絶景の夕日!エクアドルの個性派ロッジ「フィンカ・プンタ・アヤンペ」

| エクアドル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景の夕日!エクアドルの個性派ロッジ「フィンカ・プンタ・アヤンペ」

絶景の夕日!エクアドルの個性派ロッジ「フィンカ・プンタ・アヤンペ」

更新日:2015/02/23 17:53

市川 芽久美のプロフィール写真 市川 芽久美 南米現地旅行会社 代表

エクアドルの海岸は赤道が通っているにも関わらず、寒流の影響で年間通じて過ごしやすい気候です。世界選手権も行われるほど、サーフィンのメッカでもあります。
エクアドルのビーチに滞在するなら、賑わうビーチの喧騒を離れた場所にあるロッジ『フィンカ・プンタ・アヤンペ(Finca Punta Ayampe)』がお勧めです。
今回は、夕日の絶景がも素敵な、サーフィンをこよなく愛するイタリア人のロッジをご紹介。

ゆったりとした時間が流れるビーチの景色

ゆったりとした時間が流れるビーチの景色

提供元:Finca Punta Ayampe

http://fincapuntaayampe.com地図を見る

エクアドルの港町、『グアヤキル(Guayaquil)』と『マンタ(Manta)』のちょうど真ん中に位置する『アヤンペ(Ayampe)』。どちらの街からも車で約3時間30分の場所にあります。
オーナーのアルド(Aldo Rocco Paz)は、もともとエクアドルの首都キトで、バーやレストランを経営していましたが、エクアドルの海岸に度々サーフィンに訪れる間に、アヤンペの静けさと景色のとりこになり、この地でロッジをオープンしたのです。

全てが手造りで温かみのあるロッジ

全てが手造りで温かみのあるロッジ

提供元:Finca Punta Ayampe

http://fincapuntaayampe.com地図を見る

ロッジは、レストランのあるメイン棟とロッジに分かれており、野外プールも備わっています。客室はメイン棟に3つ。ロッジ棟は現在も増やしていますが、現在4棟のロッジがあります。ロッジ1棟に、6人まで収容可能なので、ファミリーや友達グループにお勧めです。
ロッジ棟にはテレビがありませんが、電気や温水シャワーは完備されています。
夜は、是非メンイン棟のロビーでくつろいでください。オーナーの趣味で飾られた絵画や装飾、暖炉やソファーがありとても落ち着く場所です。

食事は地元で採れたオーガニック

食事は地元で採れたオーガニック

写真:市川 芽久美

地図を見る

何と言っても食事が美味しい!
ホテルの敷地内には小さな畑もあり、そこで作られた野菜を使っています。魚介やお肉も地元で採れた新鮮な素材ばかり。
夜は海水で冷えた体を温める暖炉の前で美味しい夕食を、朝は清々しい海の景色を眺めながら、新鮮なフルーツや卵を頂く事ができます。

自家製釜焼きピザが絶品

自家製釜焼きピザが絶品

写真:市川 芽久美

こちらのホテルの入り口に、『ピザが美味しいロッジ』と書かれているだけあって、ピザはこのロッジのお勧めメニューです。
カリカリに焼かれた薄い生地に、近くの海岸で採れた新鮮なシーフードと、ロッジで採れたトマトやバジルがトッピングされた、お酒に良くあう絶品ピザです。

思わずため息のでる夕暮れの絶景

思わずため息のでる夕暮れの絶景

提供元:Finca Punta Ayampe

http://fincapuntaayampe.com地図を見る

アヤンペのビーチ沿いに建つこのロッジからは、海から突き出た2つの向かい合わせの岩を望むことができます。その形からでしょうか、"イグアナと亀"と呼ばれるこの2つの岩、その間に沈む夕日の景色は、絶対に忘れられない旅の景色になることでしょう。

華やかさと静けさ、両方のビーチを味わう

アヤンペは、ラテンの雰囲気の賑やかなビーチ『モンタニータ(Montanita)』や、『プエルト・ロペス(Puerto López)』へも車で30分〜1時間の距離にあります。昼間はワイワイ賑やかなビーチへ、そして滞在は喧騒からはなれてゆったりとアヤンペにある『フィンカ・プンタ・アヤンペ(Finca Punta Ayampe)』へ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/14−2015/02/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -