)などです。夏は程よく涼しく、緑や花々も美しくて訪れるには最高の季節ですよ。道を横切る牛に出会ったり、ブドウ畑が広がっていたり、まさにハイジの世界です。

ただし、ハイジの夏の山小屋までは往復6時間と結構長距離を歩かなければならないので、気合を入れて歩きやすい靴と服装で訪れてくださいね。
そして再びバートラガッツのホテルに戻ったら、極上スパで1日の疲れを癒してください。

まとめ・行き方

『グランド リゾート バート ラガッツ』はスイス屈指の温泉スパリゾート。2軒の5つ星豪華ホテル『グランド ホテル クエレンホフ & スパスイート 』と『グランド ホテル ホフ ラガッツ』を有し、多種多様なバスで極上スパを体験することができます。温泉施設『タミナテルメ』は宿泊者以外も利用可能。温度にこだわりぬいた温泉は気持ちよく、澄んだ空気と大自然に囲まれたスパ体験は極楽そのものです。
また、隣の駅には『アルプスの少女ハイジ』の舞台と言われる人気の観光地マイエンフェルトがありますので、そちらもぜひ併せて訪れてみてください。

■行き方
『グランド リゾート バート ラガッツ』へはバートラガッツの駅から約1.2キロ。荷物があればタクシー利用が一番便利です。所要時間約5分。

掲載内容は執筆時点のものです。 2007/06/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ