入口にBAR!進化系カプセルホテル「ファーストキャビン築地」はこんなにお洒落!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

入口にBAR!進化系カプセルホテル「ファーストキャビン築地」はこんなにお洒落!

入口にBAR!進化系カプセルホテル「ファーストキャビン築地」はこんなにお洒落!

更新日:2016/01/14 17:15

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

2015年1月28日、築地駅から徒歩1分、銀座エリアから徒歩5分、複数の路線を利用できる好立地に誕生した「ファーストキャビン築地」。カプセルホテルに分類されますが、とびきりお洒落な女性専用フロアやBARまであり、優雅な雰囲気を味わえます。
普通のカプセルホテルとはひと味違う「ファーストキャビン築地」は、築地で美味しいご飯を食べたい人や、銀座でショッピングを楽しみたい人にとってはたまりません!

扉を開けてビックリ!カプセルホテルとは思えない華やかさ

扉を開けてビックリ!カプセルホテルとは思えない華やかさ

写真:安藤 美紀

地図を見る

銀座や築地からも近く、様々なエリアが交差する好立地に誕生した「ファーストキャビン築地」。一番近い東京メトロ築地駅の2番もしくは4番出口から徒歩1分、銀座エリアから徒歩5分という場所にあるので、築地や銀座散策に使う拠点として最適!また、2020年に開催される東京オリンピック会場にも近く、今後さらに注目度が高くなることが予想されます。

「ファーストキャビン築地」は、入り口の扉を開けると、驚くことがいっぱい!
玄関すぐの細長い通路には、超お洒落なBARが現れます。ここは宿泊者だけでなく、外部の人も気軽に立ち寄れるというカフェ&バー。
朝は宿泊者の朝食を食べるための場所ですが、ホテルのチェックインの時間(17:00〜)になると誰でも立ち寄れるオープンスペースになります。

驚くことに、ワインは約80種類(そのうちグラスワイン500円で提供しているのは50種類)、生のフルーツを使った生カクテルやハイボール、ウイスキー、バーボンなど、お酒の種類がとにかく豊富!お料理も、海老とタコのシーザーマリネ、田舎風パテなどのおつまみ系から、豚バラ肉の香草焼きなど本格的なものまで、値段も手頃で充実したラインナップになっています。チャージ料もかかりませんので、BARとして利用するだけもかなりお得。近隣は新聞社も多く、夜はサラリーマンでいっぱいになることも多いとか。

飲み過ぎて終電を逃しても、ここはホテルなので安心。
そのまま泊まって行くのもアリですね!

<BAR 営業時間>
朝 5:00〜10:00(宿泊者のみ利用可)、夜 17:00〜26:00 ラストオーダー25:30(誰でも利用可)

エアライン風の制服を着たスタッフが直接モーニングコール

エアライン風の制服を着たスタッフが直接モーニングコール

写真:安藤 美紀

地図を見る

「ファーストキャビン」は、大阪・京都・羽田空港・秋葉原・博多の5店舗でホテルを展開。そして今回、新たに築地店が加わりました。
グループ全体のコンセプトは、“コンパクト&ラグジュアリー”。飛行機のファーストクラスをイメージしたという、進しいタイプのカプセルホテルです。

ファーストクラスをイメージしただけあって、スタッフの制服はキャビンアテンダントを意識したデザイン。首元でキュット結んだスカーフが、とってもキュートです。

「ファーストキャビン築地」では、ビジネスホテルのようにフロントスタッフが常駐し、丁寧なサービスを心がけているそう。そのサービスの一つが、スタッフのモーニングコール。ここはカプセルホテルなので、目覚まし時計のアラームは鳴らせません。…ですが、予めスタッフの方に伝えておくと、部屋まで直接来てモーニングコールをしてくれる、という嬉しいサービスまであるんです!

一般的なカプセルホテルは、簡素でちょっと寂しい感じがしますが、「ファーストキャビン築地」は華やかで驚きがいっぱいです。

「ファーストキャビン築地」のテーマは“和”

「ファーストキャビン築地」のテーマは“和”

写真:安藤 美紀

地図を見る

「ファーストキャビン」は各店舗ごとにテーマが決まっています。築地店のテーマは“和”。
全体的に、赤と黒を基調にした大人っぽいクールなデザインで統一されています。廊下には梅など“和”を意識した絵柄が壁紙として使われていますが、全フロア絵柄が違うので、ちょっと意識して見てみると楽しめますよ。

また館内は、セキュリティーゲートで女性用・男性用に分けられています。女性専用フロアは、7階と8階。チェックインの時に渡されるカードキーが無ければ、宿泊するフロアに立ち入れない仕組みになっています。これなら女性1人でも安心だし、男性の目を気にする必要もありませんね。

カプセルホテルの概念を覆す広い客室

カプセルホテルの概念を覆す広い客室

写真:安藤 美紀

地図を見る

さて、続いては客室をご案内いたします。
客室は、ビジネスクラスとやや広めのファーストクラスの2つのサイズがあります。

■ビジネスクラス
カプセルホテルというと上下に2段に別れているイメージですが、あえて1段に設定。高さ2.1mもあり、中で体を曲げなくても十分立てるようになっています。コンパクトなタイプですが、狭さを感じさせません。小さい貴重品を入れるセキュリティボックスも付いています。基本料金は5800円。(曜日によって前後あり)

■ファーストクラス
120cm幅のセミダブルベッドを備えた広いタイプで、地上の“ファーストクラス”を再現しているそう。ベッドの下にノートパソコンなど入れられる大きなセキュリティボックスが付いていて、貴重品はここに入れておけば安心。基本料金はビジネスクラスより1,000円アップです。

どちらのタイプも壁に32インチの液晶TVが備え付けられています。ヘッドホンをつければ、隣の音を気にせず好きなTVを楽しむことも。着替え・タオル・歯ブラシなどもすべて無料で使うことができますので、手ぶらでふらっと来てもOKですよ。

2時間から利用できるショートステイプランもあるので、忙しい合間にちょと仮眠したいときや、大浴場に入って気分転換したいときにも便利!

基礎化粧品はフル装備。ヘアアイロンまである充実っぷり!

基礎化粧品はフル装備。ヘアアイロンまである充実っぷり!

写真:安藤 美紀

地図を見る

「ファーストキャビン築地」には広々した明るい大浴場があり、女性のみですが、シャンプー・リンス類は真珠のタンパク質を配合したミキモト コスメティックス製を使うことができます。備え付けなのに、髪がきしむことなく、しっとり洗い上がるのも嬉しい点です。

化粧水などの基礎化粧品は、資生堂を使用。資生堂は世界各国で展開している化粧品メーカーなので、外国の方でも安心してご利用いただけますよ。
また、ドレスルームにはヘアアイロンまで置いてあり、とにかく女性に嬉しい設備が多い印象!各フロアに洗面台とお手洗いがあるので、朝の身支度程度であればこちらを利用するといいでしょう。

築地の店舗から新たな設備として加わったのが、シャワーブースに併設された個室の脱衣室。他の人の前で服を脱ぐのに抵抗がある…という時でも完全個室になるので、他人の目を気にせず利用できます。

東京の旅をより快適にする「ファーストキャビン築地」

「ファーストキャビン築地」の場所は、築地駅や築地市場のすぐそば。行列必至の美味しいお寿司屋さんで朝ごはんを食べたいときにも、少し早起きすれば、先頭付近を確保できる可能性がグッと高くなるので便利です。

簡素で無機質なカプセルホテルの概念を大きく変える「ファーストキャビン築地」。実際に使ってみないとカプセルホテルのイメージはつかみにくいと思いますが、ここは利用者の満足度が圧倒的に高く、リピーターが多いホテルです。お洒落感が至る所に散りばめられた「ファーストキャビン築地」を宿泊すれば、東京の旅をより快適なものにしてくれるでしょう!

<ファーストキャビン 最新情報>
2015年11月2日(月)にオープンを予定しているのが、ファーストキャビン愛宕山。こちらは、話題性と利便性に富んだ東京港区西新橋エリアでの開業となります。話題の新店は、優しい木目調と新橋色をインテリアのテーマカラーになるそう。今から大注目です!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ