入浴料は自分で決める!?奥飛騨の穴場日帰り温泉「平湯民俗館」

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

入浴料は自分で決める!?奥飛騨の穴場日帰り温泉「平湯民俗館」

入浴料は自分で決める!?奥飛騨の穴場日帰り温泉「平湯民俗館」

更新日:2015/02/25 10:42

小西 ひろ子のプロフィール写真 小西 ひろ子 編集・ライター

奥飛騨温泉郷とは岐阜県高山市にある温泉地で、平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の5つの温泉地の総称です。5つといっても温泉郷の端から端まで車で移動して30分もかからない狭い範囲にあるのですが、それぞれに泉質が異なります。だから1つの温泉にしか浸からないのはもったいない!日帰り利用OKの温泉施設と組み合わせて多彩な泉質を楽しんではいかがでしょうか。今回は、穴場的な公共の湯「平湯民俗館」をご紹介します。

資料館の中に露天風呂!?

資料館の中に露天風呂!?

写真:小西 ひろ子

地図を見る

「平湯民俗館」は、平湯温泉を訪れた人にもっと楽しんでもらいたいとの思いから、昭和50年代にオープンした資料館。旧上宝村などから移築してきた合掌造りの建物1階にはいろりの部屋、2階には民具や農具などが展示されています。

「え、資料館に温泉!?」と内心驚く方も多いことでしょう。
ここに素晴らしい温泉が待っているのです!

ちなみに、民俗館自体を利用するなら冬季以外がおすすめ。というのも、冬はとにかく寒いのです。それに冬季以外(4月20日頃〜11月下旬)であれば、こちらで食事も可能。寒干し大根カレーといった奥飛騨の食材を使ったメニューが楽しめます。

入浴料は自分で決めて、寸志箱へ

入浴料は自分で決めて、寸志箱へ

写真:小西 ひろ子

地図を見る

施設の入口付近には自由に利用できる足湯が。萱葺き屋根の建物が立ち並ぶ小道を通り抜けると奥に温泉施設が見えてきます。こちらが「平湯民俗館」の「平湯の湯」です。入口には受付などは特になく、寸志箱にお金を入れるシステムで、料金は特に決まっていません。つまりは、1000円でも、500円でも、100円でも、極端な話し10円でもいいのです。

ただ、300円くらいは清掃協力金として寸志箱に入れてあげるのがおすすめです。この施設をキレイに清掃されている方の存在を忘れてはいけませんからね。

浴場は男女別、キレイに清掃された脱衣所もあり!

浴場は男女別、キレイに清掃された脱衣所もあり!

写真:小西 ひろ子

地図を見る

浴場はきちんと男女別に分かれていて、キレイに清掃された脱衣所もあります。鍵付きのロッカーもあるので安心です。ただし、無人の公共の湯なので、タオルなどの貸し出しは一切ありません。そして、冬場は超寒いってことだけが難点です。でも、湯上がりは体がポッカポカになっているので、ご心配なく。

泉質バツグン!自然の中の露天風呂

泉質バツグン!自然の中の露天風呂

写真:小西 ひろ子

地図を見る

引き戸を開けると、自然に抱かれた露天風呂が現れます。垣根はあるものの開放感もバツグンです。普通の温泉施設と違うのは、体を洗うスペースがないこと。つまりは石鹸やシャンプーは使えません。まずは掛かり湯をしてから入りましょう。

お湯の温度は高めで、鉄褐色と緑色を足したような濁り湯。ほんのり鉄のにおいが感じられます。泉質は炭酸水素塩泉。さらりとやわらかなお湯で、浸かっていると肌がしっとりとしてきて気持ちいい!これで寸志だけでいいなんて、お得すぎます。

季節ごとに訪れたい!春夏秋冬で装い変わる露天風呂

「平湯民俗館」は、春夏秋冬で露天風呂からの景色が変わり、訪れる人の目を楽しませてくれます。泉質もいいし、しかも入浴料が安い! 意外と混雑していないのも高ポイントです。
つまり、ここは何度訪れても飽きない温泉施設なのです。

◆平湯民俗館 平湯の湯
TEL 0578-89-3338(ひらゆの森)
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯27
営業時間/6:00〜21:00、冬季8:00〜19:00
定休日/無休(4・9・12月はメンテナンス休みあり)
入浴料/寸志(清掃協力金として300円程度)

※情報は2015年2月現在のものです。営業時間や定休日などが変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえお出かけ下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/07/01−2015/01/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ