のんびりステイ派に!カッパドキアの隠れ家「ヘーゼンケーブホテル」

| トルコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

のんびりステイ派に!カッパドキアの隠れ家「ヘーゼンケーブホテル」

のんびりステイ派に!カッパドキアの隠れ家「ヘーゼンケーブホテル」

更新日:2015/02/25 12:08

S.Kのプロフィール写真 S.K 旅ブロガー

奇岩の風景で人気の観光地トルコのカッパドキアに、おもてなしが素晴らしい隠れ家ホテルがあります。
全10室のこじんまりした洞窟ホテル「ヘーゼンケーブホテル(Hezen Cave Hotel)」は、アクセス不便な場所にあるにも関わらず、ホテルの口コミランキングでは常に上位をキープする人気ぶり。
リピート率が高くファンが多いため、なかなか予約も取りづらいこのホテルの魅力をご紹介しましょう!

オルタヒサル村にある小さな洞窟ホテル

オルタヒサル村にある小さな洞窟ホテル

写真:S.K

地図を見る

トルコ屈指の観光スポットとして人気を集めるカッパドキアには、洞窟ホテルがたくさん存在しますが、その多くは カッパドキアの中心地であるギョレメやユルギュップといった繁華街にあります。

奇岩群や地下都市を巡ったり、熱気球に乗ったりと、様々なアクティビティがあるカッパドキアにおいては、アクセスしやすい繁華街のホテルは確かに便利。
でも、日常の喧騒から離れてのんびりホテルステイを楽しみたい方には、こちらのホテルはおすすめです。

オルタヒサル村の中腹にあり、ギョレメとユルギュップどちらの町に出るのも車で約10〜15分。はっきり言って、ホテルの周りには何もありません。
目の前にあるのは、広大な奇岩の大地のみ。
しかし、それが逆に隠れ家っぽくて、とても贅沢な気分を味わえるのです。

行き届いたおもてなし

行き届いたおもてなし

写真:S.K

地図を見る

全10室のこじんまりしたホテルで、客層は欧米人が多いようですが、口コミ等で知って予約を入れる個人客がほとんど。
ホテルで働く従業員は皆さんは、ゲストの名前をすぐに覚えてくれて、滞在中ずっと下の名前で呼び合うような、とてもアットホームな雰囲気です。

早朝の到着でも、チェックイン前に朝食を提供してくれたりすぐにお部屋を用意してくれるケースも。
ホテルオーナーの「ここが自分の家だと思って、自由にリラックスして過ごしてくださいね」という言葉どおり、自分たちの部屋以外にも、お城の一室のように可愛いレセプションエリア、サンテラス、無料のドリンクが用意されているキッチン、洗濯室など、全て好きな時に自由に利用することができます。

住み込みの従業員もいて、困ったことがあればサポートしてもらえるので、本当に自分の家にいるような感じでリラックスして過ごすことができると思います。

女子好みの可愛いお部屋

女子好みの可愛いお部屋

写真:S.K

地図を見る

お部屋によってレイアウトは異なりますが、広さも充分にある洞窟ホテルの室内は、色使いや小物がとても可愛く、岩壁のゴツゴツ感が温かみを感じさせてくれます。

建物の構造上、隣りの部屋とはだいぶ離れているので、他のゲストの話し声や物音などが聞こえることもありません。
アメニティもひととおり揃っていて、水の出もよく清潔。
洞窟ホテルとはいえ、ファシリティの面では普通のホテルと変わらず快適です。

自家製のおいしい朝食

自家製のおいしい朝食

写真:S.K

地図を見る

宿泊料金に含まれている朝食は、種類豊富なビュッフェ形式。
毎朝手作りするという焼きたてのパンやケーキをはじめ、絞りたてのジュースやフレッシュな果物などがずらっと並びます。
卵料理は、頼むと好みのスタイルで調理してもらえます。
天気の良い日は、テラス席でオルタヒサルの絶景を見ながらの朝食がとても気持ち良いです。

旅人が集まるサンテラス

旅人が集まるサンテラス

写真:S.K

地図を見る

じっくりと時間を過ごすのにオススメなのが、このサンテラス。
巨大な一枚岩の城塞、オルタヒサル城が目の前に見える素晴らしい眺望のテラスには、昼夜問わずホテルの従業員やゲストたちが自然と集まり、旅の話で盛り上がったりすることも。

夜になって肌寒くなると、ストーブを点けて、ひざ掛けや毛布も貸してくれます。
巨岩遺跡を見ながらチャイを飲んで、静かなトルコの夜を過ごす。最高の贅沢です。

おわりに

カッパドキアは、空路でアクセスする場合にはネヴシェヒル空港もしくはカイセリ空港が最寄りとなります。
ホテルでは、空港や繁華街への送迎、アクティビティやレストランの手配なども、お願いすればやってもらえるので、個人旅行には助かります。
繁華街へのアクセスは悪いですが、その分ゆっくりくつろげる、ホスピタビリティ抜群の洞窟ホテルには、心のデトックスを求めて訪れるリピーターが多いのかもしれません。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/10/12−2012/10/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ