チェコの世界で一番美しい街!チェスキークルムロフの散歩旅

| チェコ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

チェコの世界で一番美しい街!チェスキークルムロフの散歩旅

チェコの世界で一番美しい街!チェスキークルムロフの散歩旅

更新日:2015/02/19 17:32

LUIのプロフィール写真 LUI アマチュア写真家

チェスキークルムロフは「世界で一番美しい街」のキャッチコピーで人気上昇中の東欧チェコの南ボヘミアにある小さな街です。
ブルタヴァ川と周辺の緑に抱かれたこの街はルネサンス様式の建築が数多く残され、1992年に世界文化遺産に登録されています。
今回は首都プラハからバスで3時間の日帰り観光もできる素敵な街のオススメ散策ポイントを紹介します。

バス停からいきなりのビューポイント!

バス停からいきなりのビューポイント!

写真:LUI

地図を見る

チェスキークルムロフは13世紀に貴族Vitkov家によって城が建築された事を歴史の始まりとする街です。16世紀に時の支配Rozemberk家のもとルネサンス様式の町が完成し、多くの建築がその当時のまま保存されています。

チェスキークルムロフへは首都プラハから長距離バスの利用が便利です。
チェスキークルムロフのバス停(Autobusove nadrazi)から街の中心部の旧市街に向かう途中、さっそく素敵な景色に出会えます。バスターミナルからのちょっとした坂道を登ってすぐのところですのでうっかり過ぎてしまわないようにご注意ください。

ここから見えるのは空に向かって伸びる街のシンボル、チェスキークルムロフ城の塔を中心とし、街を抱くヴルタヴァ川の流れ、屋根のオレンジと丘の緑が美しく調和された色合いの町並みです。
まるで絵ハガキのような景色が目の前に広がり、街に着いてさっそく、ここに足を運んでよかったと思わせてくれることでしょう。

だまし絵のチェスキークルムロフ城

だまし絵のチェスキークルムロフ城

写真:LUI

地図を見る

バス停からは中心部を目指して散歩です。街自体は小さく、見どころは歩いて見に行くのが基本となります。

バス停から少し歩いて旧市街に入る橋を渡り、もう一つのビューポイントの地域博物館を過ぎ、引き続き道をまっすぐ歩くとスヴォルノスティ広場に出ます。そしてそこからヴルダヴァ川に架かる橋を渡り、チェスキークルムロフ城を目指します。

チェスキークルムロフ城にはこの街のほかのところと同じようにいたるところにだまし絵が採用されています。これはプラハでも見られる外壁装飾の一つです。
遠くから見ていて立体的で美しいと感じた塔の装飾も実は絵で彩られたものだと近くから見て気づかされます。塔の細やかな絵柄は一つのまとまった様式でなく、ゴシックとルネサンスといった異なる様式で描かれています。

城の塔から眺める街の風景

城の塔から眺める街の風景

写真:LUI

地図を見る

チェスキークルムロフ城の塔へは登ることができます。
この塔からの眺めは遮るものがなく360度見て回ることができ、そのどれもが素晴らしい景色です。
真下を見れば城内を渡すことができ、城を囲う堀にいるクマを見ることができます。また、街を見渡せばにぎわう広場や川のほとりでオープンカフェを楽しむ人々、緑あふれる丘が広がります。まるでおとぎ国の世界に訪れたかのような感覚になれるこの塔は登る価値ありです。

城の塔
4.5.9.10月 9:00〜17:00
6〜8月      9:00〜18:00
11〜3月     9:00〜16:00
入場料 大人50チェココルナ、子供30チェココルナ

撮影ポイント!街の定番構図で記念撮影

撮影ポイント!街の定番構図で記念撮影

写真:LUI

地図を見る

チェスキークルムロフ城を抜けて城の橋を渡り少し歩くと左手に絶好のビューポイントが現れます。
ここはヴルタヴァ川沿いの崖の一角にある展望スポットで、街を流れる川、チェスキークルムロフ城、ヴィート教会、町並み、奥に広がる丘の緑が一望できることが魅力です。
他の展望スポットと違いチェスキークルムロフ城、ヴィート教会、ヴルタヴァ川のすべてが一枚に収まり、しかも広い展望スペースがある唯一のポイントということで人気の記念撮影スポットです。

地ビール・エッゲンベルクの醸造所でチェコ料理とビール!

地ビール・エッゲンベルクの醸造所でチェコ料理とビール!

写真:LUI

地図を見る

街を散歩すればお腹が減るもの。
街のビール醸造所の直営レストランで食事はいかがでしょう?
チェコといえば日本でも主流となっているビールの醸造法・ピルスナー発祥の地であり、一人当たりビール消費量世界一のビール大国です。
そしてチェスキークルムロフでは地ビール・エッゲンベルクが味わえます。
紹介するRestaurance Eggenberg(レスタウラツェ エッゲンベルク)はかつては醸造所の一部だった建物を使ったレストランで今も隣ではビールが醸造されています。
ここでは伝統的なチェコ料理を味わうことができます。英語のメニューもありますのでご安心ください。
ここで飲めるビールはピルスナーと黒ビールの大きく分けて二種類あり、ビール大国ならではのビールに合う料理も多数そろっています。
(写真はソーセージの黒ビール煮込み)

まだまだ魅力たっぷり!

チェスキークルムロフの散歩旅にはまだまだ紹介しきれていない魅力がたっぷりあります。
城内のガイドツアーや城の中庭の装飾された壁面、緑にあふれた城の庭園、聖ヴィート教会、何気ない街の路地裏、ブルタヴァ川沿いのオープンカフェ、更にはヴルタヴァ川でラフティングのアクティビティを楽しむことができます。
ぜひ、チェスキークルムロフの街へ訪れてみてください。

・チェスキークルムロフへのアクセス
プラハ Na Knizeciバスターミナル(地下鉄ANDEL駅上がってすぐ)から長距離バスで約3時間。
(運行会社STUDENT AGENCY。HPで購入可能、プラハ駅にチケット販売窓口あり、1日8便)

・街のINFORMATION
スヴォルノスティ広場、チェスキークルムロフ城前

情報は2015年2月現在です。OFFシーズンは閉まっている場所もあるのでくれぐれも事前に下記MEMOにあるHPをご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ