週末はより盛り上がる!お土産も見つかる台湾「高雄文化中心」の見どころ

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

週末はより盛り上がる!お土産も見つかる台湾「高雄文化中心」の見どころ

週末はより盛り上がる!お土産も見つかる台湾「高雄文化中心」の見どころ

更新日:2015/04/17 12:23

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

「高雄文化中心(センター)」は、各種公演や展覧会などが行われる高雄市の文化の中心地。市民の文化活動の拠点であるだけでなく、観光客も訪れるだけの見どころがたくさんある場所です。周囲にはアートな椅子があったり、バス停がパブリックアート化していたり、芸術的な楽しみ方ができるエリアでもあります。特に、手作り市や有機栽培市が行われる週末は賑わいもMAXに。今回は見所たくさんの「高雄文化中心」をご紹介します!

高雄文化中心(センター)

高雄文化中心(センター)

写真:湯山 千里

地図を見る

「文化中心(センター)」は、1981年に設立され、屋外緑地面積は7055ヘクタールにものぼる広大な敷地を有しています。ホールや展示質、会議室などの他にも図書館などもあり、高雄市民のレクリエーションの場所としても親しまれています。「文化中心(センター)」の周りの数多くのパブリックアートや画廊などもさることながら、周辺には話題のバス停もあります。

巨大な学生かばん!

巨大な学生かばん!

写真:湯山 千里

地図を見る

「文化中心」前の道に現れた巨大な学生かばん。正面にまわってみると...バス停!?このバス停、実は巨大な机を模したものなんです!創意工夫がされたバス停は、高雄市政府文化局が2010年から行っている公車候車亭改造計畫「バス停改造計画」によって作られたもの。アートデザインによってバス停をおもしろくデザインするコンテストの作品でもあります。

高雄市の新しいスポットとして注目されているアートなバス停は、文化センターの近くに数ヶ所あり、ここで写真を撮っている人も少なくありません。巨大な机は、特に台湾らしさあふれる雰囲気で、記念写真を撮るのにもおすすめです。

土曜日、日曜日限定!週末手作り市!

土曜日、日曜日限定!週末手作り市!

写真:湯山 千里

地図を見る

アートなバス停ばかりではありません。毎週土曜日、日曜日には(16:00〜21:30まで)、高雄の手作り市が行われているんです!この手作り市は主に「文化中心」の西側にずらっと並びますので、散歩しながら見てみてくださいね。

この手作り市は、高雄市に登録されたアーティスト達によって出店されています。水墨画などの絵画ももちろんありますが、中華風の手作り雑貨やアクセサリー、木の小物や置物、魔よけグッズなどなどお土産にもなりそうなものが見つかります。

漢方せっけんも!

漢方せっけんも!

写真:湯山 千里

地図を見る

中には漢方をブレンドしたせっけんもあります!「艾草(ヨモギ)」せっけんは、にきびや肌のトラブルに効果があるそう。写真の真っ黒なせっけん、つるどくだみの根「何首鳥」せっけんは、肌に栄養を与えたり、髪を黒くしたり抜け毛を防ぐ効果もあるそうなので、シャンプー代わりにもおすすめです。健康志向の方へのお土産としてもいいでしょう。漢方せっけんの他にも台湾らしい手作り商品がいろいろ見つかりますので、ゆっくりと一軒一軒お店を見ていってくださいね。

日曜限定朝市も!

日曜限定朝市も!

写真:湯山 千里

毎週日曜日限定なのですが、「文化中心」前の「五福國中(中学校)」では、8時から12時まで朝市が開かれています。中学校の一角を使って行われる朝市は台湾でも珍しいのですが、この限定朝市には全て有機栽培のものが集められているんです。出店しているお店の方は良心的な方が多いので、少しだけでも野菜、果物を買うことができます。

中には日本ではみられないような野菜、果物がたくさんそろっています。またその場で試食できるものも多く、頼めば切ってもらうこともできるので、お店の人と会話しながら、おいしくて安全な台湾の野菜、果物を是非味わってみてください!

おわりに

「文化中心」には広大な緑地がある為、朝早い時間には、太極拳をしている人などにも出会うことができます。文化センターの周りには、画廊や本屋さんなども集まっていますので、是非のぞいてみてくださいね。

おもしろいオブジェやバス停を探したり、手作りアートに触れたり…見所たくさんの「文化中心」へ出かけてみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ