氷河が作った美術館!北米・世界遺産「グレイシャー国立公園」

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

氷河が作った美術館!北米・世界遺産「グレイシャー国立公園」

氷河が作った美術館!北米・世界遺産「グレイシャー国立公園」

更新日:2015/03/16 10:30

カナダの国境と接しているアメリカのモンタナ州グレイシャー国立公園は、50以上の氷河と共に200以上の湖が美しく点在していています。
また、ヨセミテなどの有名な国立公園の様に観光地化されておらず、手付かずの山や野生動物の姿が見られます。
その上、世界遺産にも登録されているのにも関わらず、観光客も少なく、ロッキー山脈を見るのにも絶景のスポット。
今回は、そんな秘境と言える山岳国立公園をご紹介します。

「ビッグ・スカイ」と呼ばれているモンタナ州の魅力!

「ビッグ・スカイ」と呼ばれているモンタナ州の魅力!
地図を見る

モンタナ州は、「ビッグ・スカイ」というニックネームの通り、とても大きな空を持っています。空が大きいという感覚は、日々の生活は勿論、有名な観光地や大都会では味わうことが出来ません。これぞ、まさに非日常という感覚を全身で感じることが出来る土地。
また、陸地面積では全米第4位ですが、人口密度では小さい方から第3位で人が住んでいる部分が非常に少ないのです。
ですから、多くの自然と野生動物がこの土地の主役だと充分に言えるでしょう。

その上、この州は「ビッグ・スカイ」の他にも「宝の州」「輝く山脈の地」さらに最近では「最後の最良の地」と言われています。

そんなモンタナ州で体感するこの世界遺産を見ることが出来るなんて、最高の贅沢とも言えるでしょう♪

楽しく遊べる湖「マクドナルド・レイク」

楽しく遊べる湖「マクドナルド・レイク」
地図を見る

写真は、この国立公園で最も大きい湖「マクドナルド・レイク」。この湖は、グレイシャー国立公園の見どころでもあり、息を呑むほど美しい光景です。

また、この国立公園で最もにぎやかな場所で、ボート遊びをする人やその周りでピクニックをする人たちが見られます。また、この湖に沿って道路が走っており、ロッキー山脈の真中にある氷河が削った険しい山々と共に爽快なドライブを楽しむことも可能。

写真を見ていただければ、おわかりいただけるでしょう。いつ訪れても、マクドナルド・レイクには、まるで鏡のように山々と木々が湖に映し出されています!

大自然を堪能しよう!

大自然を堪能しよう!
地図を見る

グレイシャーあるすべてのものが未着手の原生地域で保護されている広大な生態系のひとつなのです。そんなグレイシャー国立公園に生育する植物は1,132種以上あり、絶滅危惧種として登録されている哺乳類も含めて62種の生息が確認されています。

その為、見たこともない野生の動植物をそのままの状態で見ることができます。
マウンテンゴートをはじめ、グリズリーベアやブラックベア、ムースといった大型動物や、ナキウサギ、リス等の小動物たちが生息し、どんな生き物に会えるのかは、訪れたあなたの運次第♪

四季折々の楽しみ方が出来る!

四季折々の楽しみ方が出来る!
地図を見る

花が咲く春には、草原に花のじゅうたんのような鮮やかさを見せてくれます。どこを見渡しても花があるというようなこの世のものとは思いがたい景色が広がることでしょう。

暑い夏になると美しく透き通っていて、飲めるほど綺麗な滝や湖(不可の所もあるので要注意)で水遊びを堪能できます。また、山と言うこともあって、とてもひんやりした水がとても気持ちいいこと間違いなし!

秋になると、写真の様に美しい紅葉が青い空と湖と調和し、心地よい風と共にドライブには最高のシーズンを迎えます。

最後にオフシーズンと言われている冬ですが、アメリカの北部ということもあり、寒いだけではなく、必ず真っ白な美しい雪景色を見ることができます。また、標高の低い谷であれば、スキーも可能。

どの季節も魅力的で訪れて後悔することは、ないでしょう♪

秘境の世界遺産、グレイシャー国立公園に行ってみよう!

秘境の世界遺産、グレイシャー国立公園に行ってみよう!
地図を見る

今までカナダにあるカナディアン・ロッキーやアメリカにある西海岸のグランドサークルなどの国立公園に行ったことがある人は、その観光客の少なさに必ず驚くでしょう。
公園への訪問者は平均して年間200万人をわずかに下回るほど。

観光客が少ない原因は、大都市から離れた場所に位置している為、旅行会社もグレイシャーへ国立公園へのツアーを積極的に組まない現状にあるからです。しかし、ツアーは少ないと言えどないわけではありません。また、日本からの直行便は運航していませんが、シアトル、ミネアポリスで乗り継いて個人で行くことも可能です。
それほど難しいアクセスではなく、途中でスターバックスコーヒーの発祥地・シアトルなどでも観光することもできます。

最後に…

まさに秘境と言うのにふさわしいグレイシャー国立公園。
まだまだ、この世界遺産を訪れたことのある日本人は少ないでしょう。

世界遺産となるとどうしても人ごみに揉まれてしまうことがよくあります。そんな人ごみの中で楽しむことを避けたい方におすすめです。
そして、本当の非日常を全身で感じてきてください。きっと未知なる大自然のパワーで癒されるはず。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -