動物にプールにショー!!―日中遊べるバリサファリ&マリンパーク

| インドネシア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

動物にプールにショー!!―日中遊べるバリサファリ&マリンパーク

動物にプールにショー!!―日中遊べるバリサファリ&マリンパーク

更新日:2015/03/02 14:51

かとう とものプロフィール写真 かとう とも スタンダップパドルインストラクター、子連れ旅ブロガー

1年中暖かく物価が安いバリ島は、日本との時差も1時間しかなく、家族旅行やグループ旅行にとてもお勧めの地です。そんなバリ島へ行ったら、どこに行こう?何をしよう?動物も見たい、水遊びもしたい、バリ舞踏もみたい、遊園地もいいな。行きたい事ややりたい事がいっぱいで、何日あっても足りない!1日で全部楽しめたらいいのにな。
そんなワガママな願いを叶えてくれるのが、『バリサファリ&マリンパーク』です。

サファリバスで動物達に大接近

サファリバスで動物達に大接近

写真:かとう とも

地図を見る

『バリサファリ』を訪れたら、必ず体験していただきたいのは、なんといってもサファリジャーニー。サファリバスに乗って、「インドネシア」「アフリカ」「インド」の3つのエリアに分かれたゾーンを進みます。車内ではガイドが英語とインドネシア語で丁寧に動物達の説明をしてくれます。

ライオン、トラ、カバ、サイ、キリンに象、シマウマに猿など人気の動物の他に、日本ではなかなかお目にかかれないラクダなどの動物も、至近距離で観る事ができます!

サファリバスに乗るお勧めの時間は、夕方かナイトサファリ。日中は暑くてぐったりしていてあまり動きのない動物達が、夕方からだんだん動き始め、ナイトサファリでは檻の形をしたバスの上に乗って真上で餌を食べることもあります!

動物達が生き生きと動き回る様子を是非間近でご覧ください。

見て触れて乗って楽しむ、アニマルショーとアニマルライド

見て触れて乗って楽しむ、アニマルショーとアニマルライド

写真:かとう とも

地図を見る

バリサファリには、「小動物ショー」「エレファントショー」「象の水浴び」「象のパレード」の4つのアニマルショーと、「エレファントライド」「キャメルライド」の2つのアニマルライドがあります。アニマルショーはそれぞれ開催時間が決まっているので、入園時に見たいショーの時間をチェックして、それに合わせて動くと1日が無駄無く過ごせます。

中でも特にお勧めなのは、エレファントショー。人間と象とが一緒になって1つのストーリーに沿って広大なショーを繰り広げます。日本の動物園でもエレファントショーをやっているところもありますが、全然スケールが違い、びっくりしますよ!!!

アニマルライドは、別途料金がかかるので、入園時にライドが含まれているパッケージなどを選ぶとお得です。

撮った写真は宝物。珍しい動物たちとのアニマルフォト

撮った写真は宝物。珍しい動物たちとのアニマルフォト

写真:かとう とも

地図を見る

園内には数カ所、動物と一緒に写真撮影ができる場所があります。オランウータンやトラ、オウムなど、通常触れ合う事ができない動物達の身体を触ったり、肩を組んだりした写真が撮れます。思ったより毛が柔らかかったり、温かかったり。実際に触れてみないと分からない発見があります!!

園内カメラマンが撮影した写真をプリントしてフォトフレームに入れてもらうのは別途料金がかかりますが、自分のカメラで撮影するのは無料でできます。動物達と一緒に撮影できる時間帯は決まっているので、入園時にあらかじめ時間をチェックしておくことをお勧めします。

絶対に見なきゃ損!!スペクタクルな「バリアグンショー」

絶対に見なきゃ損!!スペクタクルな「バリアグンショー」

提供元:bali theatre

http://www.balitheatre.com/en地図を見る

バリサファリの中にある、1200席を有する専用シアターで行われる『アグンショー』。このショーは、サファリパークの中だけで行われているのはもったいないぐらい完成度の高い、見応えと迫力がある素晴らしいショーです。

きらびやかな衣装に、民族楽器ガムランの生音。出演者による、大迫力のバリ舞踏。インドネシアの伝統的な影絵や動物達も登場し、バリの伝統文化や宗教観が濃縮されています。途中のナレーションは英語ですが、日本語のパンフレットももらえるので、英語がわからなくても十分に楽しむ事ができます。

ショーは月曜日以外の毎日、14:30〜15:30の1時間開演されています。バリの優雅な王朝時代へとトリップできる、アグンショー。一見の価値ありです!お見逃し無く!!!

子供達は大はしゃぎ!ウォーターパークとファンゾーン

子供達は大はしゃぎ!ウォーターパークとファンゾーン

写真:かとう とも

地図を見る

一通り園内を楽しんだら、最後はプールとミニ遊園地で帰る時間ギリギリまで遊びましょう!

ファンゾーンは、メリーゴーランドやジェットコースターなどがありますが、プランによっては別途料金がかかるので、プランを確認の上お楽しみください。ウォーターパークには小さな子供用スライダーから、長いスライダーまで色々あり、ここだけでも子供は1日楽しめちゃうぐらい規模が大きいです。

歩き疲れたお父さん&お母さんは、ビーチチェアでゆっくりドリンクなどを飲みながら、子供達が元気に遊ぶのを見守るのもいいですね。ウォーターパークで遊ぶ予定の方は、水着を荷物の中にいれておくのを忘れずに。

最後に

いかがでしたでしょうか。記事では紹介しきれませんでしたが、ピラニアの餌付けが観れる淡水水族館や、ライオンを間近で観ながら食事ができるユニークなレストランなど、他にも見所がいっぱいあります。

魅力たっぷりの「バリサファリ&マリンパーク」で、1日中、思う存分楽しんでください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/19−2015/02/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ