三崎のマグロは鮨だけじゃない!B級&地元グルメで食べ歩き

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

三崎のマグロは鮨だけじゃない!B級&地元グルメで食べ歩き

三崎のマグロは鮨だけじゃない!B級&地元グルメで食べ歩き

更新日:2015/02/20 14:12

神奈川県にある「三崎口駅」は京急線の終着駅。
そこには三崎漁港があり、まぐろの聖地として有名!
そのため、この辺一帯は、お鮨や刺身、丼とマグロづくしの店がひしめきあっているのですが、三崎のマグロの美味しさが分かるのは、お鮨だけじゃ〜ないのです!
今回は、三崎だからこそ食べられる、マグロを使ったB級&地元グルメ4選をご紹介!
これを見終わるときには、あなたもこのグルメが食べたくなる!?

漁港&産地直送店「うらり」

漁港&産地直送店「うらり」
地図を見る

神奈川県三浦市にある三崎漁港は、特定第3種漁港に指定され、今では「三崎まぐろ」の産地としてもその名は広く知られていますね。
町はマグロ料理店の激戦区です!

写真右側の位置に「うらり」という施設があります。海と魚を楽しむという意味を持つ「うらり」、中には産地直売センターやマグロを使った料理を出す小店が多数あります。漁港関係、マグロの仕入れ業者や、観光客が集う場所です。

中華料理「牡丹」の「三崎まぐろラーメン」

中華料理「牡丹」の「三崎まぐろラーメン」
地図を見る

このエリアのB級グルメ「三崎まぐろラーメン」。

三崎まぐろラーメンを提供する中華料理「牡丹」は、一見すると分かりにくい場所にあるのですが、知る人ぞ知る隠れ家的名店です。

味は、塩とカキ醤油であっさり。角切りされたマグロがあんかけになっています。しかし見た目よりもあっさり味が特徴です。マグロが入っているのでスープの最後まで飲み干せます。隠し味には、右にある三崎まぐろらー油。自家製のこのらー油がかなりアクセントになっていて最高に美味しい!

店内にはなぜか歴代神奈川知事のサイン。そのメッセージに「また食べたくなる・・」と書いてあるのですが、まさにその通りです。

・中華料理 牡丹
神奈川県三浦市三崎3ー4ー10

うらりの中にある「とろまん」

うらりの中にある「とろまん」
地図を見る

さきほど紹介したうらり。

この中にあるお店。店の看板にも「とろまん」と分かり易く掲げてあるのですぐ分かります。「とろまん」やっぱりこれを食べないことには、ここに来た意味がありません(笑)。

包んでいる紙にもしっかりとろまんアピール。
中にはマグロの身とエキスがギッシリつまっています。味はわりとあっさりで本来のマグロの旨みが出てきます。できたての「とろまん」は、ほっかほかで美味です。

うらり内の「まぐろの串カツ」・「まぐろコロッケ」

うらり内の「まぐろの串カツ」・「まぐろコロッケ」
地図を見る

「まぐろの串カツ」「まぐろコロッケ」も、うらり内にあります。

ここの店主がとっても気さくでお茶目な宣伝マン。メディア慣れしているようで、料理の数々をもってテレビに多数出演されています。

まず「まぐろの串カツ」。1串に3つの角切りマグロを使っています。サクサク衣の中からは、ほくほくのジューシーなマグロ。歯ごたえがしっかりとあってこちらも美味。

次に「まぐろコロッケ」は、見た目より重量感あり。中身のマグロがぎっしり詰まっていることが1口かじるとすぐに分かります。
全て自家製よ〜とここの女将が言う通り、値段の割にボリューム抜群、お手製感納得です。

まるいちの「みりん干しまぐろ」

まるいちの「みりん干しまぐろ」
地図を見る

実はこれが一番推したいグルメ、「みりん干しまぐろ」。

焼かなくてもそのままでも食べられるのが自慢の、女将オススメの一品です。地元の人がつまみ食いしてしまうほど無造作に置かれていますが、これが絶品。今までのまぐろの印象を覆されます。

味付けは、醤油とみりんで少し甘めに。
このまま食べると、歯ごたえは刺身を少し硬くした食感、噛むごとに”じっゅわ〜”と甘い醤油が出てきます。そしてこれを焼いて食べると(本来の食べ方)、なんとも不思議な食感に様変わり。レアのお肉を食べているようです。お茶漬けやお酒のあてにピッタリです。

・まるいち食堂
神奈川県三浦市三崎3丁目5ー12

食べたいでしょ?

京急三崎口は、都内からも約1時間ほどの距離。
都心からこれほど近く、マグロをここまで食せる場所もないですよね。特にB級&地元のグルメは、ここ三崎でしか味わうことのできないものばかり。
三崎にマグロ三昧の料理を食べに行きませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ