ドライブにおすすめ!石垣島最北端「平久保崎灯台」どこまでも続くエメラルドグリーン

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ドライブにおすすめ!石垣島最北端「平久保崎灯台」どこまでも続くエメラルドグリーン

ドライブにおすすめ!石垣島最北端「平久保崎灯台」どこまでも続くエメラルドグリーン

更新日:2015/02/28 10:47

石垣島といえば、エメラルドグリーンの海、手つかずの大自然が残っている島です。その中でも、おすすめしたいのは、最北端の平久保崎灯台です。灯台に向う途中、牧草の緑、空の青、そしてどこまでも続く紺碧の海。まるでスカイラインをドライブしている気分でお楽しみ頂けます。

平久保崎灯台は水平線が丸く見えるほど、眺望が開けています。ドライブしながら、陸海空、石垣島の良い所をセットでお楽しめること間違いなしです。

水平線が丸く見える場所!見渡す限りブルーの海が広がる平久保崎灯台

水平線が丸く見える場所!見渡す限りブルーの海が広がる平久保崎灯台
地図を見る

石垣島の最北端に位置する平久保崎灯台は、駐車場を降りると、目の前すぐに海が見え始めます。そして歩くこと100m程度。平久保崎灯台とどこまでも続く青すぎる海が広がります。

八重山諸島には灯台はいくつかありますが、水平線が丸く見えるほど、眺望がよい場所は、やはり平久保崎灯台ではないでしょうか?

そしてまわりを見ると牧草の緑が広がっています。牛が歩くその風景は、とてものどかで、身も心もリフレッシュされること間違いなしです。

ポツンと浮かぶ小島、大地離(フージバナリ)に思いを馳せる

ポツンと浮かぶ小島、大地離(フージバナリ)に思いを馳せる
地図を見る

灯台から400m先に浮かぶポツンした無人島。西表石垣国立公園に編入され、海鳥の繁殖地となっています。

今となってはベニアジサシ、エリグロアジサなどの海鳥の繁殖地となっていますが、その昔、18世紀初期に編さんされた『八重山島諸記帳』には、平久保大鳥と名付けられた鳥が飛来したと記されています。
その正体は、今となってはわかりませんが、一説によると、絶滅の危機に瀕した幻の鳥と言われるアホウドリではないかといわれています。

市街地からは、レンタカーで90分程度。駐車場の前に海が見えます

市街地からは、レンタカーで90分程度。駐車場の前に海が見えます
地図を見る

最北端というからには、どれくらい時間がかかるのでしょうか?車の運転に自信のない方には、不安があるかもしれません。石垣島一周で約120kmです。島の中心といわれる市街地からは、90分程度で到着します。

市街地を抜けると信号機はほとんどなく、平均40kmで走る車が多いです。ペーパードライバーの方でも安心して、向かうことができます。

また道中は、ゆっくり運転を心掛けてください。自然の残る石垣島は、セマルハコガメやカンムリワシなど希少動物が道路を歩いていることもあります。

無料駐車場、公衆トイレ、自動販売機もあります。

無料駐車場、公衆トイレ、自動販売機もあります。
地図を見る

さすがに最北端までいくと、道中、お店がほとんどありません。でも大丈夫です。平久保崎灯台には、トイレ、自動販売機があります。駐車場も無料です。

夏、連休などの繁忙期は、駐車場が満車となる場合が多く、待つことがあります。なるべく早めにドライブに出発、混んでくる前にささっと訪問するのが、一番ベストなスケジューリングです。

また台風など、天候が悪い時の訪問は避けましょう!最北端ということもあり、北風が強い時の平久保崎灯台は、とても強風が吹き荒れることもあります。

八重山諸島にある灯台の中でも個性がきらりと光る平久保崎灯台

数ある灯台の中でも最北端、平久保崎灯台は、紺碧の青が際立つ海を楽しめる観光スポットの一つです。また水平線が丸く見えるほどの眺望がとても魅力の景勝地です。

石垣島一周ドライブの折り返し地点として、旅行プランを立てる方も多いスポットです。島の中心、市街地から車で約90分程度です。石垣島一周のドライブコースに組み合わせて、訪問するのが、ベストなスケジューリングです。

市街地を抜けると、途中、お買いものをできる場所がほとんどありません。ジュース、日焼け止めなど、ドライブに必要な買い出しは、市街地で済ませてから出発してください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ